基本情報

薬効分類

複合ビタミン製剤詳しく見る

  • ビタミンを複数の種類配合することで体内でのビタミン不足を補い、神経や皮膚などの諸症状を改善する薬
複合ビタミン製剤の代表的な商品名
  • ビタメジン
  • ビタノイリン
  • パンビタン
  • ノイロビタン

葉酸製剤詳しく見る

  • ビタミンの一つである葉酸を補い、葉酸欠乏による貧血や口内炎を予防する、もしくは妊娠時の葉酸補充などに使用する薬
葉酸製剤の代表的な商品名
  • フォリアミン
  • パンビタン

効能・効果詳しく見る

  • 授乳婦のビタミン類の補給
  • 消耗性疾患のビタミン類の補給
  • 妊産婦のビタミン類の補給
  • 食事からの摂取が不十分のビタミン類の補給

注意すべき副作用詳しく見る

そう痒感食欲不振

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日1〜2gを経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 妊娠を希望する婦人
    • 妊娠を希望する婦人<ビタミンA欠乏症の婦人は除く>

副作用

重大な副作用

食欲不振そう痒感

上記以外の副作用

嘔吐大泉門膨隆過敏症肝腫大口渇紅斑四肢痛神経過敏頭痛体重減少体重増加停止脱毛多尿発疹発熱便秘

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 注意
    • 悪性貧血
    • 診断の確立していない悪性貧血

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 幼児・乳児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊娠を希望する婦人
    • 妊娠を希望する婦人<ビタミンA欠乏症の婦人は除く>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    本剤に含まれるビタミン類の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦など)。
    効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日1〜2gを経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない(再審査対象外)。
    1.過剰症:過剰投与により、次のようなビタミンA過剰症状、ビタミンD過剰症状(頻度不明)が現れることがあるので、このような場合には投与を中止する。
    1).ビタミンA過剰症:大泉門膨隆、神経過敏、頭痛、食欲不振、嘔吐、肝腫大、脱毛、そう痒感、体重増加停止、四肢痛。
    2).ビタミンD過剰症:口渇、食欲不振、便秘、多尿、体重減少、発熱。
    2.過敏症:発疹、紅斑、そう痒感(頻度不明)等が現れることがあるので、このような場合には投与を中止する。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    妊娠3カ月以内<ビタミンA欠乏症の婦人は除く>又は妊娠を希望する婦人<ビタミンA欠乏症の婦人は除く>へのビタミンA5000IU/日以上の投与。
    (重要な基本的注意)
    本剤には葉酸が配合されているので、悪性貧血の患者に投与すると、血液状態は改善するが、神経症状に効果がないので、悪性貧血の患者に投与する場合には適切な治療を行う。
    なお、診断の確立していない悪性貧血の患者の場合、血液状態の改善により悪性貧血を隠蔽し、診断及び治療に影響を与えるので注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊娠3カ月以内又は妊娠を希望する婦人には、ビタミンA欠乏症の治療に用いる場合を除いて本剤を投与しない(なお、ビタミンAの補給を目的として本剤を用いる場合は食品などからの摂取量に注意し、本剤による投与は5000IU/日未満に留めるなど必要な注意を行う)[外国において、妊娠前3カ月から妊娠初期3カ月までにビタミンAを10000IU/日以上摂取した女性から出生した児に、頭蓋神経堤などを中心とする奇形発現の増加が推定されたとする疫学調査結果がある]。
    2.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には大量投与を避ける[ビタミンDの大量投与により胎児障害を起こすとの報告がある]。
    (小児等への投与)
    ビタミンA過剰症、ビタミンD過剰症を起こしやすいので、注意する。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    尿を黄変させ、臨床検査値に影響を与えることがある(ビタミンB2による)。
    (取扱い上の注意)
    1.本剤はアルカリ剤、吸湿性薬剤と配合しない。
    2.使用期限内であっても開封後はなるべく速やかに使用する。
    (保管上の注意)
    開封後も遮光、防湿(本剤は特に吸湿しやすい製剤である)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:192
    2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
    3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:224
    4. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:18
    5. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
    6. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:16
    7. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:113
    8. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:80
    9. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:72
    10. レビー小体型認知症の診断、改訂ポイントは? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:59
    医師と医学研究者におすすめの英文校正