日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

糖液注5%「第一三共」基本情報

一般名:ブドウ糖注射液

製薬会社:第一三共

薬価・規格: 65円(5%20mL1管) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 注射剤の溶解希釈剤
  • 肝疾患
  • 水欠乏時の水補給
  • 脱水症の水補給
  • 薬物中毒
  • 毒物中毒

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 水補給、薬物・毒物中毒、肝疾患には、1回5%液500〜1000mLを静脈内注射する
  • 点滴静注する場合の速度は、ブドウ糖として0.5g/kg/hr以下とする
  • 注射剤の溶解希釈には適量を用いる
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 低張性脱水症

副作用

副作用

電解質喪失

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 低張性脱水症
  • 慎重投与
    • カリウム欠乏傾向
    • 腎不全
    • 糖尿病
    • 尿崩症

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.脱水症特に水欠乏時の水補給、注射剤の溶解希釈剤。
    2.薬物中毒・毒物中毒、肝疾患。

    用法・用量(添付文書全文)

    水補給、薬物・毒物中毒、肝疾患には、1回5%液500〜1000mLを静脈内注射する。
    点滴静注する場合の速度は、ブドウ糖として0.5g/kg/hr以下とする。
    注射剤の溶解希釈には適量を用いる。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    (再審査対象外)。
    急速・大量投与により、電解質喪失を起こすことがある(頻度不明)。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    低張性脱水症の患者[水分の過剰投与により、低張性脱水状態が進行し、症状が悪化する恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.カリウム欠乏傾向のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    2.糖尿病の患者。
    3.尿崩症の患者[本症には適切な水分、電解質管理が必要であり、本剤の投与により電解質等に影響を与え、症状が悪化する恐れがある]。
    4.腎不全の患者[水分の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:皮下大量投与により、血漿中から電解質が移動して循環不全を招く恐れがあるので、皮下投与しない。
    2.投与時:
    1).高張液を投与するとき、血栓静脈炎を起こすことがあるので、慎重に投与する。
    2).高濃度液投与の急激な中止により低血糖を起こす恐れがある。
    3.開封時:アンプルカット時の異物混入を避けるため、エタノール消毒綿等で清拭しカットする。
    (取扱い上の注意)
    本品は、「ワンポイントカットアンプル」を使用しているので、アンプル枝部のマークを上にして、反対方向に折りとる。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
    2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
    3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
    5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
    7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
    8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
    9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
    10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1