日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ウエルパス手指消毒液0.2%基本情報

一般名:ベンザルコニウム塩化物液

製薬会社:丸石製薬

薬価・規格: - (0.2%10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 手指の消毒

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.医療従事者の通常の手指消毒の場合:本剤約3mLを1回手掌にとり、乾燥するまで摩擦する
    • 但し、血清、膿汁等の有機物が付着している場合は、十分に洗い落とした後、本剤による消毒を行う
  • 2.術前・術後の術者の手指消毒の場合:手指及び前腕部を石鹸でよく洗浄し、水で石鹸分を十分洗い落とした後、本剤約3mLを手掌にとり、乾燥するまで摩擦し、更にこの本剤による消毒を2回繰り返す

副作用

副作用

過敏症紅斑刺激そう痒感浮腫皮膚刺激症状

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    医療施設における医師、看護師等の医療従事者の手指消毒。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.医療従事者の通常の手指消毒の場合:本剤約3mLを1回手掌にとり、乾燥するまで摩擦する。但し、血清、膿汁等の有機物が付着している場合は、十分に洗い落とした後、本剤による消毒を行う。
    2.術前・術後の術者の手指消毒の場合:手指及び前腕部を石鹸でよく洗浄し、水で石鹸分を十分洗い落とした後、本剤約3mLを手掌にとり、乾燥するまで摩擦し、更にこの本剤による消毒を2回繰り返す。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.過敏症:(頻度不明)紅斑、そう痒感、浮腫等[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。
    2.皮膚:(頻度不明)皮膚刺激症状[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    損傷皮膚及び粘膜[エタノールを含有するので、損傷皮膚及び粘膜への使用により、刺激作用を有する]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤は希釈せず、原液のまま使用する。
    2.本剤の使用中に誤って眼に入らないように注意する(眼に入った場合には、直ちによく水洗する)。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:手指消毒以外の目的には使用しない。
    2.使用時:
    1).反復使用した場合には、脱脂等による皮膚荒れを起こすことがあるので注意する。
    2).血清・膿汁等の有機物は殺菌作用を減弱させるので、これらが付着している場合は、十分洗い落としてから使用する。
    3).石鹸類は本剤の殺菌作用を弱めるので、予備洗浄に用いた石鹸分を十分に洗い落としてから使用する。
    4).引火性、爆発性があるため、火気には十分注意する。
    5).本剤で消毒した手指で、2.5kg以下の低出生体重児を取扱う場合、低出生体重児の皮膚がかぶれることがあるので十分注意する。
    (取扱い上の注意)
    1.飲用不可。
    2.注意
    1).手指消毒以外の目的には使用しない。
    2).本剤は希釈せずに原液のまま使用する。
    3.使用後、フィルムをはがしてキャップをはずした後、空容器を添付文書の図のようにして折り目を外側に押しつぶす(つぶした後は元に戻らない)。
    (保管上の注意)
    密栓し、火気及び直射日光を避けて保存する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
    2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
    3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
    5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
    7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
    8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
    9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
    10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1