基本情報

薬効分類

ビタミンK製剤詳しく見る

  • 体内にビタミンKを補うことで、ビタミンKの以下の働きにより骨粗しょう症の治療や出血傾向などの改善へ使用する薬
ビタミンK製剤の代表的な商品名
  • グラケー
  • ケイツー
  • ケーワン

効能・効果詳しく見る

  • 胃腸障害のビタミンK吸収障害
  • 肝障害の低プロトロンビン血症
  • 新生児低プロトロンビン血症
  • ビタミンK欠乏症の治療
  • ビタミンK欠乏の出血
  • ビタミンK欠乏症の予防
  • 胆道障害のビタミンK吸収障害
  • 薬剤投与中の低プロトロンビン血症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • フィトナジオンとして、1日5〜15mg、新生児出血の予防には母体に対し10mg、薬剤投与中に起こる低プロトロンビン血症等には20〜50mgを分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 新生児(0日〜27日)

副作用

副作用

悪心嘔気高ビリルビン血症軟便

注意事項

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)

年齢や性別に応じた注意事項

  • 禁止
    • 新生児(0日〜27日)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
クマリン系抗凝血剤 作用を減弱
ワルファリンカリウム 作用を減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.ビタミンK欠乏症の予防及び治療:各種薬剤投与中(クマリン系抗凝血薬、サリチル酸、抗生物質など)に起こる低プロトロンビン血症、胆道障害及び胃腸障害に伴うビタミンK吸収障害、新生児低プロトロンビン血症、肝障害に伴う低プロトロンビン血症。
    2.ビタミンK欠乏が推定される出血。

    用法・用量(添付文書全文)

    フィトナジオンとして、1日5〜15mg、新生児出血の予防には母体に対し10mg、薬剤投与中に起こる低プロトロンビン血症等には20〜50mgを分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.血液:(頻度不明)高ビリルビン血症[類薬(メナジオン)の大量・長期投与により、このような症状が現れたとの報告があるので、血液凝固異常を考慮して慎重に投与する]。
    2.消化器:(頻度不明)悪心、嘔気、軟便。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (相互作用)
    併用注意:クマリン系抗凝血薬(ワルファリンカリウム)[併用に注意する(ワルファリンの作用を減弱する)]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊娠末期の婦人には大量投与を避ける[大量投与により、まれに新生児に高ビリルビン血症が現れることがある]。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜に刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (保管上の注意)
    PTP包装は外箱開封後、遮光(含量が低下し、また変色することがある)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
    3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
    4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
    5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
    6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
    8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
    10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22