基本情報

薬効分類

非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)詳しく見る

  • 炎症を引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、関節炎や筋肉痛などを和らげる薬
非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)の代表的な商品名
  • モーラス
  • ロキソニン
  • MS温湿布 MS冷湿布
  • ボルタレン
  • インテバン

効能・効果詳しく見る

  • 関節痛の消炎
  • 関節痛の鎮痛
  • 筋肉痛の消炎
  • 筋肉痛の鎮痛
  • 打撲の消炎
  • 打撲の鎮痛
  • 捻挫の消炎
  • 捻挫の鎮痛
  • 虫さされの鎮痛
  • 虫さされの消炎
  • 骨折痛の消炎
  • 骨折痛の鎮痛

注意すべき副作用詳しく見る

発疹発赤腫脹過敏症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日1〜数回適量を患部に塗擦する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

重大な副作用

過敏症腫脹発疹発赤

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 乳児
    • 幼児・乳児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 乳幼児(0歳〜6歳)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記における鎮痛・消炎:打撲、捻挫、筋肉痛、関節痛、骨折痛、虫さされ。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日1〜数回適量を患部に塗擦する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    過敏症:(0.1〜5%未満)発赤、発疹、腫脹等[このような症状が現れた場合には、使用を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (小児等への使用)
    乳幼児には刺激が強すぎることがあるので、慎重に使用する。
    (適用上の注意)
    1.眼又は眼の周囲に使用しない。
    2.損傷皮膚及び粘膜に使用しない。
    3.湿疹又は発疹の部位に使用しない。
    (取扱い上の注意)
    1.小児の手の届かない所に保管する。
    2.合成樹脂、塗料(家具、塗装床、アクセサリー等)、化繊、絹、皮革等に付着すると変質することがあるので注意する。
    3.直射日光、高温を避けて保管する。
    4.火気に近づけない。
    5.使用後は必ずキャップをきちんと閉める(揮発性のために薬剤がもろくなり、使用できなくなることがある)。
    (保管上の注意)
    密栓。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
    2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
    3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
    4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
    5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
    6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
    7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
    8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
    9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
    10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79