日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

エレジェクト注シリンジ基本情報

後発品(加算対象)

一般名:塩化マンガン・硫酸亜鉛水和物配合剤キット

製薬会社:テルモ

薬価・規格: 193円(2mL1筒) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 経口栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合の銅補給
  • 経口栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合のヨウ素補給
  • 経口栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合の鉄補給
  • 経口栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合の亜鉛補給
  • 経口栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合のマンガン補給
  • 経腸管栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合の鉄補給
  • 経腸管栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合のヨウ素補給
  • 経腸管栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合の銅補給
  • 経腸管栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合のマンガン補給
  • 経腸管栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合の亜鉛補給

注意すべき副作用詳しく見る

発疹肝機能異常血中マンガン上昇過敏症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日2mLを高カロリー静脈栄養輸液に添加し、点滴静注する
    • なお、年齢、症状に応じて適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 胆道閉塞
    • 過敏症

副作用

重大な副作用

過敏症肝機能異常発疹血中マンガン上昇

上記以外の副作用

Al−P上昇GOT上昇GPT上昇ALT上昇AST上昇パーキンソン様症状ビリルビン上昇

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 胆道閉塞
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 肝障害
    • 腎障害
  • 注意
    • 黄疸
    • 投与中にマンガンの全血中濃度の上昇
  • 投与に際する指示
    • 黄疸
    • 投与中にマンガンの全血中濃度の上昇

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    経口栄養補給が不能又は不十分、経腸管栄養補給が不能又は不十分で高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合の亜鉛補給、鉄補給、銅補給、マンガン補給及びヨウ素補給。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日2mLを高カロリー静脈栄養輸液に添加し、点滴静注する。なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。
    <用法及び用量に関連する使用上の注意>
    1.本剤は、経口・経腸管栄養補給が十分になった場合には、速やかに投与を中止する(通常、経口・経腸管栄養により微量元素は補給される)。
    2.高カロリー輸液用基本液等には微量元素が含まれた製剤があるので、それらの微量元素量に応じて適宜減量する。
    3.黄疸がある場合、又は本剤投与中にマンガンの全血中濃度の上昇が認められた場合には、マンガンが配合されていない微量元素製剤の投与を考慮する。また、銅などの微量元素の血漿中濃度上昇が認められた場合には、休薬、減量もしくは中止等を考慮する。
    [全血中マンガン濃度の基準値]
    Mn(μg/dL):0.52〜2.4
    *[血漿中微量元素濃度の基準値]中央値(下限値〜上限値)
    Fe(μg/dL):103(35〜174)
    Zn(μg/dL):97(70〜124)
    Cu(μg/dL):94(62〜132)
    I(μg/dL):5.7(3.7〜14.0)
    *:健常成人男女各20名より求めた。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    マンガン1μmol配合微量元素製剤について実施した特別調査(長期使用)において、505例中21例(4.16%)に副作用が認められた。
    次のような副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1.過敏症:(0.1〜5%未満)発疹。
    2.肝臓:(0.1〜5%未満)肝機能異常(AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇等)、(頻度不明*)ビリルビン上昇。
    3.精神神経系:(頻度不明*)パーキンソン様症状。
    4.その他:(0.1〜5%未満)血中マンガン上昇。
    *:マンガン20μmol配合微量元素製剤で認められた副作用。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.胆道閉塞のある患者[排泄障害により、マンガンの全血中濃度、及び銅などの微量元素の血漿中濃度を上昇させる恐れがある]。
    2.本剤又は本剤配合成分に過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.肝障害のある患者[微量元素の血漿・全血中濃度を上昇させる恐れがある]。
    2.腎障害のある患者[微量元素の血漿・全血中濃度を上昇させる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    本剤を長期連用する場合には、次の点に注意する。
    1.長期連用する場合、臨床症状の推移を十分観察したうえで、慎重に投与し、また、必要に応じ、マンガンの全血中濃度、及びその他の微量元素の血漿中濃度を測定することが望ましい。
    2.長期連用する場合、特に、マンガン20μmol配合微量元素製剤<マンガン20μmol、鉄35μmol、亜鉛60μmol、銅5μmol、ヨウ素1μmol配合製剤>の投与によりマンガンについては全血中濃度の上昇がみられたり、脳内蓄積によって脳MRI検査(T1強調画像)で高信号を示したり、パーキンソン様症状が現れたとの報告があるので、このような所見がみられた場合には、マンガンが配合されていない微量元素製剤の投与に切り替える等適切な処置を行う。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.授乳中の婦人には投与しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合には授乳を避けさせる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立していない[使用経験がない]。
    (適用上の注意)
    1.調製時:
    1).本剤は光により濁る場合があるので、液の性状を観察し、液が澄明でないものは使用しない。
    2).本剤は直接高カロリー静脈栄養輸液に添加する(他の注射剤<高カロリー静脈栄養輸液以外>との直接混合は沈殿等の配合変化を起こすことがある)。なお、本剤とビタミン剤(ビタミンB2剤及びビタミンC剤、ビタミンB2・Cの配合剤)をシリンジ内で直接混合した場合沈殿によりフィルターの目づまりが生じることがあるので、シリンジ内で混合しない。
    3).ブリスター包装開封後は速やかに使用する。
    2.投与経路:本剤は高カロリー静脈栄養輸液に必ず添加して使用し、直接静脈内に投与しない。
    (取扱い上の注意)
    1.本剤はシリンジポンプでは使用しない。
    2.ブリスター包装は使用時まで開封しない。
    3.ブリスター包装は開封口から静かに開ける。
    4.ブリスター包装から取り出す際、押子を持って無理に引き出さない(ガスケットが変形し、薬液が漏出する恐れがある)。
    5.シリンジが破損する恐れがあるため、強い衝撃を避ける。
    6.シリンジに破損等の異常が認められるときは使用しない。
    7.シリンジ先端部のシールがはがれているときは使用しない。
    8.内容液が漏れている場合や、内容液に混濁や浮遊物等の異物が認められるときは使用しない。
    9.開封後の使用は1回限りとし、使用後の残液は容器とともに速やかに廃棄する。
    10.注入前後ともに押子を引かない。
    11.シリンジの再滅菌・再使用はしない。
    12.注射針等は針刺しや感染防止に留意し、安全な方法で廃棄する。
    13.安定性試験:加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。
    (操作方法)
    本剤を高カロリー静脈栄養輸液に添加する操作方法として、ホルダーを使用する方法と注射針を使用する方法がある。
    1.ホルダーを使用して輸液剤に混注する場合:
    1).ホルダーのキャップが針に触れないように、まっすぐはずす。
    2).ホルダーの針を輸液剤の混注口にゆっくりと、まっすぐ穿刺する。
    3).シリンジ先端部のシールをはがし、ホルダーに嵌合させる。
    4).薬剤を注入する。
    5).薬剤注入後、シリンジ、ホルダーの順にはずす。
    2.注射針を使用して輸液剤に混注する場合:
    1).キャップを添付文書の図の矢印の方向にまわしてはずす。
    2).シリンジ先端部に直接手が触れないように注意し、注射針を装着する。
    3).注射針を輸液剤の混注口にゆっくりと、まっすぐ穿刺し、薬液を注入する。
    4).注入後、シリンジを注射針とともにはずす。
    注意:注射針等の使用にあたり、針刺しに留意する。
    (保管上の注意)
    遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
    3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
    4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
    5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
    6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
    8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
    10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22