日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

大塚糖液5%基本情報

一般名:ブドウ糖注射液

製薬会社:大塚製薬工場

薬価・規格: 65円(5%20mL1管) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 非経口的に水補給
  • 非経口的にエネルギー補給
  • 注射剤の溶解希釈剤
  • GIK療法
  • 肝疾患
  • 高カリウム血症
  • 循環虚脱
  • 心疾患
  • 水欠乏時の水補給
  • 脱水症の水補給
  • 低血糖時の糖質補給
  • 薬物中毒
  • 毒物中毒

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 水補給、薬物・毒物中毒、肝疾患には1回5%液500〜1000mLを静脈内注射する
  • 循環虚脱、低血糖時の糖質補給、高カリウム血症、心疾患(GIK療法)、その他非経口的に水・エネルギー補給を必要とする場合には1回10〜50%液20〜500mLを静脈内注射する
  • 点滴静注する場合の速度は、ブドウ糖として0.5g/kg/hr以下とする
  • 注射剤の溶解希釈には適量を用いる
    • なお、年齢・症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 低張性脱水症

副作用

副作用

電解質喪失

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 低張性脱水症
  • 慎重投与
    • カリウム欠乏傾向
    • 腎不全
    • 糖尿病
    • 尿崩症

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.脱水症特に水欠乏時の水補給、薬物中毒・毒物中毒、肝疾患、循環虚脱、低血糖時の糖質補給、高カリウム血症、心疾患(GIK療法)、その他非経口的に水補給・非経口的にエネルギー補給を必要とする場合。
    2.注射剤の溶解希釈剤。

    用法・用量(添付文書全文)

    水補給、薬物・毒物中毒、肝疾患には1回5%液500〜1000mLを静脈内注射する。
    循環虚脱、低血糖時の糖質補給、高カリウム血症、心疾患(GIK療法)、その他非経口的に水・エネルギー補給を必要とする場合には1回10〜50%液20〜500mLを静脈内注射する。
    点滴静注する場合の速度は、ブドウ糖として0.5g/kg/hr以下とする。
    注射剤の溶解希釈には適量を用いる。
    なお、年齢・症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    大量・急速投与:大量を急速投与すると、電解質喪失を起こすことがあるので、慎重に投与する(第一次再評価結果その13、1977年)。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    低張性脱水症の患者[本症はナトリウムの欠乏により血清の浸透圧が低張になることによって起こるので、このような患者に本剤を投与すると、水分量を増加させることになり、症状が悪化する恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.カリウム欠乏傾向のある患者[ブドウ糖の投与によりカリウムが細胞内に移行し、一時的に血清カリウム値が低下し、症状が悪化する恐れがある]。
    2.糖尿病の患者[高血糖を生じ症状が悪化する恐れがある]。
    3.尿崩症の患者[本症には適切な水分、電解質管理が必要であり、本剤の投与により電解質等に影響を与え、症状が悪化する恐れがある]。
    4.腎不全のある患者[水分の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    ブドウ糖の投与速度が速い場合に急激に中止することにより、低血糖を起こす恐れがある。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意する。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:皮下大量投与により、血漿中から電解質が移動して循環不全を招く恐れがあるので、皮下投与しない。
    2.調製時:
    1).他の医薬品を混注して使用する場合には、医薬品相互の物理的・化学的変化に十分注意して行う。
    2).注射剤の溶解・希釈液として使用する場合は、ブドウ糖注射液が適切であることを確認する。
    3.投与前:
    1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
    2).寒冷期には体温程度に温めて使用する。
    3).開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
    4.投与時:
    1).ゆっくり静脈内に投与する。
    2).高張液の投与は、血栓性静脈炎を起こすことがあるので、慎重に投与する。
    3).血管痛が現れた場合には、注射部位を変更し、また、場合によっては投与を中止する。
    (取扱い上の注意)
    1.包装内に水滴が認められるものや内容液が着色又は混濁しているものは使用しない。
    2.容器の液目盛りはおよその目安として使用する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
    2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
    3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
    4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
    5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
    6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
    7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
    8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
    9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
    10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11