日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

グルコン酸クロルヘキシジン液20%「ヤクハン」基本情報

一般名:クロルヘキシジングルコン酸塩液

製薬会社:ヤクハン製薬

薬価・規格: 41.2円(20%10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 病室の消毒
  • 物品の消毒
  • 手術部位の皮膚の消毒
  • 外陰の皮膚の消毒
  • 外性器の皮膚の消毒
  • 皮膚の消毒
  • 皮膚の創傷部位の消毒
  • 家具の消毒
  • 器具の消毒
  • 結膜嚢の消毒
  • 結膜嚢の洗浄
  • 手指の消毒
  • 手術室の消毒
  • 手術野の皮膚の消毒
  • 医療機器の消毒

注意すべき副作用詳しく見る

アナフィラキシーショック蕁麻疹

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 手指・皮膚の消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.1〜0.5%水溶液を用いる
  • 手術部位(手術野)の皮膚の消毒及び医療機器の消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.1〜0.5%水溶液又は0.5%エタノール溶液を用いる
  • 皮膚の創傷部位の消毒及び手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.05%水溶液を用いる
  • 結膜嚢の洗浄・消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.05%以下の水溶液を用いる
  • 産婦人科・泌尿器科における外陰・外性器の皮膚消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.02%水溶液を用いる
  • (参考)本品は次記の濃度(クロルヘキシジングルコン酸塩として)に希釈し、水溶液又はエタノール溶液として使用する
  • 1.手指・皮膚の消毒:0.1〜0.5%水溶液(本剤希釈倍数40〜200倍)
  • 2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒、医療機器の消毒:0.1〜0.5%水溶液(本剤希釈倍数40〜200倍)又は0.5%エタノール溶液(本剤希釈倍数40倍)
  • 3.皮膚の創傷部位の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:0.05%水溶液(本剤希釈倍数400倍)
  • 4.結膜嚢の洗浄・消毒:0.05%以下の水溶液(本剤希釈倍数400倍以上)
  • 5.産婦人科・泌尿器科における外陰・外性器の皮膚消毒:0.02%水溶液(本剤希釈倍数1000倍)

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

重大な副作用

アナフィラキシーショック蕁麻疹

上記以外の副作用

過敏症血圧低下呼吸困難発疹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • アレルギー疾患
    • 喘息
    • 薬物過敏症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.手指・皮膚の消毒、手術部位(手術野)の皮膚の消毒、皮膚の創傷部位の消毒、医療機器の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒。
    2.結膜嚢の洗浄・消毒、産婦人科・泌尿器科における外陰・外性器の皮膚消毒。

    用法・用量(添付文書全文)

