日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 手術前後のアミノ酸補給
  • 低蛋白血症のアミノ酸補給
  • 低栄養状態のアミノ酸補給

注意すべき副作用詳しく見る

嘔吐悪心

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.中心静脈投与:1日400〜800mLを高カロリー輸液法により中心静脈内に持続点滴注入する
    • なお、年齢、症状、体重により適宜増減する
  • 2.末梢静脈投与:1回200〜400mLを緩徐に点滴静注する
  • 投与速度は、アミノ酸の量として60分間に10g前後が体内利用に望ましく、100mLあたり約60分を基準とし、小児、老人、重篤な患者には更に緩徐に注入する
    • なお、年齢、症状、体重により適宜増減する
  • 生体のアミノ酸利用効率上、糖類輸液剤と同時投与することが望ましい

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 肝性昏睡
    • 高窒素血症
    • 重篤な腎障害
    • アミノ酸代謝異常症

副作用

重大な副作用

悪心嘔吐

上記以外の副作用

BUN上昇GOT上昇GPT上昇アシドーシス悪寒過敏症胸部不快感血管痛頭痛総ビリルビン上昇動悸ALT上昇AST上昇熱感発疹発熱

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 肝性昏睡
    • 高窒素血症
    • 重篤な腎障害
    • アミノ酸代謝異常症
  • 慎重投与
    • 高度アシドーシス
    • 低ナトリウム血症
    • うっ血性心不全

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記状態時のアミノ酸補給:低蛋白血症、低栄養状態、手術前後。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.中心静脈投与:1日400〜800mLを高カロリー輸液法により中心静脈内に持続点滴注入する。なお、年齢、症状、体重により適宜増減する。
    2.末梢静脈投与:1回200〜400mLを緩徐に点滴静注する。
    投与速度は、アミノ酸の量として60分間に10g前後が体内利用に望ましく、100mLあたり約60分を基準とし、小児、老人、重篤な患者には更に緩徐に注入する。なお、年齢、症状、体重により適宜増減する。
    生体のアミノ酸利用効率上、糖類輸液剤と同時投与することが望ましい。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    3,973例中、臨床検査値異常を含む副作用が報告されたのは35例(0.88%)で、発現件数は39件であった(再審査終了時、1993年)。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1.過敏症:(頻度不明)[発疹等]。
    2.消化器:(0.1〜5%未満)悪心・嘔吐等。
    3.循環器:(頻度不明)[胸部不快感、動悸等]。
    4.肝臓:(0.1〜5%未満)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、(0.1%未満)総ビリルビン上昇。
    5.腎臓:(0.1〜5%未満)BUN上昇。
    6.大量・急速投与:(頻度不明)[アシドーシス]。
    7.その他:(頻度不明)[悪寒、発熱、熱感、頭痛]、(0.1%未満)血管痛。
    []:総合アミノ酸製剤でみられる副作用(第一次再評価結果その15、1979年)。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.肝性昏睡又は肝性昏睡の恐れのある患者[アミノ酸代謝が十分に行われないため、症状が悪化する恐れがある]。
    2.重篤な腎障害のある患者又は高窒素血症の患者[水分の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがあり、また、アミノ酸の代謝産物である尿素等が滞留し、症状が悪化する恐れがある]。
    3.アミノ酸代謝異常症の患者[投与されたアミノ酸が代謝されず、症状が悪化する恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.高度アシドーシスのある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    2.うっ血性心不全のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。
    3.低ナトリウム血症の患者[症状が悪化する恐れがある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意する。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
    (適用上の注意)
    1.投与前:
    1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
    2).寒冷期には体温程度に温めて使用する。
    3).開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
    2.投与時:
    1).酢酸イオン約120mEq/Lが含まれているので、大量投与時又は電解質液を併用する場合には電解質バランスに注意する。
    2).ゆっくり静脈内に投与する。
    3).血管痛が現れた場合には、注射部位を変更し、また、場合によっては投与を中止する。
    (取扱い上の注意)
    1.製品の安定性を保持するため脱酸素剤を封入しているので、ソフトバッグを包んでいる外袋は使用時まで開封しない。
    2.温度変動により結晶が析出することがあるが、この場合は常温(15〜25℃)付近で振盪することにより溶解して使用できる。
    3.外袋が破損したものや、内容液に着色や振盪で溶解しない結晶が認められるものは使用しない。
    4.注射針はゴム栓の○印にまっすぐ刺す(斜めに刺すと注射針が容器頚部を貫通し、液漏れの原因となることがある)。
    5.ソフトバッグ製品は、原則として連結管を用いたタンデム方式による投与はできない。
    6.包装内に水滴が認められるものや内容液が混濁しているものは使用しない。
    7.容器の液目盛りはおよその目安として使用する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
    2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
    3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
    4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
    5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
    6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
    7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
    8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
    9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
    10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79