基本情報

薬効分類

活性型ビタミンD3製剤(外用薬)詳しく見る

  • 乾癬の症状が出ている皮膚の細胞増殖を抑え、皮膚の赤みや盛りあがり、かさぶたが剥がれ落ちるなどの症状を和らげる薬
活性型ビタミンD3製剤(外用薬)の代表的な商品名
  • ボンアルファ
  • ドボネックス
  • オキサロール

効能・効果詳しく見る

  • 尋常性乾癬

注意すべき副作用詳しく見る

発赤紅斑接触性皮膚炎高カルシウム血症急性腎不全血清カルシウム上昇血清クレアチニン上昇血清リン低下

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日2回適量を患部に塗布する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

発赤紅斑接触性皮膚炎高カルシウム血症

重大な副作用

急性腎不全血清リン低下血清カルシウム上昇血清クレアチニン上昇皮疹皮膚刺激感皮膚そう痒落屑皮膚ヒリヒリ感

上記以外の副作用

Al−P上昇BUN上昇GOT上昇GPT上昇γ−GTP上昇LDH上昇嘔吐筋力低下血清リン上昇倦怠感好中球減少食欲不振総ビリルビン上昇脱力感単球増多ALT上昇AST上昇白血球減少白血球増多皮膚色素沈着皮膚腫脹腹痛ヘモグロビン減少毛嚢炎リンパ球減少皮膚灼熱感皮膚疼痛皮膚刺激皮膚糜爛血清1α,25[OH]2D3低下尿中リン低下尿中カルシウム上昇尿中クレアチニン上昇

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 高カルシウム血症
    • 腎機能低下
  • 注意
    • 過量投与
    • 皮疹が広範囲
    • 皮膚バリア機能が低下し本剤の経皮吸収が増加

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
シクロスポリン 高カルシウム血症
ビタミンD誘導体製剤 高カルシウム血症
マキサカルシトール 高カルシウム血症
タカルシトール 高カルシウム血症
アルファカルシドール 高カルシウム血症
カルシトリオール 高カルシウム血症
ビタミンD 高カルシウム血症

