日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

乳酸Na補正液1mEq/mL基本情報

一般名:乳酸ナトリウム注射液

製薬会社:大塚製薬工場

薬価・規格: 57円(1モル20mL1管) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 電解質補液の電解質補正
  • 代謝性アシドーシス

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.電解質補液の電解質補正:電解質補液に適宜必要量を添加して点滴静注する
  • 2.代謝性アシドーシス:1日80〜300mLを少なくとも等量以上に希釈して点滴静注する
  • 希釈後の投与速度は希釈濃度に応じて1分間30〜60滴とし、1時間に100mEqを超えない量とする
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 高乳酸血症

副作用

副作用

悪心アルカローシス嘔吐下痢テタニー様症状脳浮腫肺水腫末梢浮腫

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 高乳酸血症
  • 慎重投与
    • 肝障害
    • 重症高血圧症
    • ショック時
    • 腎障害
    • 低カリウム血症
    • 晩期妊娠中毒症
    • うっ血性心不全

患者の属性に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 幼児・乳児
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
    • 小児(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
アセタゾラミド 本剤のアルカリ化作用を減弱
スピロノラクトン 本剤のアルカリ化作用を減弱
利尿剤 代謝性アルカローシス・低カリウム血症を増強
チアジド系薬剤 代謝性アルカローシス・低カリウム血症を増強
エタクリン酸 代謝性アルカローシス・低カリウム血症を増強
フロセミド 代謝性アルカローシス・低カリウム血症を増強
ピラゾロン系化合物 尿中排泄を増加
バルビツール酸誘導体 尿中排泄を増加
サリチル酸製剤 尿中排泄を増加
サルファ剤 尿中排泄を増加

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    電解質補液の電解質補正、代謝性アシドーシス。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.電解質補液の電解質補正:電解質補液に適宜必要量を添加して点滴静注する。
    2.代謝性アシドーシス:1日80〜300mLを少なくとも等量以上に希釈して点滴静注する。希釈後の投与速度は希釈濃度に応じて1分間30〜60滴とし、1時間に100mEqを超えない量とする。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    小児に対しては、1日に体重1kgあたり7mM(7mL)を限度とする。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    大量投与:脳浮腫、肺水腫、末梢浮腫、アルカローシスによるテタニー様症状、悪心・嘔吐、下痢等が現れることがある(第一次再評価結果その13、1977年)。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    高乳酸血症の患者[症状が悪化する恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.腎障害のある患者[ナトリウム塩の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。
    2.肝障害のある患者[水分、電解質代謝異常が悪化する恐れがある]。
    3.うっ血性心不全のある患者、重症高血圧症の患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。
    4.ショック時の患者[高乳酸血症を呈していることが多い]。
    5.低カリウム血症の患者[症状が悪化する恐れがある]。
    6.晩期妊娠中毒症の患者[ナトリウム塩を負荷することになるので、浮腫等の症状が悪化する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.電解質平衡及び酸・塩基平衡の是正は徐々に行う。
    2.過量投与にならないよう血漿重炭酸濃度、血液pHを測定するなど管理を十分に行いつつ投与する。
    3.過量投与によりカリウム不足を来さないように注意する。
    4.本剤は浸透圧が高いため、そのまま注射しない(必ず希釈して使用する)。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.アセタゾラミド、スピロノラクトン[本剤のアルカリ化作用を減弱することがあるので、副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う]。
    2.利尿剤(チアジド系利尿剤、エタクリン酸、フロセミド等)[代謝性アルカローシス・低カリウム血症を増強することがあるので、副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う]。
    3.バルビツール酸誘導体、ピラゾロン誘導体、サリチル酸誘導体、サルファ剤[これら医薬品の尿中排泄を増加することがあるので、副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意する。
    (適用上の注意)
    1.調製方法:本剤は使用に際して、よく混合されるよう注意する。
    2.投与前:
    1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
    2).開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
    (取扱い上の注意)
    包装内に水滴が認められるものや内容液が着色又は混濁しているものは使用しない。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:50
    2. ジェット機で患者搬送!メディカルウイング始動 トレンド◎揺れない機内で安全に、速く、遠くまで FBシェア数:96
    3. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:68
    4. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:208
    5. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
    6. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:310
    7. トライアスロン中の死亡と心停止例を分析 Ann Intern Med誌から FBシェア数:102
    8. 敗血症の新基準「qSOFA」を知っていますか 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
    9. 敗血症の早期拾い上げにqSOFAを使いこなせ! 特集◎あなたが救う敗血症《プロローグ》 FBシェア数:244
    10. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:266