日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビタジェクト注キット基本情報

後発品(加算対象)

一般名:高カロリー輸液用総合ビタミン剤キット

製薬会社:テルモ

薬価・規格: 283円(2筒1キット) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 経腸管栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合のビタミン補給
  • 経口栄養補給が不能又は不十分の高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合のビタミン補給

注意すべき副作用詳しく見る

アナフィラキシー様症状悪心顔面潮紅

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • A液及びB液を、高カロリー経静脈輸液に専用の器具を用いて注入し、点滴静注する
  • 用量は、1日1キットとする
    • なお、年齢・症状により適宜増減する
  • <注意>1キット=1セット

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 血友病

副作用

重大な副作用

悪心アナフィラキシー様症状顔面潮紅ショック

上記以外の副作用

意識障害過敏症胸内苦悶血圧低下下痢呼吸困難食欲不振蕁麻疹そう痒感チアノーゼ発汗発疹腹痛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 血友病
  • 慎重投与
    • アレルギー
    • 気管支喘息
    • 高カルシウム血症
    • 腎障害
    • 蕁麻疹
    • 発疹
    • 薬物過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 妊婦・産婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・乳児
  • 注意
    • 妊婦・産婦
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 新生児(0日〜27日)
    • 低出生体重児(0日〜27日)
    • 乳児(0日〜364日)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
    • 妊娠を希望する婦人

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
レボドパ 有効性を減じる
ワルファリン 作用が減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    経口栄養補給が不能又は不十分、経腸管栄養補給が不能又は不十分で高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合のビタミン補給。

    用法・用量(添付文書全文)

    A液及びB液を、高カロリー経静脈輸液に専用の器具を用いて注入し、点滴静注する。用量は、1日1キットとする。なお、年齢・症状により適宜増減する。
    <注意>1キット=1セット。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    経口、経腸管栄養補給が不能又は不十分なため高カロリー輸液療法に頼らざるを得ない患者58例を対象とした臨床試験において、副作用は認められなかった。
    1.重大な副作用
    ショック(0.1%未満)、アナフィラキシー様症状(頻度不明):ショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い、血圧低下、意識障害、呼吸困難、チアノーゼ、悪心、胸内苦悶、顔面潮紅、そう痒感、発汗等が現れた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献等を参考にした。
    1).過敏症:(0.1%未満)蕁麻疹、発疹、顔面潮紅[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
    2).消化器:(0.1%未満)悪心、下痢、腹痛、食欲不振。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤又は本剤配合成分に過敏症の既往歴のある患者。
    2.血友病の患者[パンテノール含有のため]。
    (慎重投与)
    1.高カルシウム血症の患者(血液、尿検査を行い、異常が認められた場合には、投与を中止する)[エルゴカルシフェロール含有のため]。
    2.腎障害のある患者[副作用が強く現れることがある]。
    3.本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギーを起こしやすい体質を持つ患者[過敏症等の副作用が強く現れることがある]。
    4.薬物過敏症の既往歴のある患者。
    5.妊婦。
    6.新生児、低出生体重児、乳児、幼児及び小児。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤は、高カロリー輸液添加用として使用し、経口、経腸栄養が可能になった場合は、速やかに経口投与に切り替える。
    2.本剤は、高カロリー経静脈栄養輸液添加用ビタミン剤であるため、単独投与及び末梢静脈内投与は避ける。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.パーキンソン病治療薬(レボドパ)[レボドパの有効性を減じることがある(ピリドキシン塩酸塩がレボドパの脱炭酸化を促進し、脳内作用部位への到達量を減少させる)]。
    2.ワルファリン[ワルファリンの作用が減弱することがある(フィトナジオン(ビタミンK1)がワルファリンの作用に拮抗するため(本剤は1セットにフィトナジオン2mgを含有する))]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊娠3カ月以内又は妊娠を希望する婦人に投与する場合は用法・用量に留意し、本剤によるビタミンAの投与は5000IU/日未満に留めるなど必要な注意を行う[外国において、妊娠前3カ月から妊娠初期3カ月までにビタミンAを10000IU/日以上摂取した女性から出生した児に、頭蓋神経堤などを中心とする奇形発現の増加が推定されたとする疫学調査結果がある]。
    2.ビタミンD過剰にならないように、慎重に投与する。
    (小児等への投与)
    ビタミンD過剰を起こしやすいので、慎重に投与する。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    1.尿糖の検出を妨害することがある[アスコルビン酸含有のため]。
    2.各種の尿検査(潜血、ビリルビン、亜硝酸塩)・便潜血反応検査で、偽陰性を呈することがある[アスコルビン酸含有のため]。
    3.尿を黄変させ、臨床検査値に影響を与えることがある[リボフラビンリン酸エステルナトリウム含有のため]。
    (適用上の注意)
    1.調製時:
    1).ブリスター包装開封後は速やかに使用する。
    2).本剤は、アミノ酸製剤とのみ混合した場合、ビタミンの分解が促進されることがある。また、本剤を高カロリー経静脈栄養輸液に混合後、通常12時間以内に投与を終了する。
    3).配合注射剤によって、ビタミンの分解が促進されることがあるので、注意する。
    2.投与速度:本剤を、急速に静脈内投与すると、一過性血圧低下を起こす恐れがあるので、必ず用法・用量に従って投与する。
    3.投与時:ビタミンの光分解を防ぐため、遮光カバー(橙黄褐色ポリエチレン製カバー等)で輸液瓶又は輸液バッグを被覆して使用する。
    4.その他:可塑剤としてDEHP[di−(2−ethylhexyl)phthalate;フタル酸ジ−(2−エチルヘキシル)]を含むポリ塩化ビニル製の輸液セット等を使用した場合、DEHPが製剤中に溶出するので、DEHPを含まない輸液セット等を使用することが望ましい。
    (取扱い上の注意)
    1.本剤はシリンジポンプでは使用しない。
    2.包装フィルム表面に減圧によるへこみがない場合は、使用しない。
    3.ブリスター包装は使用時まで開封しない。
    4.ブリスター包装は開封口から静かに開ける。
    5.ブリスター包装から取り出す際、押子を持って無理に引き出さない。
    6.シリンジが破損する恐れがあるため、強い衝撃を避ける。
    7.シリンジに破損等の異常が認められるときは、使用しない。
    8.シリンジ先端部のシールがはがれているときは使用しない。
    9.内容液が漏れている場合や、内容液に混濁・浮遊物等の異常が認められるときは使用しない。
    10.開封後の使用は1回限りとし、使用後の残液は容器とともに速やかに廃棄する。
    11.注入前後ともに押子を引かない。
    12.シリンジ及びホルダーの再滅菌・再使用はしない。
    13.ホルダーは針刺しに留意し、廃棄する。
    14.安定性試験:長期保存試験(25℃、21カ月)の結果、通常の市場流通下において18カ月間安定であることが確認された。
    (操作方法)
    1.ホルダーのキャップが針に触れないように、まっすぐはずす。
    2.ホルダーの針を輸液剤の混注口にゆっくりと、まっすぐ穿刺する。
    3.シリンジ先端部のシールをはがし、ホルダーに嵌合させる。
    4.薬剤を注入する。
    5.ホルダーを押さえながら、薬剤注入後のシリンジ(A液)をまっすぐはずす。
    6.つづいて、同様にB液を注入する。
    7.B液注入後、シリンジ、ホルダーの順にはずす。
    (保管上の注意)
    遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
    2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
    3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
    4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
    5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
    6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
    7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
    8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
    9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
    10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55