日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

フッ化ナトリウム洗口液0.1%「ジーシー」基本情報

一般名:フッ化ナトリウム液

製薬会社:ジーシー

薬価・規格: - (0.1%1mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • う蝕の予防

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回フッ化ナトリウムとして0.05〜0.1%溶液5〜10mLを用い、1日1回食後又は就寝前に次の方法により洗口する
  • [洗口方法]薬液を口に含み、約30秒間薬液が十分に歯面にゆきわたるように含み洗いさせる
  • 次に薬液を十分に吐き出させる
  • 1回に口に含む液量は、年齢等による口腔の大きさを考慮して定めるが、未就学児で5mL、学童以上で7〜10mLが適当である

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 飲み込む恐れのある幼児
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 幼児・乳児
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 飲み込む恐れのある幼児(0歳〜6歳)

副作用

副作用

過敏症状

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 飲み込む恐れのある幼児

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 幼児・乳児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 禁止
    • 飲み込む恐れのある幼児(0歳〜6歳)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    う蝕の予防。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回フッ化ナトリウムとして0.05〜0.1%溶液5〜10mLを用い、1日1回食後又は就寝前に次の方法により洗口する。
    [洗口方法]
    薬液を口に含み、約30秒間薬液が十分に歯面にゆきわたるように含み洗いさせる。次に薬液を十分に吐き出させる。1回に口に含む液量は、年齢等による口腔の大きさを考慮して定めるが、未就学児で5mL、学童以上で7〜10mLが適当である。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本品は、使用成績調査等の副作用の発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    過敏症(頻度不明):過敏症状が現れた場合には、直ちに洗口を中止する。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (適用上の注意)
    1.う蝕の予防<洗口>にのみ使用する。
    2.飲み込まないよう、よく指導する。
    3.飲み込む恐れのある幼児には使用しない。
    4.誤って飲用し、嘔吐、腹痛、下痢などの急性中毒症状を起こした場合には、牛乳、グルコン酸カルシウムなどのカルシウム剤を応急的に服用させ、医師の診療を受けさせる。
    5.歯科医師の指導により使用する。
    (取扱い上の注意)
    1.容器及び使用する器具は必ずプラスチック製を使用し、ガラス製品は使用しない。
    2.希釈して使用する場合は、その都度希釈し、作り置きしない。
    3.使用後は密栓し、幼少児の手の届かない所に保管する。
    4.使用後はしっかりキャップを閉め、直射日光の当たらない涼しい所に保管する。
    5.誤用の原因になったり、品質が変わることがあるため、他の容器に入れ替えない。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:50
    2. ジェット機で患者搬送!メディカルウイング始動 トレンド◎揺れない機内で安全に、速く、遠くまで FBシェア数:96
    3. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:68
    4. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:208
    5. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
    6. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:310
    7. トライアスロン中の死亡と心停止例を分析 Ann Intern Med誌から FBシェア数:102
    8. 敗血症の新基準「qSOFA」を知っていますか 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
    9. 敗血症の早期拾い上げにqSOFAを使いこなせ! 特集◎あなたが救う敗血症《プロローグ》 FBシェア数:244
    10. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:266