日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

フィナステリド錠1mg「サワイ」基本情報

一般名:フィナステリド錠

製薬会社:沢井製薬

薬価・規格: - (1mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 男性における男性型脱毛症の進行遅延

注意すべき副作用詳しく見る

肝機能障害

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 男性には、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与する
    • なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦

副作用

重大な副作用

肝機能障害

上記以外の副作用

咽喉腫脹過敏症顔面腫脹血管浮腫眩暈睾丸痛口唇腫脹射精障害蕁麻疹そう痒症乳房肥大発疹無精子症リビドー減退舌腫脹乳房圧痛勃起機能不全精液量減少精子形態異常精液の質低下精子濃度減少精子運動性低下男性不妊症抑うつ症状

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 肝機能障害
  • 注意
    • <平均年齢:63歳>の前立腺肥大症

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦
  • 注意
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・乳児
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 平均年齢:63歳
    • <平均年齢:63歳>の前立腺肥大症
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 高齢者(65歳〜)
    • 女性
    • 20歳未満(0歳〜19歳)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    男性における男性型脱毛症の進行遅延。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    1.男性における男性型脱毛症のみの適応である(他の脱毛症に対する適応はない)。
    2.20歳未満での安全性及び有効性は確立されていない。
    3.女性に対する適応はない[海外のフィナステリド製剤で実施した閉経後女性の男性型脱毛症を対象とした12カ月間のプラセボ対照二重盲検比較試験(n=137)において、フィナステリドの有効性は認められなかった]。

    用法・用量(添付文書全文)

    男性には、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与する。なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    3カ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6カ月の連日投与が必要である。また、効果を持続させるためには継続的に服用する。なお、増量による効果の増強は、確認されていない。
    本剤を6カ月以上投与しても男性型脱毛症進行遅延がみられない場合には投薬を中止する。また、6カ月以上投与する場合であっても定期的に効果を確認し、継続投与の必要性について検討する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    肝機能障害:肝機能障害が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次のような症状又は異常が現れた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1).過敏症:(頻度不明)そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇腫脹、舌腫脹、咽喉腫脹及び顔面腫脹を含む)。
    2).生殖器:(頻度不明)リビドー減退、勃起機能不全、射精障害[フィナステリド製剤の市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある]、精液量減少、睾丸痛、*男性不妊症・*精液の質低下(*精子濃度減少、*無精子症、*精子運動性低下、*精子形態異常等)[*:フィナステリド製剤の投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある]。
    3).肝臓:(頻度不明)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、γ−GTP上昇。
    4).その他:(頻度不明)乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、眩暈。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人。
    (慎重投与)
    肝機能障害のある患者[本剤は主に肝臓で代謝されるが、肝機能障害のある患者に投与した場合の安全性は確認されていない]。
    (重要な基本的注意)
    本剤の使用に際しては、患者に次の事項を説明する。
    1.本剤を妊婦に投与すると、本剤の薬理作用(DHT低下作用)により、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす恐れがある。
    2.本剤を分割・粉砕しない。本剤が粉砕・破損した場合、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人は取扱わない。本剤はコーティングされているので、割れたり砕けたりしない限り、通常の取扱いにおいて有効成分に接触することはない。
    (高齢者への投与)
    前立腺肥大症患者を対象にしたフィナステリド製剤(5mg)の臨床試験では、高齢者と非高齢者において副作用発現率に明らかな差は認められていない。しかし、一般に高齢者では生理機能が低下しているので注意する[高齢者における有効性は確立していない]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない。
    2.授乳中の婦人には投与しない[本剤がヒト乳汁中へ移行するかは不明である]。
    (小児等への投与)
    小児等に対する適応はない[小児等に対する安全性及び有効性は確立していない]。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    国内のフィナステリド製剤で実施した24歳から50歳の男性型脱毛症患者において、血清前立腺特異抗原(PSA)の濃度が約40%低下した。海外のフィナステリド製剤の臨床試験において、高年齢層の前立腺肥大症患者へのフィナステリド投与により血清PSA濃度が約50%低下した。したがって、本剤投与中の男性型脱毛症患者に対し前立腺癌診断の目的で血清PSA濃度を測定する場合は、2倍した値を目安として評価する。
    (適用上の注意)
    1.調剤及び服用時:本剤を分割・粉砕しない。本剤が粉砕・破損した場合、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人は取扱わない。
    2.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜に刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    3.本剤は、食事の有無にかかわらず投与できる。
    (その他の注意)
    1.市販後において、フィナステリド製剤を投与された患者で男性乳癌が報告されている。フィナステリド長期投与と男性乳癌の発現との因果関係は不明である。
    (参考)
    海外で実施された、3,047例<平均年齢:63歳>の前立腺肥大症患者を対象としたプラセボ及び比較対照薬との4〜6年間のフィナステリド製剤の臨床試験において、フィナステリド5mg投与群(本剤承認用量の5〜25倍用量)で4例の乳癌の報告があったが、フィナステリド非投与群ではみられなかった。一方、別の3,040例(平均年齢:64歳)の前立腺肥大症患者を対象としたプラセボとの4年間のフィナステリド製剤の海外臨床試験では、プラセボ投与群において2例の乳癌の報告があったが、フィナステリド5mg投与群ではみられなかった。また、18,882例(平均年齢:63歳)の健康男性を対象としたプラセボとの7年間のフィナステリド製剤の海外臨床試験では、フィナステリド5mg投与群及びプラセボ投与群で各1例ずつ乳癌の報告があった。なお、海外のフィナステリド製剤の市販後において、フィナステリド1日5mgを投与された患者で男性乳癌が報告されている。
    2.海外で実施された、18,882例(平均年齢:63歳)の健康男性を対象としたフィナステリド製剤5mg(本剤承認用量の5〜25倍用量)又はプラセボを7年間投与する臨床試験において、*Modified Gleason Score8〜10の高悪性度前立腺癌の発現率が、プラセボ投与群(1.1%)と比較して、フィナステリド製剤5mg投与群(1.8%)で高かった(相対リスク1.70[95%信頼区間:1.23−2.34])との報告がある(*:組織学的悪性度の指標)。
    3.フィナステリド製剤の海外臨床試験において、本剤投与により前立腺容積減少したとの報告がある。
    4.アカゲザルの妊娠20日から100日までフィナステリド120ng/kg/dayを毎日静脈内投与した場合でも雌雄胎仔に異常所見は認められなかった(アカゲザルへの投与量は、フィナステリド1mgが投与された患者の1回の射精を介して女性が曝露される可能性のあるフィナステリド量の少なくとも750倍に相当する)。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
    2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
    3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
    5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
    7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
    8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
    9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
    10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1