日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

カルシトラン注10基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:カルシトニン(サケ)注射液

製薬会社:あすか製薬

薬価・規格: 395円(10国際単位1mL1管) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 骨粗鬆症の疼痛

注意すべき副作用詳しく見る

顔面潮紅ショック喘息発作眩暈耳鳴

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • カルシトニン(サケ)として1回10国際単位を週2回筋肉内に注射する
    • なお、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

顔面潮紅

重大な副作用

眩暈ショック喘息発作耳鳴

上記以外の副作用

GPT上昇悪心嘔吐過敏症下痢口渇硬結口内異常嗄声食欲不振ショック症状低カルシウム血症性テタニー頭痛全身倦怠感喘鳴そう痒感低リン血症動悸ALT上昇疼痛熱感発汗発疹発熱頻尿不快感便意胸やけ手のしびれ感顔面のむくみ感耳介潮紅上半身潮紅がん

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 過敏症状
    • 気管支喘息
    • 蕁麻疹
    • 発疹

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
ビスホスホン酸塩系骨吸収抑制剤 血清カルシウムが急速に低下
パミドロン酸二ナトリウム 血清カルシウムが急速に低下

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    骨粗鬆症における疼痛。

    用法・用量(添付文書全文)

    カルシトニン(サケ)として1回10国際単位を週2回筋肉内に注射する。なお、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認時及び市販後の使用成績調査における調査症例7,264例中129例(1.78%)の副作用(臨床検査値異常を含む)が報告された。その主なものはBUN上昇(0.19%)、顔面潮紅(0.17%)、嘔気(0.14%)、ALT(GPT)上昇(0.10%)等であった(再審査終了時)。
    1.重大な副作用
    ショック(頻度不明):ショック症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い、不快感、口内異常、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴等が現れた場合には投与を中止する。
    2.重大な副作用(類薬)(頻度不明)
    1).テタニー:類薬(エルカトニン)で、低カルシウム血症性テタニーを誘発したとの報告があるので、症状が現れた場合には投与を中止し、注射用カルシウム剤の投与等適切な処置を行う。
    2).喘息発作:類薬(エルカトニン)で、喘息発作を誘発したとの報告があるので、観察を十分に行い、症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    3.その他の副作用
    1).過敏症:(0.1%未満)発疹、そう痒感等[発現した場合には投与を中止するなど適切な処置を行う]。
    2).循環器:(0.1〜5%未満)顔面潮紅、(0.1%未満)耳介潮紅、熱感、動悸等、(頻度不明)上半身潮紅等。
    3).消化器:(0.1%未満)悪心、嘔吐、下痢、食欲不振、胸やけ、口渇等。
    4).精神神経系:(0.1%未満)頭痛、眩暈等、(頻度不明)耳鳴。
    5).肝臓:(0.1〜5%未満)ALT上昇(GPT上昇)、(0.1%未満)AST上昇(GOT上昇)、Al−P上昇等。
    6).電解質代謝:(頻度不明)低リン血症。
    7).投与部位:(0.1%未満)疼痛、(頻度不明)硬結。
    8).その他:(0.1%未満)発熱、発汗、手のしびれ感、嗄声、全身倦怠感、(頻度不明)頻尿、顔面のむくみ感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.発疹、蕁麻疹等の過敏症状を起こしやすい体質の患者。
    2.気管支喘息又はその既往歴のある患者[喘息発作を誘発する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤はポリペプチド製剤であり、ショックを起こすことがあるので、アレルギー既往歴、薬物過敏症等について十分な問診をする(なお、事前に皮内反応を実施することが望ましい)。
    2.本剤の投与は、6カ月間を目安とし、長期にわたり漫然と投与しない。
    (相互作用)
    併用注意:ビスホスホン酸塩系骨吸収抑制剤(パミドロン酸二ナトリウム水和物等)[血清カルシウムが急速に低下する恐れがあるので、臨床症状を伴う高度の低カルシウム血症が現れた場合には、投与を中止しカルシウム剤の点滴投与等適切な処置を行う(併用により、カルシウム低下作用が増強される)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊婦、産婦、授乳婦等への投与に関する安全性は確立していない、また、動物実験(ラット)で、妊娠中及び授乳中の母体に投与した結果、乳汁分泌量の減少による新生仔体重増加抑制が、妊娠末期の母体においては急速な血清カルシウム低下に伴うテタニー様症状の発現が認められたとの報告がある]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
    (適用上の注意)
    1.筋肉内注射時:筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため、次記の点に注意する。
    1).同一部位への反復注射は行わない。特に小児には注意する。
    2).神経走行部位を避ける。
    3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり血液の逆流をみた場合は直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
    2.その他:本品はワンポイントカットアンプルであるが、アンプルのカット部分をエタノール綿等で清拭してからカットすることが望ましい。
    (その他の注意)
    1.経口剤及び点鼻剤を用いた海外臨床試験(投与期間:6カ月〜5年)のメタアナリシスにおいて、がんの発生割合はカルシトニン(サケ)群では4.2%(254/6,105例)、プラセボ群では2.9%(135/4,687例)(リスク差1.0%[95%信頼区間0.3、1.7])であったとの報告がある。
    2.ラットに1年間大量皮下投与した慢性毒性試験において、下垂体腫瘍の発生頻度の増加がみられたとの報告がある。
    (保管上の注意)
    10℃以下。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:60
    2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:119
    3. 80歳代女性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
    4. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
    5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
    6. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:3
    7. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:80
    8. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
    9. 集約化を進めれば地域の産科医療は崩壊する シリーズ◎産科診療所での無痛分娩は是か非か FBシェア数:57
    10. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:179