    手指・皮膚の消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.1〜0.5%水溶液を用いる。
    手術部位(手術野)の皮膚の消毒及び医療機器の消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.1〜0.5%水溶液又は0.5%エタノール溶液を用いる。
    皮膚の創傷部位の消毒及び手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.05%水溶液を用いる。
    結膜嚢の洗浄・消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.05%以下の水溶液を用いる。
    産婦人科・泌尿器科における外陰・外性器の皮膚消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.02%水溶液を用いる。
    (参考)
    本品は次記の濃度(クロルヘキシジングルコン酸塩として)に希釈し、水溶液又はエタノール溶液として使用する。
    1.手指・皮膚の消毒:0.1〜0.5%水溶液(本剤希釈倍数40〜200倍)。
    2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒、医療機器の消毒:0.1〜0.5%水溶液(本剤希釈倍数40〜200倍)又は0.5%エタノール溶液(本剤希釈倍数40倍)。
    3.皮膚の創傷部位の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:0.05%水溶液(本剤希釈倍数400倍)。
    4.結膜嚢の洗浄・消毒:0.05%以下の水溶液(本剤希釈倍数400倍以上)。
    5.産婦人科・泌尿器科における外陰・外性器の皮膚消毒:0.02%水溶液(本剤希釈倍数1000倍)。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用
    ショック、アナフィラキシー(頻度不明):ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので観察を十分に行い、血圧低下、蕁麻疹、呼吸困難等が現れた場合は、直ちに使用を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    過敏症:発疹、蕁麻疹等[このような症状が現れた場合には直ちに使用を中止し、再使用しない]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.クロルヘキシジン製剤に対し過敏症の既往歴のある者。
    2.脳、脊髄、耳(内耳、中耳、外耳)[聴神経及び中枢神経に対して直接使用した場合は、難聴、神経障害を来すことがある]。
    3.膣、膀胱、口腔等の粘膜面[クロルヘキシジン製剤の前記部位への使用により、ショック、アナフィラキシーの症状の発現が報告されている]。
    (慎重投与)
    1.薬物過敏症の既往歴のある者。
    2.喘息等のアレルギー疾患の既往歴、家族歴のある者。
    (重要な基本的注意)
    1.ショック、アナフィラキシー等の反応を予測するため、使用に際してはクロルヘキシジン製剤に対する過敏症の既往歴、薬物過敏体質の有無について十分な問診を行う。
    2.本剤は必ず希釈し、濃度に注意して使用する。
    3.創傷部位又は結膜嚢に使用する希釈水溶液は、調製後必ず滅菌処理する。
    4.結膜嚢等特に敏感な組織に使用しなければならない場合には、濃度に注意し、使用後滅菌精製水で水洗する。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:外用にのみ使用する。
    2.使用時:
    1).原液や高濃度液が眼に入らないように注意する(眼に入った場合は直ちによく水洗する)。
    2).注射器、カテーテル等の神経や粘膜面に接触する可能性のある器具を本剤で消毒した場合は、滅菌精製水でよく洗い流した後使用する。
    3).本剤の付着したカテーテルを透析に用いると、透析液の成分により難溶性の塩を生成することがあるので、本剤で消毒したカテーテルは、滅菌精製水でよく洗い流した後使用する。
    4).血清・膿汁等の有機性物質は殺菌作用を減弱させるので、これらが付着している場合には十分に洗い落としてから使用する。
    5).石鹸類は本剤の殺菌作用を減弱させるので、予備洗浄に用いた石鹸分を十分に洗い落としてから使用する。
    6).綿球・ガーゼ等は本剤を吸着するので、これらを希釈液に浸漬して用いる場合には、有効濃度以下にならないよう注意する。
    7).本剤のエタノール溶液で術野消毒後、処理の前に乾燥させておく[電気メス等による発火事故が報告されている]。
    8).溶液の状態で長時間皮膚と接触させた場合に皮膚化学熱傷を起こしたとの報告があるので、注意する。
    (その他の注意)
    クロルヘキシジングルコン酸塩製剤の投与によりショック症状を起こした患者のうち、数例について血清中にクロルヘキシジンに特異的なIgE抗体が検出されたとの報告がある。
    (取扱上の注意)
    1.本剤は外用剤であるので、経口投与や注射をしない。誤飲した場合には、牛乳、生卵、ゼラチン等を用いて、胃洗浄を行うなど適切な処置を行う。誤って静注した場合には溶血反応を防ぐために、輸血等を行う。
    2.本剤の希釈に常水を用いる場合、その中に含まれる硫酸イオン等の濃度により、白色の沈殿を生じることがあるので、希釈水溶液を調製する場合は、精製水を用いることが望ましい。また、本剤の希釈に生理食塩液等を用いる場合、その中に含まれる陰イオンにより難溶性の塩を生成することがあるので、希釈水溶液を調製する場合は生理食塩液等を用いない。
    3.本剤の希釈水溶液のpHが8以上の場合は、沈殿を生じる。
    4.本剤を取り扱う容器類は常に清浄なものを使用し、希釈水溶液は調製後直ちに使用する(水や容器は微生物汚染を受けやすく、まれに消毒液に抵抗性を示す微生物が含まれることがある)。
    5.手洗い等に使用する本剤の希釈溶液は、少なくとも毎日新しい溶液と取り替える。
    6.本剤の希釈水溶液は比較的安定であるが、高温に長時間保つことは避ける。(高圧蒸気滅菌を行う場合には、115℃30分、121℃20分、126℃15分で滅菌処理することができる)。
    7.本剤の希釈水溶液は調製後直ちに使用し、やむを得ず消毒用綿球等に長時間使用する希釈水溶液は微生物汚染を防止するために、希釈水溶液にアルコールを添加することが望ましい。(エタノールの場合7vol%以上、イソプロパノールの場合4vol%以上になるように添加する)。
    8.医療機器類を浸漬消毒(又は保存)する場合は、腐食を防止するために、高濃度希釈液(目安として本剤0.3%以上)を使用し、微生物汚染を防止するために、希釈水溶液にアルコールを添加することが望ましい(アルコール添加量は前記7.と同じ)。
    9.本剤の付着した白布を直接、次亜塩素酸塩で漂白すると褐色のしみを生じることがあるので、漂白剤としては過炭酸ナトリウム等の酸素系漂白剤が適当である。
    (保管上の注意)
    遮光した気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:225
    3. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:150
    4. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:117
    5. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:76
    6. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:78
    7. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:65
    8. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:140
    9. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:252
    10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:91
    医師と医学研究者におすすめの英文校正