基本情報

薬効分類

副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬など)詳しく見る

  • 抗炎症作用や免疫抑制作用などにより、皮膚炎などにおける湿疹、痒み、赤みなどを和らげる薬
副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬など)の代表的な商品名
  • ロコイド
  • リンデロン
  • ネリゾナ
  • アンテベート
  • デルモベート

効能・効果詳しく見る

  • 悪性リンパ腫
  • 肉芽腫症
  • 円形脱毛症
  • 皮膚アミロイドーシス
  • 乾癬
  • 毛孔性紅色粃糠疹
  • 菌状息肉症
  • ケロイド
  • 紅皮症
  • 紅斑症
  • 固定蕁麻疹
  • サルコイドーシス
  • 湿疹・皮膚炎群
  • 掌蹠膿疱症
  • 進行性指掌角皮症
  • 蕁麻疹様苔癬
  • ストロフルス
  • ダリエ遠心性環状紅斑
  • 中毒疹
  • 天疱瘡群
  • デューリング疱疹状皮膚炎
  • 肥厚性瘢痕
  • ビダール苔癬
  • 虫さされ
  • 痒疹群
  • 薬疹
  • 類天疱瘡
  • マヨッキー紫斑
  • シャンバーグ病
  • 特発性色素性紫斑
  • 慢性円板状エリテマトーデス
  • 扁平紅色苔癬
  • 環状肉芽腫
  • 遠心性丘疹性紅斑
  • ヘイリーヘイリー病
  • 紫斑性色素性苔癬様皮膚炎
  • 多形滲出性紅斑

注意すべき副作用詳しく見る

白内障緑内障後嚢白内障毛細血管拡張眼圧亢進

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日1〜数回、適量を塗布する
    • なお、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • ウイルス皮膚感染症
    • 疥癬
    • 過敏症
    • けじらみ
    • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎
    • 第2度深在性以上の熱傷
    • 動物性皮膚疾患
    • スピロヘータ皮膚感染症
    • 細菌皮膚感染症
    • 真菌皮膚感染症
    • 第2度深在性以上の凍傷
    • 潰瘍<ベーチェット病は除く>
    • 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 幼児・乳児
    • 乳児
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 乳児(0日〜364日)
    • 新生児(0日〜27日)
    • 低出生体重児(0日〜27日)
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)

副作用

主な副作用

白内障緑内障

重大な副作用

眼圧亢進後嚢白内障毛細血管拡張

上記以外の副作用

過敏症皮膚感染症丘疹急性副腎皮質機能不全魚鱗癬様皮膚変化口囲皮膚炎紅斑酒さ様皮膚炎ざ瘡様発疹紫斑ステロイド皮膚せつ多毛伝染性膿痂疹膿疱皮膚萎縮皮膚乾燥皮膚カンジダ症皮膚真菌症毛嚢炎下垂体・副腎皮質系機能抑制皮膚色素脱失皮膚ウイルス感染症皮膚細菌感染症皮膚白癬ほほに潮紅口囲潮紅一過性皮膚刺激感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • ウイルス皮膚感染症
    • 疥癬
    • 過敏症
    • けじらみ
    • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎
    • 第2度深在性以上の熱傷
    • 動物性皮膚疾患
    • スピロヘータ皮膚感染症
    • 細菌皮膚感染症
    • 真菌皮膚感染症
    • 第2度深在性以上の凍傷
    • 潰瘍<ベーチェット病は除く>
  • 原則禁止
    • 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎
  • 注意
    • 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎
  • 投与に際する指示
    • 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 幼児・乳児
    • 乳児
  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 禁止
    • 乳児(0日〜364日)
    • 新生児(0日〜27日)
    • 低出生体重児(0日〜27日)
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

外用ステロイド/very strongこの薬をファーストチョイスする理由(2017年7月更新)もっと見る

  • ・リンデロンはいろいろ種類があるのでなんとなく親しみがある。(50歳代開業医、産科・婦人科)
  • ・適応が広く、スタッフにも患者さん自身にもなじみが深いので処方しやすい。(30歳代病院勤務医、一般内科)
  • ・VGが使いやすいから。(40歳代病院勤務医、循環器内科)

