日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

生食注キット「フソー」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:生理食塩液キット

製薬会社:扶桑薬品

薬価・規格: 158円(50mL1キット) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

等張電解質輸液詳しく見る

  • 水・電解質(イオン)を主な成分とし、電解質の浸透圧が体液とほぼ同じであるため細胞外へ分布し、細胞外液(組織間液、血漿)の量を増やすことができる輸液剤
等張電解質輸液の代表的な商品名
  • 大塚生食注 テルモ生食 など
  • ラクテック注 ソルラクト輸液 ハルトマン輸液 など
  • ヴィーン輸液 ソルアセト輸液 など
  • ビカネイト輸液 ビカーボン輸液

効能・効果詳しく見る

  • 注射剤の溶解希釈剤

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 注射用医薬品の溶解、希釈に用いる

副作用

副作用

アシドーシス血清電解質異常浮腫うっ血性心不全

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 循環器系機能障害
    • 腎障害
    • 心臓機能障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    注射剤の溶解希釈剤。

    用法・用量(添付文書全文)

    注射用医薬品の溶解、希釈に用いる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    大量・急速投与:(頻度不明)大量を急速投与すると、血清電解質異常、うっ血性心不全、浮腫、アシドーシス。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.心臓機能障害、循環器系機能障害のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。
    2.腎障害のある患者[水分、塩化ナトリウムの過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意する。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:静脈内に投与する。
    2.調製時:本剤を用いて溶解・希釈する注射剤(静脈内投与用)は、溶解・希釈剤として50mL又は100mLの生理食塩液が適切である。
    3.投与前:
    1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
    2).体温程度に温めて使用する。
    3).開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
    4.投与時:溶解・希釈した注射剤の用法・用量及び使用上の注意に留意して投与する。
    (取扱い上の注意)
    注意:
    1.薬剤瓶を注入針に刺し込む際は、支持筒を斜めに傾けて薬剤瓶のゴム栓中央部にまっすぐ刺す(支持筒を正立にして薬剤瓶を接続すると、薬剤が注入針の針穴を通じこぼれることがあり、また、薬剤瓶のゴム栓周辺部又は斜めに刺すとゴム栓が薬剤瓶内に脱落することがある)。
    2.調製にあたっては、支持筒等の固く安定する部分を持って行い、容器胴部を持ったり押さえたりしない。
    3.本剤は単回調製を原則とするが、複数の注射剤を連続調製する場合は、汚染やゴム栓の脱落等に対し十分注意して行う。
    4.アンプル入り注射剤や、支持筒に適合しないバイアル入り注射剤を混注する場合は、注射器を用いて本体下部のゴム栓部より注入する。
    5.内容液の漏出又は混濁などが認められた場合は使用しない。
    6.支持筒上部のシールやオーバーシール(ゴム栓部の汚染防止のためのシール)が万一はがれているときは使用しない。
    7.ゴム栓への針刺は、ゴム栓面に垂直に、ゆっくりと行う(斜めに刺すと、ゴム片(コア)が薬液中に混入したり、ポート部を傷つけて液漏れを起こす恐れがある)。
    8.廃棄操作等については、薬剤溶解操作方法、廃棄操作方法を参照。
    (薬剤溶解操作方法)
    1.支持筒上部のシールをはがす。
    2.支持筒を斜めに傾けて持ち、薬剤瓶のゴム栓中央部に注入針をあててまっすぐに刺し込む。支持筒を正立にして薬剤瓶を接続すると、薬剤が注入針の針穴を通じこぼれることがある。また、薬剤瓶のゴム栓周辺部又は斜めに刺すとゴム栓が薬剤瓶内に脱落することがあるので注意する。
    3.薬剤瓶を更に押し込み、注入針が完全に奥まで刺し込まれていることを確認する。
    4.容器側を上にし、薬剤瓶に溶解液を適量注入して振り混ぜ、薬剤を完全に溶解する。
    5.再び容器側を下にし、薬剤瓶内の溶解液を容器内に戻す。戻りにくい場合はポンピング(容器の胴部を指先で繰り返し加圧する動作)を行う。薬剤が完全に溶けず薬剤瓶内に残った場合は、4〜5の操作を繰り返す。
    6.容器下部のオーバーシールをはがし、輸液セットを取り付けて使用する。
    (廃棄操作方法)
    支持筒から薬剤瓶を引き抜く時は、支持筒下部を押え、ひねらずにまっすぐ抜く。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
    2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
    3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
    4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
    5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
    6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
    7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
    8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
    9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
    10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55