基本情報

薬効分類

ビタミンK製剤詳しく見る

  • 体内にビタミンKを補うことで、ビタミンKの以下の働きにより骨粗しょう症の治療や出血傾向などの改善へ使用する薬
ビタミンK製剤の代表的な商品名
  • グラケー
  • ケイツー
  • ケーワン

効能・効果詳しく見る

  • 胃腸障害のビタミンK吸収障害
  • 肝障害の低プロトロンビン血症
  • 新生児低プロトロンビン血症
  • ビタミンK欠乏の出血
  • ビタミンK欠乏症の治療
  • ビタミンK欠乏症の予防
  • 胆道障害のビタミンK吸収障害
  • 薬剤投与中の低プロトロンビン血症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • フィトナジオンとして、1日5〜15mg、新生児出血の予防には母体に対し10mg、薬剤投与中におこる低プロトロンビン血症、胆道及び胃腸障害に伴うビタミンKの吸収障害、肝障害に伴う低プロトロンビン血症には20〜50mgを分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 新生児(0日〜27日)

副作用

副作用

悪心嘔気高ビリルビン血症軟便

注意事項

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)

年齢や性別に応じた注意事項

  • 禁止
    • 新生児(0日〜27日)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
クマリン系抗凝血剤 作用を減弱
ワルファリン 作用を減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.ビタミンK欠乏症の予防及び治療:
    1).各種薬剤投与中(クマリン系抗凝血薬、サリチル酸、抗生物質等)におこる低プロトロンビン血症。
    2).胆道障害及び胃腸障害に伴うビタミンK吸収障害。
    3).新生児低プロトロンビン血症。
    4).肝障害に伴う低プロトロンビン血症。
    2.ビタミンK欠乏が推定される出血。

    用法・用量(添付文書全文)

    フィトナジオンとして、1日5〜15mg、新生児出血の予防には母体に対し10mg、薬剤投与中におこる低プロトロンビン血症、胆道及び胃腸障害に伴うビタミンKの吸収障害、肝障害に伴う低プロトロンビン血症には20〜50mgを分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない(再審査対象外)。
    1.血液:類薬(メナジオン)で大量・長期投与により、高ビリルビン血症が現れるとの報告があるので、血液凝固異常を考慮して慎重に投与する。
    2.消化器:悪心、嘔気、軟便等(頻度不明)が現れることがある。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (相互作用)
    併用注意:クマリン系抗凝血薬(ワルファリン)[併用に注意する(ワルファリンの作用を減弱する)]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊娠末期の婦人には大量投与を避ける[類薬(メナジオン)で大量投与により、新生児等に高ビリルビン血症が現れるとの報告がある]。
    (取扱い上の注意)
    1.<注意>
    1).調剤に際して、遮光薬包紙を用いるのが望ましい。
    2).アルカリ性の薬剤との配合によって、含量が低下することがあるので配合を避けることが望ましい。
    2.使用期限内であっても、開封後はなるべく速やかに使用する。
    (保管上の注意)
    開封後も遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:28
    2. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:56
    3. 85歳女性。尿バッグの変色 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:5
    4. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:290
    5. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:79
    6. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:59
    7. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
    8. 色好みの秀吉に女を世話した侍医 病と歴史への招待 FBシェア数:1
    9. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:170
    10. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:69
    医師と医学研究者におすすめの英文校正