基本情報

薬効分類

保湿剤詳しく見る

  • 皮膚に適度な水分を保持させ乾燥や刺激などから皮膚を守ることで湿疹などの発生や悪化を防ぐ薬
保湿剤の代表的な商品名
  • ウレパール ケラチナミン パスタロン
  • ヒルドイド
  • ザーネ
  • ユベラ軟膏

褥瘡・皮膚潰瘍治療薬詳しく見る

  • 褥瘡(床ずれ)などの皮膚潰瘍に用い、薬剤によって感染制御、壊死組織の除去、創面の修復、血管新生など作用は様々であり、創面(傷口)の状態に合わせて薬剤を使い分ける
褥瘡・皮膚潰瘍治療薬の代表的な商品名
  • ユーパスタ カデックス ヨードコート
  • ゲーベン
  • ブロメライン
  • プロスタンディン
  • フィブラスト

効能・効果詳しく見る

  • 湿疹
  • 熱傷の潰瘍
  • 熱傷の糜爛
  • その他の疾患の糜爛
  • その他の疾患の潰瘍

注意すべき副作用詳しく見る

皮膚刺激感皮膚過敏症状

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 症状により適量を1日数回塗布する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

重大な副作用

皮膚刺激感皮膚過敏症状

上記以外の副作用

接触性皮膚炎

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.湿疹。
    2.熱傷・その他の疾患による糜爛及び潰瘍。

    用法・用量(添付文書全文)

    症状により適量を1日数回塗布する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    調査総症例784例中、副作用は4例(0.51%)に認められ、いずれも熱感、そう痒感、ヒリヒリ感等皮膚の刺激症状であった(再評価結果時)。
    皮膚:(0.1〜1%未満)皮膚刺激感等の皮膚過敏症状、(頻度不明)接触性皮膚炎[使用を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者。
    (適用上の注意)
    眼科用として使用しない。
    (取扱い上の注意)
    本品の基剤は天然物由来のため、色調や稠度に多少の違いがあり、また、一部液化することもあるが、効能その他に変わりはない。
    (保管上の注意)
    遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
    2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
    3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
    4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
    5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
    6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
    7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
    8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
    9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
    10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
    医師と医学研究者におすすめの英文校正