日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ソリタ−T2号輸液基本情報

一般名:脱水補給液

製薬会社:エイワイファーマ

薬価・規格: 166円(500mL1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

低張電解質輸液詳しく見る

  • 水と電解質(イオン)を主な主成分し、体液より電解質濃度が低く細胞内液を含む体全体に水分を補給できる輸液製剤。水分や電解質を含む輸液剤を点滴により補給することで体液のバランスを整え病態の治療効果を高められる輸液剤
低張電解質輸液の代表的な商品名
  • ソリタ−T輸液 YDソリタ−T輸液
  • ソルデム
  • KN1〜4号輸液 KNMG3号輸液
  • フィジオ35輸液 フィジオ70輸液
  • トリフリード

効能・効果詳しく見る

  • 手術前後の水分・電解質の補給・補正
  • 脱水症の水分・電解質の補給・補正

注意すべき副作用詳しく見る

高カリウム血症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回500〜1000mLを点滴静注する
  • 投与速度は1時間あたり300〜500mL、小児の場合、1時間あたり50〜100mLとする
    • なお、年齢、症状、体重により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • アジソン病
    • 高カリウム血症
    • 高窒素血症
    • 高リン血症
    • 重症熱傷
    • 低カルシウム血症
    • 乳酸血症
    • 副甲状腺機能低下症
    • 乏尿

副作用

重大な副作用

高カリウム血症

上記以外の副作用

脳浮腫肺水腫末梢浮腫

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • アジソン病
    • 高カリウム血症
    • 高窒素血症
    • 高リン血症
    • 重症熱傷
    • 低カルシウム血症
    • 乳酸血症
    • 副甲状腺機能低下症
    • 乏尿
  • 慎重投与
    • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少
    • 高カリウム血症を伴わない腎不全
    • 重篤な肝障害
    • 心不全
    • 糖尿病

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    脱水症及び手術前後の水分・電解質の補給・補正。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回500〜1000mLを点滴静注する。投与速度は1時間あたり300〜500mL、小児の場合、1時間あたり50〜100mLとする。なお、年齢、症状、体重により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.大量・急速投与:(頻度不明)脳浮腫、肺水腫、末梢浮腫、高カリウム血症。
    2.急速投与:(頻度不明)高カリウム血症[1歳未満の小児に急速(100mL/時間以上)投与した場合現れることがある]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.乳酸血症の患者[乳酸血症を増悪する恐れがある]。
    2.高カリウム血症、乏尿、アジソン病、重症熱傷、高窒素血症の患者[高カリウム血症を増悪する、又は起こす恐れがある]。
    3.高リン血症、低カルシウム血症、副甲状腺機能低下症の患者[高リン血症、低カルシウム血症を増悪する、又は起こす恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.高カリウム血症を伴わない腎不全のある患者[水・電解質異常を起こす、又は増悪する恐れがある]。
    2.心不全のある患者[水及びナトリウムの負荷により心不全が増悪する恐れがある]。
    3.重篤な肝障害のある患者[水・電解質異常、血中乳酸値の上昇を起こす、又は増悪する恐れがある]。
    4.閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者[水・電解質異常を起こす、又は増悪する恐れがある]。
    5.糖尿病の患者[血糖値の上昇、水・電解質異常を起こす、又は増悪する恐れがある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では、生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。
    (適用上の注意)
    1.調製時:カルシウムイオンと沈殿を生じるので、カルシウムを含む製剤と配合しない。
    2.投与時:本剤を投与する場合は患者の尿量が1日500mL又は1時間あたり20mL以上あることが望ましい。
    (取扱い上の注意)
    1.容器表面に水滴や結晶が付着している場合には使用しない。
    2.通気針は不要である(混注する薬剤量等により通気針が必要となる場合がある)。
    3.薬液量が少なくなると排液速度が遅くなるので、滴下速度に注意する。
    4.容器の目盛りは目安として使用する。
    5.混注する場合、注射針の刺針はゴム栓の周囲にある刺針部(凹部)を使用し、まっすぐ刺し入れ、また、同一箇所を繰り返し刺さない。
    6.輸液セットの瓶針はゴム栓の中央部の刺針部(凹部)にまっすぐ刺し入れる。
    7.連結管による混合投与の場合はY字管連結にして使用する(U字管連結はしない)。
    8.使用期限内であっても、開封後はなるべく速やかに使用する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
    2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
    3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
    4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
    5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
    6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
    7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
    8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
    9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
    10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55