日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ラノビ静注25mg基本情報

後発品(加算対象)

一般名:カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物注射液

製薬会社:コーアイセイ

薬価・規格: 56円(0.5%5mL1管) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 眼底出血
  • 出血傾向
  • 子宮出血
  • 腎出血
  • 内膜出血
  • 粘膜出血
  • 皮膚出血
  • 手術中・術後の異常出血
  • 紫斑病

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物として、1日25〜100mgを静脈内注射又は点滴静注する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

副作用

アナフィラキシー過敏症ショック発疹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.毛細血管抵抗性減弱及び毛細血管透過性亢進によると考えられる出血傾向(例えば紫斑病など)。
    2.毛細血管抵抗性減弱による皮膚出血あるいは粘膜出血及び内膜出血、眼底出血・腎出血・子宮出血。
    3.毛細血管抵抗性減弱による手術中・術後の異常出血。

    用法・用量(添付文書全文)

    カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物として、1日25〜100mgを静脈内注射又は点滴静注する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用
    ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明)を起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    過敏症:(頻度不明)発疹等。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    本剤の代謝物により、尿ウロビリノーゲン試験が陽性になることがある。また、だいだい黄色がかった着色尿が現れることがある。
    (適用上の注意)
    アンプルカット時:本剤はアンプルカット時のガラス片混入の少ないクリーンカットアンプルを使用しているが、更に安全に使用するため、エタノール消毒綿等で清拭しカットする。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験[遮光保存、2年]の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、ラノビ静注25mg、50mg、100mgは遮光保存において2年間安定であることが確認されている。
    (保管上の注意)
    遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
    2. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:246
    3. 46歳男性。皮下硬結を伴う褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    4. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:14
    5. 「透析中の精神疾患は見捨てる」で良いのですか その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:27
    6. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:81
    7. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:16
    8. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:155
    9. 入局せずPhDも取らなかった12年目消化器外科医… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:125
    10. IBSの病態自覚を促すアプリを作りました 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:79
    医師と医学研究者におすすめの英文校正