基本情報

薬効分類

非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)詳しく見る

  • 炎症を引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、関節炎や筋肉痛などを和らげる薬
非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)の代表的な商品名
  • モーラス
  • ロキソニン
  • MS温湿布 MS冷湿布
  • ボルタレン
  • インテバン

効能・効果詳しく見る

  • 関節痛の消炎
  • 関節痛の鎮痛
  • 筋肉痛の消炎
  • 筋肉痛の鎮痛
  • 打撲の消炎
  • 打撲の鎮痛
  • 捻挫の消炎
  • 捻挫の鎮痛
  • 虫さされの消炎
  • 虫さされの鎮痛
  • 骨折痛の消炎
  • 骨折痛の鎮痛

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症発赤発疹腫脹

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日1〜数回適量を患部に塗擦する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

過敏症発赤発疹腫脹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 乳児
    • 幼児・小児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 乳幼児(0歳〜6歳)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記における鎮痛・消炎:打撲、捻挫、筋肉痛、関節痛、骨折痛、虫さされ。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日1〜数回適量を患部に塗擦する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    過敏症:(0.1〜5%未満)発赤、発疹、腫脹等[このような症状が現れた場合には、使用を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (小児等への使用)
    乳幼児には刺激が強すぎることがあるので、慎重に使用する。
    (適用上の注意)
    1.眼又は眼の周囲に使用しない。
    2.損傷皮膚及び粘膜に使用しない。
    3.湿疹又は発疹の部位に使用しない。
    (取扱い上の注意)
    1.小児の手の届かない所に保管する。
    2.合成樹脂、塗料(家具、塗装床、アクセサリー等)、化繊、絹、皮革等に付着すると変質することがあるので注意する。
    3.直射日光、高温を避けて保管する。
    4.火気に近づけない。
    5.使用後は必ずキャップをきちんと閉める(揮発性のために薬剤がもろくなり、使用できなくなることがある)。
    (保管上の注意)
    密栓。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:120
    2. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
    3. このままだと働き方はどんどんブラックになるよ? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:52
    4. 原因不明の慢性痛、その原因は医師の思考停止 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:41
    5. 日中で異なる高血圧基準値変更へのスタンス 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:17
    6. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:26
    7. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:20
    8. 覚醒下心臓手術は新たな選択肢となり得るか? リポート◎日本初、局所麻酔下での心臓弁手術が成功 FBシェア数:353
    9. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:34
    10. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
    医師と医学研究者におすすめの英文校正