日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:ブロメライン軟膏

製薬会社:ジェイドルフ製薬

薬価・規格: 23円(50,000単位1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

褥瘡・皮膚潰瘍治療薬詳しく見る

  • 褥瘡(床ずれ)などの皮膚潰瘍に用い、薬剤によって感染制御、壊死組織の除去、創面の修復、血管新生など作用は様々であり、創面(傷口)の状態に合わせて薬剤を使い分ける
褥瘡・皮膚潰瘍治療薬の代表的な商品名
  • ユーパスタ カデックス ヨードコート
  • ゲーベン
  • ブロメライン
  • プロスタンディン
  • フィブラスト

効能・効果詳しく見る

  • 化膿創の壊死組織の除去
  • 化膿創の壊死組織の清浄化
  • 化膿創の治癒促進
  • 化膿創の壊死組織の分解
  • 挫傷の治癒促進
  • 挫傷の壊死組織の除去
  • 挫傷の壊死組織の清浄化
  • 挫傷の壊死組織の分解
  • 褥瘡の治癒促進
  • 褥瘡の壊死組織の分解
  • 褥瘡の壊死組織の除去
  • 褥瘡の壊死組織の清浄化
  • 切開傷の壊死組織の清浄化
  • 切断傷の壊死組織の分解
  • 切開傷の治癒促進
  • 切断傷の治癒促進
  • 切開傷の壊死組織の分解
  • 切開傷の壊死組織の除去
  • 創傷面の壊死組織の清浄化
  • 切断傷の壊死組織の除去
  • 切断傷の壊死組織の清浄化
  • 創傷面の壊死組織の分解
  • 創傷面の壊死組織の除去
  • 創傷面の治癒促進
  • 熱傷の壊死組織の除去
  • 熱傷の治癒促進
  • 熱傷の壊死組織の清浄化
  • 熱傷の壊死組織の分解
  • 表在性各種潰瘍の壊死組織の分解
  • 表在性各種潰瘍の壊死組織の清浄化
  • 表在性各種潰瘍の治癒促進
  • 表在性各種潰瘍の壊死組織の除去

注意すべき副作用詳しく見る

出血疼痛エロジオンアナフィラキシーショック刺激感水疱紅斑

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • ガーゼ、リントなどに適量の軟膏をのばし、潰瘍辺縁になるべく触れないようにして塗布
  • 1日1回交換する
  • 創傷面が清浄化し、新生肉芽組織の再生が認められた場合は使用を中止する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

出血疼痛エロジオン

重大な副作用

アナフィラキシーショック紅斑刺激感出血水疱そう痒感疼痛発赤皮膚炎浮腫

上記以外の副作用

血圧低下呼吸困難刺激全身紅潮不快感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    熱傷・褥瘡・表在性各種潰瘍・挫傷・切開傷・切断傷・化膿創などの創傷面の壊死組織の分解・壊死組織の除去・壊死組織の清浄化及びそれに伴う治癒促進。

    用法・用量(添付文書全文)

    ガーゼ、リントなどに適量の軟膏をのばし、潰瘍辺縁になるべく触れないようにして塗布。1日1回交換する。
    創傷面が清浄化し、新生肉芽組織の再生が認められた場合は使用を中止する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総投与症例203例中、72例(35.47%)に副作用が認められ、主なものは出血52件(25.62%)、疼痛33件(16.26%)、創縁のエロジオン4件(1.97%)等であった(承認時)。
    1.重大な副作用
    アナフィラキシーショック(頻度不明):アナフィラキシーショック(不快感、血圧低下、呼吸困難、全身紅潮等)を起こすことがあるので、観察を十分に行い、症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用
    投与部位:(5%以上)出血、疼痛、(0.1〜5%未満)創縁のエロジオン、発赤、浮腫、紅斑・水疱、刺激感、そう痒感、皮膚炎。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤又は本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    粘膜面[蛋白分解作用に基づく刺激作用のため]。
    (重要な基本的注意)
    有効成分ブロメラインは蛋白分解酵素であり、蛋白分解という主作用に基づいて、局所の疼痛、出血をみることがあるから、壊死組織が除去された後は使用を中止して、他の処置にかえる。
    (適用上の注意)
    1.投与方法:潰瘍面よりやや小さめのガーゼ、リントなどにうすくのばして用い、潰瘍辺縁に触れないように注意する。
    2.投与部位:眼科用に使用しない。
    (保管上の注意)
    直射日光を避けて保存(未使用時はキャップをする)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
    2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
    3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
    5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
    7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
    8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
    9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
    10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3