日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

フエナゾールクリーム5%基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:ウフェナマートクリーム

製薬会社:マイランEPD

薬価・規格: 19.6円(5%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

非ステロイド性抗炎症薬(皮膚疾患治療薬・外用薬)詳しく見る

  • 抗炎症作用などにより、皮膚の赤みや腫れ、痛みや痒みなどを和らげる薬
非ステロイド性抗炎症薬(皮膚疾患治療薬・外用薬)の代表的な商品名
  • スタデルム ベシカム
  • コンベック フエナゾール
  • スレンダム トパルジック スルプロチン

効能・効果詳しく見る

  • アトピー皮膚炎
  • 貨幣状湿疹
  • 急性湿疹
  • 口囲皮膚炎
  • 酒さ様皮膚炎
  • 脂漏性湿疹
  • 接触皮膚炎
  • 帯状疱疹
  • 慢性湿疹
  • おむつ皮膚炎

注意すべき副作用詳しく見る

そう痒接触皮膚炎発赤丘疹潮紅皮膚乾燥皮膚刺激感過敏症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 本品の適量を1日数回患部に塗布又は貼布する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

そう痒接触皮膚炎発赤

重大な副作用

過敏症丘疹潮紅皮膚乾燥皮膚刺激感皮膚灼熱感

上記以外の副作用

腫脹皮膚糜爛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.急性湿疹、慢性湿疹、脂漏性湿疹、貨幣状湿疹。
    2.接触皮膚炎、アトピー皮膚炎、おむつ皮膚炎。
    3.酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎。
    4.帯状疱疹。

    用法・用量(添付文書全文)

    本品の適量を1日数回患部に塗布又は貼布する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総症例数1,289例中16例(1.24%)37件の副作用が報告されている。主な副作用は灼熱感9件(0.70%)、接触皮膚炎6件(0.47%)、潮紅6件(0.47%)、刺激感5件(0.39%)、発赤3件(0.23%)、そう痒3件(0.23%)等であった(再審査終了時)。
    1.過敏症:(0.1〜5%未満)発赤、そう痒、丘疹、接触皮膚炎、(0.1%未満)腫脹、潮紅等[このような場合には、使用を中止する]。
    2.皮膚:(0.1〜5%未満)皮膚刺激感、皮膚灼熱感、皮膚乾燥、(0.1%未満)皮膚糜爛等。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (適用上の注意)
    使用部位:眼科用として使用しない。
    (保管上の注意)
    遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
    2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
    3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
    5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
    7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
    8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
    9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
    10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3