日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

イプリフラボン錠200mg「テバ」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:イプリフラボン200mg錠

製薬会社:武田テバ薬品

薬価・規格: 9.5円(200mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 骨粗鬆症の骨量減少の改善

注意すべき副作用詳しく見る

消化性潰瘍胃腸出血

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回イプリフラボンとして200mgを1日3回食後経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

消化性潰瘍

重大な副作用

胃腸出血

上記以外の副作用

悪心胃痛胃部不快感黄疸嘔吐過敏症顆粒球減少クレアチニン上昇下痢眩暈倦怠感口渇口内炎舌のしびれ食欲不振女性化乳房頭痛舌炎そう痒発疹貧血腹痛腹部膨満感浮腫ふらつき便秘味覚異常胸やけ口唇のしびれ胃腸出血悪化消化性潰瘍悪化

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 消化性潰瘍

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 授乳婦
    • 高齢者
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
ワルファリン 作用が増強
クマリン系抗凝血剤 作用が増強
卵胞ホルモン エストロゲン作用が増加
テオフィリン 血中濃度が上昇

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    骨粗鬆症における骨量減少の改善。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回イプリフラボンとして200mgを1日3回食後経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    1).消化性潰瘍を発現又は消化性潰瘍悪化、胃腸出血を発現又は胃腸出血悪化等させることがあるので、このような症状がみられた場合には本剤の投与を中止し、適切な処置を行う(また、消化性潰瘍又はその既往歴のある患者には慎重に投与する)。
    2).黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).過敏症:発疹、そう痒[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
    2).消化器:悪心・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、胸やけ、胃痛、腹痛、腹部膨満感、下痢、便秘、口内炎、口渇、舌炎、味覚異常。
    3).精神神経系:眩暈、ふらつき、頭痛。
    4).血液:貧血、顆粒球減少。
    5).肝臓:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇、LDH上昇、γ−GTP上昇。
    6).腎臓:BUN上昇、クレアチニン上昇。
    7).その他:倦怠感、浮腫、*女性化乳房[*:このような症状が現れた場合には投与を中止する]、舌のしびれ・口唇のしびれ。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    消化性潰瘍又はその既往歴のある患者[消化性潰瘍、胃腸出血等が発現又は悪化する可能性がある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤は骨粗鬆症における骨量減少の改善剤であり、その適用にあたっては、厚生省「老人性骨粗鬆症の予防及び治療法に関する総合的研究班」の診断基準(骨量減少の有無、骨折の有無、腰背痛の有無などの総合による)等を参考に、骨粗鬆症との診断が確立した患者を対象とする。なお、必要に応じ腰背痛に対する適切な治療を併用する。
    2.本剤は高齢者に長期にわたって投与されることが多い薬剤であるので、投与中は患者の状態を十分観察し、消化器症状等の副作用が現れた場合には適切な処置を行う。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.エストロゲン製剤[卵巣摘出動物にエストロンと本剤を併用投与した場合、エストロンのエストロゲン作用が増加するとの報告がある]。
    2.テオフィリン[テオフィリンの血中濃度が上昇するとの報告があるので、テオフィリンを減量するなど慎重に投与する(本剤がテオフィリンの代謝を阻害することが考えられている)]。
    3.クマリン系抗凝血剤(ワルファリン等)[クマリン系抗凝血剤の作用が増強するとの報告があるので、クマリン系抗凝血剤を減量するなど慎重に投与する(本剤によりクマリン系抗凝血剤が血漿蛋白から遊離することが考えられている)]。
    (高齢者への投与)
    高齢者には慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.授乳中の婦人には慎重に投与する[動物試験(ラット)で母乳中へ移行することが報告されている]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。
    (保管上の注意)
    開封後も遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. あまりフレンドリーな医療者にならないようにしてい… 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:207
    2. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
    3. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:110
    5. 「あれもイヤ、これもイヤ」にどう対応? うさコメント! FBシェア数:27
    6. ARB利尿薬配合剤と併用しない方がよい薬 医師のための薬の時間 FBシェア数:4
    7. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
    8. 凝固因子2つに結合する抗体が血友病治療に革命 奈良県立医科大学小児科学教室教授の嶋緑倫氏に聞く FBシェア数:23
    9. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:216
    10. 美人尼の介護を受けた晩年の良寛 病と歴史への招待 FBシェア数:15
    医師と医学研究者におすすめの英文校正