日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

オラブリス洗口用顆粒11%基本情報

一般名:フッ化ナトリウム顆粒

製薬会社:昭和薬品化工

薬価・規格: - (11%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • う蝕の予防

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.毎日法:フッ化ナトリウムとして0.05〜0.1%溶液5〜10mLを用い、1日1回食後又は就寝前に洗口する
  • 2.週1回法:フッ化ナトリウムとして0.2%溶液5〜10mLを用い、週1回食後又は就寝前に洗口する
  • <洗口方法>薬液を口に含み、約30秒間薬液が十分に歯面にゆきわたるように含み洗いさせる
  • 次に薬液を十分に吐き出させる
  • 1回に口に含む液量は、年齢等による口腔の大きさを考慮して定めるが、未就学児で5mL、学童以上で7〜10mLが適当である

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 飲み込む恐れのある幼・小児
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 幼児・乳児
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 飲み込む恐れのある幼・小児(0歳〜14歳)

副作用

副作用

過敏症状

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 飲み込む恐れのある幼・小児

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 幼児・乳児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 禁止
    • 飲み込む恐れのある幼・小児(0歳〜14歳)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    う蝕の予防。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.毎日法:フッ化ナトリウムとして0.05〜0.1%溶液5〜10mLを用い、1日1回食後又は就寝前に洗口する。
    2.週1回法:フッ化ナトリウムとして0.2%溶液5〜10mLを用い、週1回食後又は就寝前に洗口する。
    <洗口方法>
    薬液を口に含み、約30秒間薬液が十分に歯面にゆきわたるように含み洗いさせる。次に薬液を十分に吐き出させる。1回に口に含む液量は、年齢等による口腔の大きさを考慮して定めるが、未就学児で5mL、学童以上で7〜10mLが適当である。
    <用法及び用量に関連する使用上の注意>
    1.使用に際しては間違いなく洗口ができることを確認してから使用させる(洗口ができない場合には、水で洗口を練習させる)。飲み込む恐れのある幼・小児には使用しない。
    2.飲み込まないようよく指導する。
    3.顆粒のままでは劇薬であるので、必ず洗口液をつくり使用するよう指導する。また、指定した使用量を守るよう指導する。
    4.使用方法(洗口液の作り方、洗口方法)については十分に保護者に対して説明し、家庭での幼・小児の洗口は保護者の監督下で行わせる。
    5.洗口液の調製法:本剤は易溶性顆粒であり、水を加えて軽くふりまぜることにより容易に溶解して微かにピンク色の洗口液となる。
    1).本剤1包1.5g、毎日法(水の量300mL)の場合:洗口液のフッ化ナトリウム濃度0.055%、フッ化物イオン濃度約250ppm、1mL中のフッ化ナトリウム量0.55mg。
    2).本剤1包1.5g、毎日法(水の量167mL)の場合:洗口液のフッ化ナトリウム濃度0.099%、フッ化物イオン濃度約450ppm、1mL中のフッ化ナトリウム量0.99mg。
    3).本剤1包1.5g、週1回法(水の量83mL)の場合:洗口液のフッ化ナトリウム濃度0.199%、フッ化物イオン濃度約900ppm、1mL中のフッ化ナトリウム量1.99mg。
    4).本剤1包6g、週1回法(水の量332mL)の場合:洗口液のフッ化ナトリウム濃度0.199%、フッ化物イオン濃度約900ppm、1mL中のフッ化ナトリウム量1.99mg。
    6.洗口の方法:
    1).調製した洗口液から1回量を量り取る。
    2).口に含み、約30秒間洗口液が十分に歯面にゆきわたるように、口を閉じ頬を動かす「ブクブクうがい」を行う(添付文書の洗口図参照)。
    3).洗口は、嚥下を避ける目的で、下を向いて行う(添付文書の洗口図参照)。
    7.洗口時の注意:
    1).洗口の前には、歯をみがくか、水で口をすすぐ。
    2).洗口液1回の量は一度で口に含むこととし、口に含めなかった洗口液は捨てる。
    3).洗口後の洗口液は十分に吐き出す。
    4).洗口後30分間はうがいや飲食物をとらないようにする。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は、使用成績調査等の副作用の発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    その他の副作用:次の副作用が現れた場合には、洗口を中止するなど、適切な処置を行う。
    過敏症:(頻度不明)過敏症状。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (重要な基本的注意)
    1.歯科医師の指導により使用する。
    2.誤って飲用し、嘔吐、腹痛、下痢などの急性中毒症状を起こした場合には、牛乳、グルコン酸カルシウムなどのカルシウム剤を応急的に服用させ、医師の診療を受けさせる。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊娠中及び授乳中の使用に関する安全性は確立していない。
    (過量投与)
    歯の形成期〜萌出期にあたる6歳未満の小児が繰り返し誤飲した場合、フッ化物の過量摂取による斑状歯が発現する可能性がある。
    (取扱い上の注意)
    1.オラブリス洗口用顆粒11%の溶解・洗口液の保存にはプラスチック製容器を使用する(ガラス容器はフッ化物によって腐食する)。
    2.洗口液は使用後すぐにフタを閉める。
    3.洗口液は、冷蔵庫に保管する。
    4.子供が誤って飲まないように保管する。
    5.洗口液の外観に変化が見られた場合には、その洗口液は捨て、よく洗った容器に新しい洗口液を作る。
    6.安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、オラブリス洗口用顆粒11%は室温保存において3年間安定であることが推測された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
    2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
    3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
    4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
    5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
    6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
    7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
    8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
    9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
    10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55