日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビタメジン配合カプセルB50基本情報

一般名:ベンフォチアミン・B6・B12配合剤カプセル

製薬会社:第一三共

薬価・規格: 9円(1カプセル) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

複合ビタミン製剤詳しく見る

  • ビタミンを複数の種類配合することで体内でのビタミン不足を補い、神経や皮膚などの諸症状を改善する薬
複合ビタミン製剤の代表的な商品名
  • ビタメジン
  • ビタノイリン
  • パンビタン
  • ノイロビタン

効能・効果詳しく見る

  • 授乳婦のビタミン類の補給
  • 消耗性疾患のビタミン類の補給
  • 妊産婦のビタミン類の補給
  • ビタミン類欠乏の末梢神経麻痺
  • ビタミン類代謝障害の関節痛
  • ビタミン類代謝障害の神経痛
  • ビタミン類代謝障害の末梢神経麻痺
  • ビタミン類欠乏の関節痛
  • ビタミン類欠乏の末梢神経炎
  • ビタミン類代謝障害の筋肉痛
  • ビタミン類欠乏の筋肉痛
  • ビタミン類代謝障害の末梢神経炎
  • ビタミン類欠乏の神経痛
  • 食事からの摂取が不十分のビタミン類の補給

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日1〜2カプセルを経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

副作用

悪心胃部不快感嘔吐過敏症下痢食欲不振そう痒感発疹

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
レボドパ 作用を減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.本剤に含まれるビタミン類の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦など)。
    2.次記疾患のうち、本剤に含まれるビタミン類欠乏又はビタミン類代謝障害が関与すると推定される場合:神経痛、筋肉痛・関節痛、末梢神経炎・末梢神経麻痺。
    註:効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日1〜2カプセルを経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒感[投与を中止する]。
    2.消化器:(頻度不明)食欲不振、胃部不快感、悪心・嘔吐、下痢。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (相互作用)
    併用注意:パーキンソン病治療薬(レボドパ)[レボドパの作用を減弱させる恐れがある(本剤に含まれるピリドキシン塩酸塩は、レボドパの脱炭酸酵素の補酵素であり、併用によりレボドパの末梢での脱炭酸化を促進し、レボドパの脳内作用部位への到達量を減弱させると考えられる)]。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (保管上の注意)
    開封後防湿。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
    2. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:246
    3. 46歳男性。皮下硬結を伴う褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    4. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:14
    5. 「透析中の精神疾患は見捨てる」で良いのですか その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:27
    6. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:81
    7. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:16
    8. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:155
    9. 入局せずPhDも取らなかった12年目消化器外科医… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:125
    10. IBSの病態自覚を促すアプリを作りました 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:79
    医師と医学研究者におすすめの英文校正