日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

消毒用ミツマルアルコール基本情報

一般名:エタノール液

製薬会社:サンケミファ

薬価・規格: 4.3円(10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 皮膚の消毒
  • 手指の消毒
  • 医療機器の消毒

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症発疹皮膚刺激症状

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • そのまま塗擦、清浄用として用いる

副作用

主な副作用

過敏症発疹皮膚刺激症状

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    手指・皮膚の消毒、医療機器の消毒。

    用法・用量(添付文書全文)

    そのまま塗擦、清浄用として用いる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.過敏症:(頻度不明)発疹等[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。
    2.皮膚:(頻度不明)皮膚刺激症状[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    損傷皮膚及び粘膜[損傷皮膚及び粘膜への使用により、刺激作用を有する]。
    (重要な基本的注意)
    1.眼に入らないように注意する(眼に入った場合には直ちに水でよく洗い流す)。
    2.広範囲又は長期間使用する場合には、蒸気の吸入に注意する[エタノール蒸気に大量又は繰り返しさらされた場合、粘膜への刺激、頭痛等を起こすことがある]。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    注射部位に発赤を起こすことがあるので、アレルギーテストの判断を妨害することがある。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:外用にのみ使用する。
    2.使用時:
    1).同一部位(皮膚面)に反復使用した場合には、脱脂等による皮膚荒れを起こすことがあるので注意する。
    2).本剤は血清、膿汁等の蛋白質を凝固させ、内部にまで浸透しないことがあるので、これらが付着している医療器具等に用いる場合には、十分に洗い落としてから使用する。
    3).合成ゴム製品、合成樹脂製品、光学器具、鏡器具、塗装カテーテル等には、変質するものがあるので、このような器具は長時間浸漬しない。
    4).本剤は、引火性、爆発性があるため、火気(電気メス使用等も含む)には十分注意する。また、電気メスを使用する場合は、乾燥させてから使用する。
    (取扱い上の注意)
    1.本剤は紫外線により退色することがあるので注意する。
    2.飲用不可。
    3.折りたたんで廃棄しやすいボトルを採用。溝のある方をつぶす。溝にそってたたむときちんとたためて空気も入らない。
    4.つぶせるボトルなので寒冷時には、へこみ等、変形することがあるが品質には変わりなく使える。
    (保管上の注意)
    気密容器に入れ、火気を避けて保存。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
    2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
    3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
    4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
    5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
    6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
    7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
    8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
    9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
    10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
    医師と医学研究者におすすめの英文校正