日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

歯科用ホルマリンクレゾール基本情報

一般名:ホルマリン・クレゾール液

製薬会社:日本歯科薬品

薬価・規格: - (1mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 根管の消毒

注意すべき副作用詳しく見る

アナフィラキシーショック

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 適量を根管内へ挿入し、仮封する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

重大な副作用

アナフィラキシーショック

上記以外の副作用

過敏症状血圧低下呼吸困難蕁麻疹そう痒

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 患歯根尖部炎症性病巣
    • 患歯根端部炎症性病巣

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
塩化鉄<3>液 薬効が減じる
酸化クロム<6>液 薬効が減じる
硝酸銀液 薬効が減じる

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    根管の消毒。

    用法・用量(添付文書全文)

    適量を根管内へ挿入し、仮封する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    1.重大な副作用
    ショック、アナフィラキシー(頻度不明):ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、蕁麻疹、そう痒、呼吸困難、血圧低下等の異常が認められた場合には、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用
    過敏症(頻度不明):過敏症状が現れることがあるので、このような場合には、使用を中止し、適切な処置を行う。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    患歯根端部炎症性病巣(患歯根尖部炎症性病巣)のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    本剤は、組織刺激性が強いため、歯根膜炎を起こすことがあるので、注意して使用する。
    (相互作用)
    併用注意:本剤を塩化鉄<3>液、酸化クロム<6>液、硝酸銀液等と併用する場合には、変色又は沈殿を生じ、薬効が減じるので注意する。
    (適用上の注意)
    1.軟組織に対し局所作用を現す恐れがあるので、口腔粘膜等に付着させないよう配慮する(したがって、使用に際しては、ラバーダム防湿等を行う)。
    2.本剤が口腔粘膜や皮膚等に付着した場合は、直ちに水洗させる。本剤が皮膚等に付着したまま放置すると、炎症を起こし、化学的損傷を生じることがあるので、その場合は火傷の治療に準じて処置するか、皮膚科医に相談する。
    3.本剤は、歯科用にのみ使用する。
    (取扱い上の注意)
    1.使用後は密栓し、直射日光を避けて保管する。
    2.眼に入った場合は、直ちに多量の水で15分以上洗い流し、なお異常を認める場合は眼科医に相談する。
    3.衣服等についた場合は、においが残ったり、シミになったりすることがあるので、直ちに洗剤等で洗う。
    (保管上の注意)
    遮光・気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
    2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
    4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
    5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
    6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
    7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
    8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
    9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
    10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
    医師と医学研究者におすすめの英文校正