日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ウロマチックS泌尿器科用灌流液3%基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:D−ソルビトール液

製薬会社:バクスター

薬価・規格: 1036.8円(3%3L1袋) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 泌尿器科手術後の洗浄
  • 泌尿器科手術時の洗浄
  • 膀胱疾患の経尿道的手術後の洗浄
  • 膀胱疾患の経尿道的手術時の洗浄
  • 前立腺疾患の経尿道的手術後の洗浄
  • 前立腺疾患の経尿道的手術時の洗浄

注意すべき副作用詳しく見る

血圧上昇血清浸透圧低下低ナトリウム血症電解質異常高乳酸血症アシドーシス利尿尿貯留水腫口渇

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 使用量は目的に応じて1000〜15000mLとする
    • なお、手術など必要に応じ適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 無尿症

副作用

主な副作用

血圧上昇血清浸透圧低下低ナトリウム血症電解質異常高乳酸血症アシドーシス利尿尿貯留水腫口渇脱水

上記以外の副作用

徐脈収縮期圧上昇低血圧肺うっ血狭心症様の痛み興奮不安錯乱痙攣眼のかすみ眩暈悪寒高血糖胸内苦悶過呼吸悪心嘔吐下痢鼻炎背部痛アレルギー反応

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 無尿症
  • 慎重投与
    • 腎不全
    • 心循環障害
    • 肺循環障害

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    前立腺疾患及び膀胱疾患の経尿道的手術時並びに経尿道的手術後の洗浄、その他泌尿器科手術時並びに泌尿器科手術後の洗浄。

    用法・用量(添付文書全文)

    使用量は目的に応じて1000〜15000mLとする。なお、手術など必要に応じ適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総症例322例中1例(0.3%)に副作用がみとめられ、術後の一過性の血圧上昇であった(承認時)。
    その他の副作用
    1.体液・電解質:(頻度不明)血清浸透圧低下、低ナトリウム血症等の電解質異常、高乳酸血症、アシドーシス、利尿、尿貯留、水腫、口渇、脱水[観察を十分に行い、電解質の補給を行うなど適切な処置をとる]。
    2.循環器:(頻度不明)徐脈、収縮期圧上昇、低血圧、肺うっ血、狭心症様の痛み、(0.1〜5%未満)血圧上昇[観察を十分に行い、灌流を中止するなど適切な処置をとる]。
    3.精神神経系:(頻度不明)興奮、不安、錯乱、痙攣、眼のかすみ、眩暈、悪寒。
    4.高血糖:(頻度不明)高血糖。
    5.その他:(頻度不明)胸内苦悶、過呼吸、悪心、嘔吐、下痢、鼻炎、背部痛、アレルギー反応。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    無尿症の患者。
    (慎重投与)
    1.心循環障害、肺循環障害のある患者。
    2.腎不全のある患者。
    (重要な基本的注意)
    本剤は、経尿道的切除術中に生体内に吸収され、体液を希釈して、低ナトリウム血症等の電解質異常や循環器障害、高血糖を起こすことがあるので、本剤の灌流量の出納、患者の全身状態等を十分に観察しながら使用し、適宜電解質の補給をするなど適切な処置をとる。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:注射用に使用しない。
    2.投与時:
    1).本剤の使用は、無菌的操作により行う。
    2).一部を使用した残液は、細菌汚染の恐れがあるので使用しない。
    (取扱い上の注意)
    1.本剤の加熱は最小限に留めるべきであるが、40℃以下の短時間の加熱は本剤の品質・安全性に影響しない。
    2.開封の方法は、外袋をやぶり、本剤を取り出す。
    3.バッグの一部が白色化し透明度が低下することがあるが、これは滅菌中にバッグが水分を吸収するために起こる現象であり、本剤の品質や安全性に影響するものではない(なお、この白色化は、徐々に消失する)。
    4.バッグを強くつかんで、液漏れがないかよく調べる。外袋を取り除き、液が無色澄明で異物のないことを確認した後、バッグを圧迫して漏れを調べる。万一漏れが認められた場合は、無菌性が損なわれている可能性があるので、液を廃棄する。
    5.外袋内に少量の水滴が観察されることがあるが、滅菌中に水蒸気としてバッグ内から透過した水分であり、液漏れによるものではない。
    6.ウロマチックSの使用方法:システム全体の準備は、セット(バクスターイリゲーションセット)の説明書を参照する。
    1).バッグ上部の穴を用いて、容器をつり下げる。
    2).セットのクランプを全て閉じる。
    3).容器下部の注入口(添付文書の図参照)から、赤色のプロテクターを取り除く。
    4).セットを接続する。
    7.本剤に専用セット以外の薬剤供給回路を接続しない。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
    2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
    3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
    4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
    5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
    6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
    7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
    8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
    9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
    10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
    医師と医学研究者におすすめの英文校正