日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

パンテニール注500mg基本情報

後発品(加算対象)

一般名:パンテノール注射液

製薬会社:共和クリティケア

薬価・規格: 56円(500mg1管) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

パントテン酸製剤詳しく見る

  • 体内にパントテン酸を補充し、エネルギー代謝などに関与して、脂質異常症、湿疹、便秘などを改善する薬
パントテン酸製剤の代表的な商品名
  • パントシン
  • パルトックス

効能・効果詳しく見る

  • 甲状腺機能亢進症のパントテン酸の補給
  • 授乳婦のパントテン酸の補給
  • 消耗性疾患のパントテン酸の補給
  • 妊産婦のパントテン酸の補給
  • パントテン酸欠乏症の治療
  • パントテン酸欠乏症の予防
  • パントテン酸欠乏のストレプトマイシンによる副作用の予防
  • パントテン酸代謝障害の慢性湿疹
  • パントテン酸代謝障害の急性湿疹
  • パントテン酸欠乏の慢性湿疹
  • パントテン酸代謝障害の接触皮膚炎
  • パントテン酸欠乏の術後腸管麻痺
  • パントテン酸欠乏のストレプトマイシンによる副作用の治療
  • パントテン酸欠乏の接触皮膚炎
  • パントテン酸欠乏のカナマイシンによる副作用の治療
  • パントテン酸欠乏のカナマイシンによる副作用の予防
  • パントテン酸欠乏の急性湿疹
  • パントテン酸代謝障害の術後腸管麻痺
  • パントテン酸代謝障害のストレプトマイシンによる副作用の予防
  • パントテン酸代謝障害のカナマイシンによる副作用の治療
  • パントテン酸代謝障害のストレプトマイシンによる副作用の治療
  • パントテン酸代謝障害のカナマイシンによる副作用の予防
  • 食事からの摂取が不十分のパントテン酸の補給

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • パンテノールとして1回20〜100mgを1日1〜2回、術後腸管麻痺には1回50〜500mgを1日1〜3回、必要に応じては6回まで、皮下、筋肉内又は静脈内注射する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 血友病

副作用

副作用

下痢腹痛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 血友病

患者の属性に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 乳児
    • 幼児・乳児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 乳児(0日〜364日)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.パントテン酸欠乏症の予防及び治療。
    2.パントテン酸の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、甲状腺機能亢進症、妊産婦、授乳婦等)。
    3.次記疾患のうち、パントテン酸欠乏又はパントテン酸代謝障害が関与すると推定される場合:ストレプトマイシンによる副作用及びカナマイシンによる副作用の予防及び治療、パントテン酸欠乏又はパントテン酸代謝障害が関与すると推定される接触皮膚炎、急性湿疹・慢性湿疹、術後腸管麻痺。
    前記3.の適応に対して、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。

    用法・用量(添付文書全文)

    パンテノールとして1回20〜100mgを1日1〜2回、術後腸管麻痺には1回50〜500mgを1日1〜3回、必要に応じては6回まで、皮下、筋肉内又は静脈内注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    消化器:(頻度不明)腹痛、下痢等。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    血友病の患者[出血時間を延長させる恐れがある]。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立していない。
    (適用上の注意)
    1.投与時:副交感神経興奮剤(ネオスチグミン等)使用後は12時間の間隔を置いて投与、また、サクシニルコリン投与後は1時間の間隔を置いて投与することが望ましい。
    2.筋肉内注射時:筋肉内注射にあたっては、組織・神経などへの影響を避けるため、次記の点に配慮する。
    1).筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
    2).筋肉内注射時、繰り返し注射する場合には、例えば左右交互に注射するなど、注射部位をかえて行う。なお、乳児・幼児・小児には筋肉内注射を連用しないことが望ましい。
    3).注射針を刺入した時、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
    3.アンプルカット時:本品は一点カットアンプルを使用しているので、アンプルカット時にはヤスリを用いず、アンプル頭部のマークが真上にくるように持ち、反対側へ折る。
    なお、カット時に異物混入を避けるため、カット部分をエタノール綿等で清拭し、カットすることが望ましい。
    (その他)
    低カリウム血症、機械的腸閉塞症の患者には臨床効果は得られない。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、パンテニール注100mg、パンテニール注250mg及びパンテニール注500mgは通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
    2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
    3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
    4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
    5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
    6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
    7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
    9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
    10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
    医師と医学研究者におすすめの英文校正