飲食物との相互作用

  • ビタミンDを含むもの<きくらげ、あんこう、しらす干し、いわし、にしん など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    尋常性乾癬。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日2回適量を患部に塗布する。
    <用法及び用量に関連する使用上の注意>
    1週間に90gを超える使用は行わない。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認時までの試験における安全性評価対象例数389例中、24例(6.2%)に37件の副作用が認められた。主な副作用症状はそう痒12件(3.1%)、紅斑・発赤11件(2.8%)、刺激感・ヒリヒリ感9件(2.3%)等であった。また、臨床検査値への影響として血清1α,25(OH)2D3の低下(5件/66例、7.6%)、血清リンの低下(5件/317例、1.6%)、血清1α,25(OH)2D3の上昇(1件/66例、1.5%)等が認められた(承認時:2000年1月)。
    市販後の調査における安全性評価対象例数3,576例中、174例(4.9%)に226件の臨床検査値異常を含む副作用が認められた。主な副作用症状は紅斑・発赤58件(1.6%)、そう痒43件(1.2%)、刺激感・ヒリヒリ感36件(1.0%)、接触性皮膚炎11件(0.3%)等であった(再審査終了時)。
    1.重大な副作用
    1).高カルシウム血症(0.1%未満):高カルシウム血症及び高カルシウム血症によると考えられる臨床症状(倦怠感、脱力感、食欲不振、嘔吐、腹痛、筋力低下等)が現れることがあるので、異常が認められた場合には、使用を中止し、血清カルシウム値、尿中カルシウム値等の生化学的検査を行い、必要に応じて輸液等の処置を行う。
    2).急性腎不全(頻度不明):血清カルシウム上昇を伴った急性腎不全が現れることがあるので、血清クレアチニン上昇、BUN上昇等の異常が認められた場合には使用を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う[承認時までの試験及び市販後調査の結果]。
    1).皮膚:(1〜5%未満)紅斑・発赤、皮膚そう痒、皮膚刺激感・皮膚ヒリヒリ感、(頻度不明)皮膚糜爛、(0.1〜1%未満)接触性皮膚炎、落屑、皮疹、(0.1%未満)乾癬悪化、皮膚腫脹、皮膚色素沈着、皮膚疼痛、皮膚灼熱感、毛嚢炎[このような症状が強い場合には、使用を中止する]。
    2).肝臓:(0.1〜1%未満)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、γ−GTP上昇、LDH上昇、Al−P上昇、(0.1%未満)総ビリルビン上昇。
    3).腎臓:(0.1〜1%未満)BUN上昇、(0.1%未満)血清クレアチニン上昇、尿中クレアチニン上昇。
    4).血液:(0.1%未満)白血球減少、白血球増多、ヘモグロビン減少、リンパ球減少、単球増多、好中球減少。
    5).その他:(0.1〜1%未満)血清リン低下、血清1α,25[OH]2D3低下、(0.1%未満)尿中カルシウム上昇、血清カルシウム上昇、血清リン上昇、尿中リン低下、血清1α,25[OH]2D3上昇。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.高カルシウム血症及びその恐れのある患者[本剤の使用により更に血清カルシウム値を上昇させる可能性がある]。
    2.腎機能低下している患者[血清カルシウム値上昇させる可能性がある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤は活性型ビタミンD3製剤であり、血清カルシウム値上昇する可能性があり、また、高カルシウム血症に伴い、腎機能低下する可能性があるので、本剤の使用に際しては血清カルシウム及び腎機能(クレアチニン、BUN等)の検査を定期的(開始2〜4週後に1回、その後は適宜)に行う(なおこれらの値に異常が認められた場合には正常域に戻るまで使用を中止する)。
    2.本剤の過量投与により、又は、皮疹が広範囲にある患者及び皮膚バリア機能が低下し本剤の経皮吸収が増加する可能性がある患者では、高カルシウム血症が現れることがあるので、異常が認められた場合には、直ちに使用を中止し、血清カルシウム、尿中カルシウム等の生化学的検査による観察を行う。
    3.本剤は、通常、投与後4〜6週目までに効果が認められているので、治療にあたっては経過を十分に観察し、症状の改善がみられない場合には、漫然と使用を継続しない。
    4.本剤の密封療法(ODT)における安全性は確立していない(皮膚刺激が現れやすく、また、単純塗布に比べて皮膚からの吸収が助長され、全身性の副作用が発現しやすくなる恐れがある)。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.ビタミンD及びビタミンD誘導体(アルファカルシドール、カルシトリオール、タカルシトール、マキサカルシトール等)[高カルシウム血症が現れる恐れがある(相加作用)]。
    2.シクロスポリン[高カルシウム血症が現れる恐れがある(本剤による血清カルシウム値の上昇が、シクロスポリンによる腎機能の低下により現れやすくなる)]。
    (高齢者への使用)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、使用が過度にならないように注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への使用)
    1.妊婦等:妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない、また、動物実験(ラット)では胎盤を通じて胎仔へ移行することが認められている]。
    2.授乳婦:授乳婦への使用は避けることが望ましいが、やむを得ず使用する場合には授乳を避けさせる[動物実験(ラット)で乳汁へ移行することが認められている]。
    (小児等への使用)
    小児等に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (過量投与)
    1.過量投与時の徴候と症状:高カルシウム血症の主な症状は倦怠感、脱力感、食欲不振、嘔気、嘔吐、腹部膨満感、腹痛、頭痛、眩暈、筋肉痛、筋力低下等である。
    2.過量投与時の処置:直ちに使用を中止する(血清カルシウム、尿中カルシウム等の生化学的検査を行い、必要に応じて輸液等の処置を行う)。
    (適用上の注意)
    1.使用部位:
    1).顔面には使用しない。
    2).眼科用として使用しない。
    3).患部以外には使用しない。
    2.使用時:本剤に触れた手で、顔面、傷口等に触れないように注意する。
    3.使用後:本剤使用後、顔面等への付着を避けるため、よく手を洗う。
    4.薬剤交付時:誤用(内服等)防止のため、薬剤の保管に十分注意させる。特に、小児の手の届かない所に保存させる。万一、誤って内服した場合には、高カルシウム血症等の全身性の副作用が現れることがあるので、医療機関を受診する等、適切な処置を受けるよう指導する。
    (その他の注意)
    雌雄アルビノ無毛マウスを用いて40週間にわたり光線(キセノンランプ)照射しカルシポトリオール液剤を塗布した実験で、雄において皮膚腫瘍誘発に必要な光線照射時間の有意な短縮が認められたとの報告がある。しかし、同液剤をマウスに単独で塗布した実験では皮膚腫瘍誘発は認められていない。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
    2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
    3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
    4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
    5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
    6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
    7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
    8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
    9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
    10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79