日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 眼底出血
  • 子宮出血
  • 出血傾向
  • 腎出血
  • 内膜出血
  • 皮膚出血
  • 粘膜出血
  • 手術中・術後の異常出血
  • 紫斑病

注意すべき副作用詳しく見る

胃部不快感食欲不振

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物として、1日30〜90mgを3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

胃部不快感食欲不振

上記以外の副作用

悪心嘔吐過敏症そう痒発疹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.毛細血管抵抗性減弱及び毛細血管透過性亢進によると考えられる出血傾向(例えば紫斑病等)。
    2.毛細血管抵抗性減弱による皮膚出血あるいは粘膜出血及び内膜出血、眼底出血・腎出血・子宮出血。
    3.毛細血管抵抗性減弱による手術中・術後の異常出血。

    用法・用量(添付文書全文)

    カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物として、1日30〜90mgを3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献、自発報告等を参考に集計した。
    総症例1,521例中、副作用が報告されたものは19例(1.25%)で、主な副作用は食欲不振・胃部不快感5例(0.33%)等であった(再評価結果)。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1.消化器:(0.1〜5%未満)食欲不振、胃部不快感、(0.1%未満)悪心、嘔吐。
    2.過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    本剤の代謝物により、尿ウロビリノーゲン試験が陽性になることがある。また、だいだい黄色がかった着色尿が現れることがある。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
    2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
    3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
    4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
    5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
    6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
    7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
    8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
    9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
    10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55