日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

キャナルクリーナー歯科用液10%基本情報

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • う窩の消毒
  • 根管の消毒
  • 根管の内容物の溶解
  • 根管の清掃
  • う窩の清掃
  • う窩の内容物の溶解

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 次亜塩素酸ナトリウムとして、0.05〜0.2mLを用いる
  • 貼付の場合:根管拡大後、本剤を小綿球に十分浸し根管内に貼付する
  • 洗盪の場合:根管口を拡大後、本剤を注入しながらリーマー及びファイルで根端孔部まで拡大し、ついで本剤を根管内に満たし、探針で洗盪する

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    う窩及び根管の清掃・消毒及び内容物の溶解。

    用法・用量(添付文書全文)

    次亜塩素酸ナトリウムとして、0.05〜0.2mLを用いる。
    貼付の場合:根管拡大後、本剤を小綿球に十分浸し根管内に貼付する。
    洗盪の場合:根管口を拡大後、本剤を注入しながらリーマー及びファイルで根端孔部まで拡大し、ついで本剤を根管内に満たし、探針で洗盪する。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    1.注入器を用いて洗浄する場合、急激な圧力がかかると気腫を起こすことがあるので注意する。
    2.本剤使用後は根管内を脱脂綿で清拭する。
    3.中和剤としてオキシドールを用いる場合には、必ずオキシドールをあとから使用する。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (使用上の注意)
    1.腐食性があるので、口腔粘膜や皮膚等に付着させたり、眼に入らないよう十分に注意する。
    2.口腔粘膜等の軟組織、手指及び衣服等に付着した場合には、オキシドールを浸した脱脂綿で清拭し、十分に水洗する(万一眼に入った場合は、直ちに多量の水で洗浄する等の適切な処置を行う)。
    3.歯科用にのみ使用する。
    (取扱上の注意)
    1.長く静置しておくと懸濁剤が沈殿している場合があるので、よく振ってから使用する(外キャップがしっかりと閉まっていることを確認してから振る)。
    2.容器の内圧が高くなっている場合があるので、ふたを開けるときは注意して開ける。
    3.本剤が出にくい場合は無理に押さない。目詰まりを起こしている場合がある。
    4.目詰まりを起こしている場合は次の点に注意する。
    1).目詰まりを起こしている場合は詰まった状態で容器を押さない(本剤が飛び散ることがある)。
    2).目詰まりを起こしている場合は目詰まりを取り除いてから使用する。
    5.容器を強い圧力で押さない。
    6.容器を上に向けた状態で押さない。
    7.本剤は光によって徐々に変化する。
    8.安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(15℃±2℃、1年間)の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、本剤は冷所保存下の市場流通下において1年間安定であることが確認された。
    (保管上の注意)
    気密容器、冷暗所。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 病室でトコジラミ発見!入院患者をどう守る? リポート◎患者への被害を寸前で防いだ信州大学病院の危機対応 FBシェア数:182
    2. 57歳男性。息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
    3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:163
    4. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:126
    5. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:156
    6. 新専門医制度、期待と不安の中で8400人が船出 特集◎走り出した新専門医制度《プロローグ》 FBシェア数:27
    7. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:51
    8. サブスペシャリティー専門医はどう取るの? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-1》 FBシェア数:50
    9. 精神科単科病院を取り巻く差別の可視化 その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:53
    10. 患者さんの死で気づいた診療所の役割 うさコメント! FBシェア数:27
    医師と医学研究者におすすめの英文校正