基本情報

薬効分類

ビタミンC製剤詳しく見る

  • ビタミンCを補うことで、壊血病などの予防や治療、皮膚炎や皮膚の色素沈着の改善などに使用する薬
ビタミンC製剤の代表的な商品名
  • アスコルビン酸
  • シナール

複合ビタミン製剤詳しく見る

  • ビタミンを複数の種類配合することで体内でのビタミン不足を補い、神経や皮膚などの諸症状を改善する薬
複合ビタミン製剤の代表的な商品名
  • ビタメジン
  • ビタノイリン
  • パンビタン
  • ノイロビタン

効能・効果詳しく見る

  • 炎症後の色素沈着のビタミン類の補給
  • 授乳婦のビタミン類の補給
  • 消耗性疾患のビタミン類の補給
  • 妊産婦のビタミン類の補給
  • 食事からの摂取が不十分のビタミン類の補給

注意すべき副作用詳しく見る

胃不快感悪心嘔吐下痢

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回1〜3gを1日1〜3回経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

胃不快感悪心嘔吐下痢

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    本剤に含まれるビタミン類の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦等)、炎症後の色素沈着。
    なお、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回1〜3gを1日1〜3回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    消化器(頻度不明):胃不快感、悪心・嘔吐、下痢等が現れることがある。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    1.各種の尿検査で、尿糖の検出を妨害することがある[アスコルビン酸(ビタミンC)による]。
    2.各種の尿試験紙法による尿検査(潜血、ビリルビン、亜硝酸塩)・便潜血反応検査で、偽陰性を呈することがある[アスコルビン酸(ビタミンC)による]。
    (適用上の注意)
    調剤時:
    1.アルカリ性薬剤、吸湿性薬剤との配合は避ける。
    2.配合時の粉砕は避ける。
    (保管上の注意)
    遮光・気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
    2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:309
    3. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
    4. なぜ薬剤師はコテンパンに言われてしまうのか 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:268
    5. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:180
    6. 愚痴がいっしょ!! 病院珍百景 FBシェア数:28
    7. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
    8. 「辞めたい」の裏側の気持ち キャリアお悩み相談室 FBシェア数:47
    9. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:52
    10. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:293
    医師と医学研究者におすすめの英文校正