日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ホルマリン恵美須基本情報

一般名:ホルマリン

製薬会社:恵美須薬品化工

薬価・規格: 8.8円(10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 感染根管の消毒
  • 病室の消毒
  • 物品の消毒
  • 医療用具の消毒
  • 家具の消毒
  • 器具の消毒
  • 手術室の消毒

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.医療用具の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:使用対象により、次のいずれかの方法を用いる
  • 1).ホルムアルデヒド1〜5%溶液による浸漬、又は清拭を行い、2時間以上放置する
  • 2).ガス消毒法:気密容器中あるいは密閉環境内において、容積1m3に対しホルマリン15mL以上(ホルムアルデヒドとして6g以上)を水40mL以上とともに噴霧又は蒸発させ、7〜24時間又はそれ以上放置する
  • 蒸発を速めるためには、ホルマリン15mL以上を希釈(5〜10%)し加熱沸騰させる方法、ホルマリン15mL以上に対し水40mL以上及び過マンガン酸カリウム18〜20gを加える方法などを用いる
  • 2.歯科領域における感染根管の消毒:原液にクレゾール等を加えて用いる

副作用

副作用

歯根膜炎

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.医療用具の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒。
    2.歯科領域における感染根管の消毒。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.医療用具の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:使用対象により、次のいずれかの方法を用いる。
    1).ホルムアルデヒド1〜5%溶液による浸漬、又は清拭を行い、2時間以上放置する。
    2).ガス消毒法:気密容器中あるいは密閉環境内において、容積1m3に対しホルマリン15mL以上(ホルムアルデヒドとして6g以上)を水40mL以上とともに噴霧又は蒸発させ、7〜24時間又はそれ以上放置する。
    蒸発を速めるためには、ホルマリン15mL以上を希釈(5〜10%)し加熱沸騰させる方法、ホルマリン15mL以上に対し水40mL以上及び過マンガン酸カリウム18〜20gを加える方法などを用いる。
    2.歯科領域における感染根管の消毒:原液にクレゾール等を加えて用いる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    歯科領域の場合:歯根膜、根尖孔外に溢出した場合、歯根膜に過刺激が加わり歯根膜炎を起こすことがある。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (適用上の注意)
    1.人体に使用する場合は歯科領域にのみ使用する。
    2.誤飲を避けるため、保管及び取り扱いには十分注意する。
    3.皮膚、粘膜(目、鼻、咽喉等)に刺激作用があるので皮膚、粘膜に付着しないようにし、付着した場合には多量の水で洗い流す(目の場合は、水洗後直ちに専門医の処置を受ける)。
    4.蒸気は呼吸器等の粘膜に刺激作用があるので、吸入を避ける。
    5.消毒後、残留するホルムアルデヒドは適切な方法で除去する(例えば、水洗、アンモニア水の散布、蒸発等)。
    (保管上の注意)
    気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
    2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
    3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
    4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
    5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
    6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
    7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
    8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
    9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
    10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1