日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

FADシロップ0.3%「ツルハラ」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:フラビンアデニンジヌクレオチドシロップ

製薬会社:鶴原製薬

薬価・規格: 3.1円(0.3%1mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 授乳婦のビタミンB2の補給
  • 消耗性疾患のビタミンB2の補給
  • 妊産婦のビタミンB2の補給
  • 激しい肉体労働時のビタミンB2の補給
  • ビタミンB2欠乏の舌炎
  • ビタミンB2欠乏のペラグラ
  • ビタミンB2欠乏症の予防
  • ビタミンB2欠乏の角膜部周擁充血
  • ビタミンB2欠乏の陰部糜爛
  • ビタミンB2欠乏の口内炎
  • ビタミンB2欠乏の口角炎
  • ビタミンB2欠乏の酒さ
  • ビタミンB2欠乏の肛門周囲糜爛
  • ビタミンB2欠乏の日光皮膚炎
  • ビタミンB2欠乏の慢性湿疹
  • ビタミンB2欠乏のびまん性表層角膜炎
  • ビタミンB2欠乏の脂漏性湿疹
  • ビタミンB2欠乏の角膜脈管新生
  • ビタミンB2欠乏の口唇炎
  • ビタミンB2欠乏症の治療
  • ビタミンB2欠乏の結膜炎
  • ビタミンB2欠乏の尋常性ざ瘡
  • ビタミンB2欠乏の急性湿疹
  • ビタミンB2代謝障害の口角炎
  • ビタミンB2代謝障害の角膜脈管新生
  • ビタミンB2代謝障害の肛門周囲糜爛
  • ビタミンB2代謝障害の陰部糜爛
  • ビタミンB2代謝障害の口内炎
  • ビタミンB2代謝障害のびまん性表層角膜炎
  • ビタミンB2代謝障害のペラグラ
  • ビタミンB2代謝障害の角膜部周擁充血
  • ビタミンB2代謝障害の舌炎
  • ビタミンB2代謝障害の慢性湿疹
  • ビタミンB2代謝障害の結膜炎
  • ビタミンB2代謝障害の酒さ
  • ビタミンB2代謝障害の脂漏性湿疹
  • ビタミンB2代謝障害の尋常性ざ瘡
  • ビタミンB2代謝障害の日光皮膚炎
  • ビタミンB2代謝障害の口唇炎
  • ビタミンB2代謝障害の急性湿疹
  • 食事からの摂取が不十分のビタミンB2の補給

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • FADとして、1日5〜45mgを1〜3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.ビタミンB2欠乏症の予防及び治療。
    2.ビタミンB2の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、激しい肉体労働時など)。
    3.次記疾患のうち、ビタミンB2欠乏又はビタミンB2代謝障害が関与すると推定される場合:口角炎、口唇炎、舌炎、口内炎、肛門周囲糜爛及び陰部糜爛、急性湿疹・慢性湿疹、脂漏性湿疹、ペラグラ、尋常性ざ瘡、酒さ、日光皮膚炎、結膜炎、びまん性表層角膜炎、角膜部周擁充血、角膜脈管新生。
    3.の適用については効果がないのに月余にわたって、漫然と使用すべきでない。

    用法・用量(添付文書全文)

    FADとして、1日5〜45mgを1〜3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    尿を黄変させ、臨床検査値に影響を与えることがある。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、FADシロップ0.3%「ツルハラ」は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。
    (保管上の注意)
    遮光気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
    2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
    3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
    4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
    5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
    6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
    7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
    8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
    9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
    10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55