日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

テラジアパスタ5%基本情報

準先発品

一般名:スルファジアジン軟膏

製薬会社:ニプロファーマ

薬価・規格: 3.2円(5%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 外傷の二次感染
  • 潰瘍の二次感染
  • 手術創の二次感染
  • 熱傷の二次感染
  • 糜爛の二次感染
  • 深在性皮膚感染症
  • 表在性皮膚感染症

注意すべき副作用詳しく見る

発赤腫脹過敏症発疹光線過敏症菌交代現象化膿性感染症全身投与の場合と同様な副作用

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 症状により適量を1日1〜数回直接患部に塗布又は無菌ガーゼにのばして貼付する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

発赤腫脹過敏症発疹光線過敏症菌交代現象化膿性感染症全身投与の場合と同様な副作用

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • エリテマトーデス
    • 光線過敏症
    • 薬物過敏症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、糜爛・潰瘍の二次感染。

    用法・用量(添付文書全文)

    症状により適量を1日1〜数回直接患部に塗布又は無菌ガーゼにのばして貼付する。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    副作用発生状況の概要:総症例971例中軽度発赤、腫脹0.2%(2件)及び刺激症状としての潮紅0.1%(1件)が報告されている[文献集計による(再審査対象外)]。
    1.過敏症(頻度不明):発疹、発赤、腫脹、光線過敏症等が現れることがあるので、このような場合には使用を中止する。
    2.菌交代現象(頻度不明):スルファジアジン耐性菌又は非感受性菌による化膿性感染症が現れることがあるので、このような場合には使用を中止する。
    3.その他(頻度不明):内服、注射等全身投与の場合と同様な副作用が現れることがあるので、長期使用は避ける。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    サルファ剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.薬物過敏症の既往歴のある患者。
    2.光線過敏症の既往歴のある患者[光線過敏症が現れることがある]。
    3.エリテマトーデスの患者[症状が悪化することがある]。
    (重要な基本的注意)
    感作される恐れがあるので、観察を十分に行い、感作されたことを示す徴候(そう痒、発赤、腫脹、丘疹、小水疱等)が現れた場合には、使用を中止する。
    (適用上の注意)
    投与方法:眼科用として使用しない。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
    2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
    3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
    4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
    5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
    6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
    7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
    8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
    9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
    10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
    医師と医学研究者におすすめの英文校正