外用ステロイド/very strongこの薬をファーストチョイスする理由(2016年3月更新)もっと見る

  • ・EGFRチロシンキナーゼ阻害薬による皮膚障害に対して頻繁に処方している。(40歳代病院勤務医、呼吸器内科)
  • ・リンデロンは知名度高いから。(40歳代病院勤務医、泌尿器科)
  • ・ワセリンベースで使い心地が良い。(60歳代開業医、小児科)
  • ・亀頭包皮炎で頻用。(30歳代病院勤務医、泌尿器科)
  • ・苔癬化した湿疹など皮膚が厚くなっている皮疹によく使う。(40歳代病院勤務医、精神科)
  • ・どの患者さんに処方しても、効果を実感してもらえるし、副作用も経験していないので。(50歳代開業医、一般内科)
  • ・これしか使ったことがないが、すこしべたつく。(50歳代病院勤務医、消化器内科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症、紅皮症、薬疹・中毒疹、虫さされ、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑、遠心性丘疹性紅斑)、慢性円板状エリテマトーデス、扁平紅色苔癬、毛孔性紅色粃糠疹、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーグ病、紫斑性色素性苔癬様皮膚炎)、肥厚性瘢痕・ケロイド、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、皮膚アミロイドーシス、天疱瘡群(ヘイリーヘイリー病を含む)、類天疱瘡(デューリング疱疹状皮膚炎を含む)、円形脱毛症。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日1〜数回、適量を塗布する。なお、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障:眼瞼皮膚への使用に際しては眼圧亢進、緑内障、白内障を起こすことがあるので注意する。大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、緑内障、後嚢白内障等が現れることがある。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).過敏症:紅斑等が現れた場合は、使用を中止する。
    2).皮膚感染症:皮膚細菌感染症(伝染性膿痂疹、毛嚢炎・せつ等)、皮膚真菌症(皮膚カンジダ症、皮膚白癬等)及び皮膚ウイルス感染症が現れることがある[密封法(ODT)の場合に起こりやすい]ので、このような症状が現れた場合には、適切な抗菌剤、抗真菌剤等を併用し、症状が速やかに改善しない場合には、本剤の使用を中止する。
    3).その他の皮膚症状:長期連用により、ざ瘡様発疹、酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎(ほほに潮紅、口囲潮紅等、丘疹、膿疱、毛細血管拡張)、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑)、多毛、皮膚色素脱失等が現れることがあるので、このような症状が現れた場合にはその使用を差し控え、副腎皮質ホルモンを含有しない薬剤に切り替える。また、魚鱗癬様皮膚変化、一過性皮膚刺激感、皮膚乾燥が現れることがある。
    4).下垂体・副腎皮質系機能:大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、下垂体・副腎皮質系機能抑制を来すことがあるので注意する。また、大量又は長期にわたる広範囲の使用において、投与中止、密封法(ODT)において、投与中止により急性副腎皮質機能不全に陥る危険性があるため、投与を中止する際は患者の状態を観察しながら徐々に減量する。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.細菌皮膚感染症・真菌皮膚感染症・スピロヘータ皮膚感染症・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみ等)[これらの疾患が増悪する恐れがある]。
    2.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    3.鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎[穿孔部位の治癒の遅延及び感染の恐れがある]。
    4.潰瘍<ベーチェット病は除く>、第2度深在性以上の熱傷・第2度深在性以上の凍傷[皮膚の再生が抑制され、治癒が遅延する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないことを原則とするが、やむを得ず使用する必要がある場合には、あらかじめ適切な抗菌剤(全身適用)、抗真菌剤による治療を行うか、又はこれらとの併用を考慮する。
    2.皮膚萎縮、ステロイド潮紅等の局所的副作用が発現しやすいので、特に顔面、頚、陰部、間擦部位の皮疹への使用には、適応症、症状の程度を十分考慮する。
    3.大量又は長期にわたる広範囲の使用[特に密封法(ODT)]により、副腎皮質ホルモン剤を全身投与した場合と同様な症状が現れることがあるので、特別な場合を除き長期大量使用や密封法(ODT)を極力避ける。
    4.本剤の使用により症状の改善がみられない場合又は症状の悪化をみる場合は、使用を中止する。
    5.症状改善後は、速やかに他のより緩和な局所療法に転換する。
    (高齢者への使用)
    一般に高齢者では副作用が現れやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用に際しては特に注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への使用)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては使用しないことが望ましい[動物試験(マウス、ウサギ)で催奇形作用が報告されている]。
    (小児等への使用)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児では、長期・大量使用又は密封法(ODT)は発育障害を来す恐れがあるので避ける。また、おむつは密封法(ODT)と同様の作用があるので注意する。
    (適用上の注意)
    1.使用部位:眼科用として使用しない。
    2.使用時:化粧下、ひげそり後等に使用することがないよう注意する。
    (その他の注意)
    乾癬患者に長期・大量使用した場合、治療中あるいは治療中止後に乾癬性紅皮症、膿疱性乾癬等がみられたとの報告がある。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、39カ月)の結果、ヒズボット軟膏0.064%及びヒズボットクリーム0.064%は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。
    (保管上の注意)
    遮光・気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
    2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
    3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
    4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
    5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
    6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
    7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
    8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
    9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
    10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55