日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

0.2W/V%ヂアミトール水基本情報

一般名:ベンザルコニウム塩化物液

製薬会社:日興製薬

薬価・規格: 5.7円(0.2%10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 膣の洗浄
  • 病室の消毒
  • 物品の消毒
  • 手術部位の粘膜の消毒
  • 手術部位の皮膚の消毒
  • 粘膜の創傷部位の消毒
  • 皮膚の消毒
  • 皮膚の創傷部位の消毒
  • 家具の消毒
  • 感染皮膚面の消毒
  • 器具の消毒
  • 結膜嚢の消毒
  • 結膜嚢の洗浄
  • 手指の消毒
  • 手術室の消毒
  • 手術野の粘膜の消毒
  • 手術野の皮膚の消毒
  • 医療機器の消毒

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.手指・皮膚の消毒:石鹸で十分に洗浄し、水で石鹸分を十分に洗い落とした後、ベンザルコニウム塩化物0.05〜0.1%溶液に浸して洗い、滅菌ガーゼあるいは布片で清拭する
  • 術前の手洗の場合には、5〜10分間ブラッシングする
  • 2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒:手術前局所皮膚面をベンザルコニウム塩化物0.1%溶液で約5分間洗い、その後ベンザルコニウム塩化物0.2%溶液を塗布する
  • 3.手術部位(手術野)の粘膜の消毒、皮膚・粘膜の創傷部位の消毒:ベンザルコニウム塩化物0.01〜0.025%溶液を用いる
  • 4.感染皮膚面の消毒:ベンザルコニウム塩化物0.01%溶液を用いる
  • 5.医療機器の消毒:ベンザルコニウム塩化物0.1%溶液に10分間浸漬するか、又は厳密に消毒する際は、器具を予め2%炭酸ナトリウム水溶液で洗い、その後ベンザルコニウム塩化物0.1%溶液中で15分間煮沸する
  • 6.手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:ベンザルコニウム塩化物0.05〜0.2%溶液を布片で塗布・清拭するか、又は噴霧する
  • 7.膣洗浄:ベンザルコニウム塩化物0.02〜0.05%溶液を用いる
  • 8.結膜嚢の洗浄・消毒:ベンザルコニウム塩化物0.01〜0.05%溶液を用いる

副作用

副作用

過敏症状そう痒感発疹

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.手指・皮膚の消毒。
    2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒。
    3.手術部位(手術野)の粘膜の消毒、皮膚・粘膜の創傷部位の消毒。
    4.感染皮膚面の消毒。
    5.医療機器の消毒。
    6.手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒。
    7.膣洗浄。
    8.結膜嚢の洗浄・消毒。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.手指・皮膚の消毒:石鹸で十分に洗浄し、水で石鹸分を十分に洗い落とした後、ベンザルコニウム塩化物0.05〜0.1%溶液に浸して洗い、滅菌ガーゼあるいは布片で清拭する。術前の手洗の場合には、5〜10分間ブラッシングする。
    2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒:手術前局所皮膚面をベンザルコニウム塩化物0.1%溶液で約5分間洗い、その後ベンザルコニウム塩化物0.2%溶液を塗布する。
    3.手術部位(手術野)の粘膜の消毒、皮膚・粘膜の創傷部位の消毒:ベンザルコニウム塩化物0.01〜0.025%溶液を用いる。
    4.感染皮膚面の消毒:ベンザルコニウム塩化物0.01%溶液を用いる。
    5.医療機器の消毒:ベンザルコニウム塩化物0.1%溶液に10分間浸漬するか、又は厳密に消毒する際は、器具を予め2%炭酸ナトリウム水溶液で洗い、その後ベンザルコニウム塩化物0.1%溶液中で15分間煮沸する。
    6.手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:ベンザルコニウム塩化物0.05〜0.2%溶液を布片で塗布・清拭するか、又は噴霧する。
    7.膣洗浄:ベンザルコニウム塩化物0.02〜0.05%溶液を用いる。
    8.結膜嚢の洗浄・消毒:ベンザルコニウム塩化物0.01〜0.05%溶液を用いる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    過敏症:発疹、そう痒感等の過敏症状(頻度不明)が現れることがあるので、このような場合には使用を中止する。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (重要な基本的注意)
    1.原液は刺激症状が現れることがあるので、皮膚・粘膜に付着しないように注意し、また、眼に入らないように注意する。原液に接触した場合には直ちに水でよく洗い流し、適切な処置を行う。
    2.炎症又は易刺激性の部位(粘膜、陰股部等)に使用する場合には、濃度に注意して、正常の部位に使用するよりも低濃度とすることが望ましい。また、炎症又は易刺激性の部位(粘膜、陰股部等)への使用後は滅菌精製水で水洗する。
    3.深い創傷又は眼に使用する希釈水溶液は、調製後滅菌処理する。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    本剤で消毒したカテーテルで採取した尿はスルホサリチル酸法による尿蛋白試験で偽陽性を示すことがある。
    (適用上の注意)
    1.人体
    1).投与経路:経口投与しない。浣腸には使用しない。
    2).使用時:
    (1).粘膜、創傷面又は炎症部位に長期間又は広範囲に使用しない(全身吸収による筋脱力を起こす恐れがある)。
    (2).密封包帯、ギプス包帯、パックに使用すると刺激症状が現れることがあるので、使用しないことが望ましい。
    2.その他
    1).調製方法:
    (1).希釈液として塩類含量の多い水又は硬水を用いない。
    (2).繊維、布(綿、ガーゼ、ウール、レーヨン等)は本剤を吸着するので、これらを溶液に浸漬して用いる場合には、有効濃度以下とならないように注意する。
    2).使用時:
    (1).血清、膿汁等の有機性物質は殺菌作用を減弱させるので、これらが付着している医療器具等に用いる場合は、十分に洗い落としてから使用する。
    (2).石鹸類は本剤の殺菌作用を減弱させるので、石鹸分を洗い落としてから使用する。
    (3).皮膚消毒に使用する綿球、ガーゼ等は滅菌保存し、使用時に溶液に浸す。
    (4).合成ゴム製品、合成樹脂製品、光学器具、鏡器具、塗装カテーテル等への使用は避けることが望ましい。
    (5).金属器具を長時間浸漬する場合は、腐食を防止するためにベンザルコニウム塩化物0.1%溶液に0.5〜1.0%の亜硝酸ナトリウムを添加する。
    (6).皮革製品の消毒に使用すると、変質させることがあるので使用しない。
    (取扱い上の注意)
    1.開封時及び開封後は、微生物による汚染に注意する。
    2.本剤は滅菌製剤なので、開封後は速やかに使用する。
    3.使用後、フィルムをはがしてキャップをはずした後、空容器を添付文書の図のようにして折り目を外側に押しつぶす。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に インタビュー◎集中治療における終末期医療の日米の違いを考える FBシェア数:146
    2. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:29
    3. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:50
    4. スポーツ貧血治療、実は結構気を遣うんです あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:28
    5. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    6. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:79
    7. 幻肢の痛みをバーチャルリアリティーで癒す トレンド◎幻肢痛の治療最前線 FBシェア数:94
    8. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:119
    9. 実は一番厄介なセンター国語対策をどうすべきか 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:5
    10. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1984
    医師と医学研究者におすすめの英文校正