日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

生食注キット「フソー」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:生理食塩液キット

製薬会社:扶桑薬品

薬価・規格: 158円(50mL1キット) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

等張電解質輸液詳しく見る

  • 水・電解質(イオン)を主な成分とし、電解質の浸透圧が体液とほぼ同じであるため細胞外へ分布し、細胞外液(組織間液、血漿)の量を増やすことができる輸液剤
等張電解質輸液の代表的な商品名
  • 大塚生食注 テルモ生食 など
  • ラクテック注 ソルラクト輸液 ハルトマン輸液 など
  • ヴィーン輸液 ソルアセト輸液 など
  • ビカネイト輸液 ビカーボン輸液

効能・効果詳しく見る

  • 注射剤の溶解希釈剤

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 注射用医薬品の溶解、希釈に用いる

副作用

副作用

アシドーシス血清電解質異常浮腫うっ血性心不全

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 循環器系機能障害
    • 腎障害
    • 心臓機能障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    注射剤の溶解希釈剤。

    用法・用量(添付文書全文)

    注射用医薬品の溶解、希釈に用いる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    大量・急速投与:(頻度不明)大量を急速投与すると、血清電解質異常、うっ血性心不全、浮腫、アシドーシス。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.心臓機能障害、循環器系機能障害のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。
    2.腎障害のある患者[水分、塩化ナトリウムの過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意する。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:静脈内に投与する。
    2.調製時:本剤を用いて溶解・希釈する注射剤(静脈内投与用)は、溶解・希釈剤として50mL又は100mLの生理食塩液が適切である。
    3.投与前:
    1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
    2).体温程度に温めて使用する。
    3).開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
    4.投与時:溶解・希釈した注射剤の用法・用量及び使用上の注意に留意して投与する。
    (取扱い上の注意)
    注意:
    1.薬剤瓶を注入針に刺し込む際は、支持筒を斜めに傾けて薬剤瓶のゴム栓中央部にまっすぐ刺す(支持筒を正立にして薬剤瓶を接続すると、薬剤が注入針の針穴を通じこぼれることがあり、また、薬剤瓶のゴム栓周辺部又は斜めに刺すとゴム栓が薬剤瓶内に脱落することがある)。
    2.調製にあたっては、支持筒等の固く安定する部分を持って行い、容器胴部を持ったり押さえたりしない。
    3.本剤は単回調製を原則とするが、複数の注射剤を連続調製する場合は、汚染やゴム栓の脱落等に対し十分注意して行う。
    4.アンプル入り注射剤や、支持筒に適合しないバイアル入り注射剤を混注する場合は、注射器を用いて本体下部のゴム栓部より注入する。
    5.内容液の漏出又は混濁などが認められた場合は使用しない。
    6.支持筒上部のシールやオーバーシール(ゴム栓部の汚染防止のためのシール)が万一はがれているときは使用しない。
    7.ゴム栓への針刺は、ゴム栓面に垂直に、ゆっくりと行う(斜めに刺すと、ゴム片(コア)が薬液中に混入したり、ポート部を傷つけて液漏れを起こす恐れがある)。
    8.廃棄操作等については、薬剤溶解操作方法、廃棄操作方法を参照。
    (薬剤溶解操作方法)
    1.支持筒上部のシールをはがす。
    2.支持筒を斜めに傾けて持ち、薬剤瓶のゴム栓中央部に注入針をあててまっすぐに刺し込む。支持筒を正立にして薬剤瓶を接続すると、薬剤が注入針の針穴を通じこぼれることがある。また、薬剤瓶のゴム栓周辺部又は斜めに刺すとゴム栓が薬剤瓶内に脱落することがあるので注意する。
    3.薬剤瓶を更に押し込み、注入針が完全に奥まで刺し込まれていることを確認する。
    4.容器側を上にし、薬剤瓶に溶解液を適量注入して振り混ぜ、薬剤を完全に溶解する。
    5.再び容器側を下にし、薬剤瓶内の溶解液を容器内に戻す。戻りにくい場合はポンピング(容器の胴部を指先で繰り返し加圧する動作)を行う。薬剤が完全に溶けず薬剤瓶内に残った場合は、4〜5の操作を繰り返す。
    6.容器下部のオーバーシールをはがし、輸液セットを取り付けて使用する。
    (廃棄操作方法)
    支持筒から薬剤瓶を引き抜く時は、支持筒下部を押え、ひねらずにまっすぐ抜く。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
    2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
    3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
    4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
    5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
    6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
    7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
    9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
    10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
    医師と医学研究者におすすめの英文校正