基本情報

薬効分類

黄体ホルモン・卵胞ホルモン混合製剤詳しく見る

  • 女性ホルモンを補充し卵胞の成熟を抑え排卵を抑えることで月経困難症や月経周期異常などを治療する薬
黄体ホルモン・卵胞ホルモン混合製剤の代表的な商品名
  • ヤーズ配合錠、ヤーズフレックス配合錠
  • ルナベル
  • ソフィア
  • プラノバール
  • ルテジオン

効能・効果詳しく見る

  • 機能性子宮出血
  • 無月経

注意すべき副作用詳しく見る

血栓症発疹

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1週間に1回1mLを筋肉内注射する
    • なお、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 血栓性静脈炎
    • 子宮内膜癌
    • 重篤な肝疾患
    • 重篤な肝障害
    • 乳癌
    • 肺塞栓症
    • エストロゲン依存性悪性腫瘍

副作用

主な副作用

血栓症

重大な副作用

発疹

上記以外の副作用

悪心アレルギー性皮疹黄疸嘔吐過敏症肝機能異常肝斑下痢眩暈倦怠感硬結出血性発疹頭痛体液貯留体重増加多形性紅斑乳房緊満感乳房痛疼痛ナトリウム貯留眠気脳血栓症発赤浮腫網膜血栓症痒疹四肢血栓症肺血栓症心筋血栓症抑うつ

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 血栓性静脈炎
    • 子宮内膜癌
    • 重篤な肝疾患
    • 重篤な肝障害
    • 乳癌
    • 肺塞栓症
    • エストロゲン依存性悪性腫瘍
  • 慎重投与
    • 子宮筋腫
    • 心疾患
    • 腎疾患
    • 乳房結節
    • 乳房レントゲン像に異常
    • てんかん
    • 糖尿病
    • 乳癌
    • 乳腺症
    • 乳癌家族素因が強い
    • 骨成長が終了していない
    • 骨成長が終了していない可能性

患者の属性に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 幼児・乳児
  • 注意
    • 妊婦・産婦

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 骨成長が終了していない可能性

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
リファンピシン類 本剤の効果が減弱
血糖降下剤 作用が減弱
インスリン製剤 作用が減弱
スルホニルウレア系薬剤 作用が減弱
ビグアナイド系製剤 作用が減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    無月経、機能性子宮出血。

    用法・用量(添付文書全文)

    1週間に1回1mLを筋肉内注射する。なお、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない(再審査対象外)。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    血栓症:血栓症(四肢血栓症、肺血栓症、心筋血栓症、脳血栓症、網膜血栓症等)が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).過敏症:発疹等[発現した場合には投与を中止する]。
    2).肝臓:肝機能異常、黄疸等[観察を十分に行い、発現した場合には休薬等適切な処置を行う]。
    3).乳房:乳房痛、乳房緊満感等。
    4).電解質代謝:ナトリウム貯留や体液貯留による浮腫、体重増加等[観察を十分に行い、発現した場合には減量又は休薬等適切な処置を行う]。
    5).消化器:悪心、嘔吐、下痢等。
    6).精神神経系:頭痛、眩暈、眠気、倦怠感、抑うつ等。
    7).皮膚:多形性紅斑、出血性発疹、アレルギー性皮疹、肝斑、痒疹等。
    8).投与部位:硬結、発赤、疼痛。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者[腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある]。
    2.血栓性静脈炎、肺塞栓症又はその既往歴のある患者[血液凝固能の亢進により、これらの症状が増悪することがある]。
    3.重篤な肝障害・重篤な肝疾患のある患者[代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため、症状が増悪することがある]。
    (慎重投与)
    1.子宮筋腫のある患者[子宮筋腫の発育を促進する恐れがある]。
    2.乳癌の既往歴のある患者[乳癌が再発する恐れがある]。
    3.乳癌家族素因が強い患者、乳房結節のある患者、乳腺症の患者又は乳房レントゲン像に異常がみられた患者[症状が増悪する恐れがある]。
    4.心疾患、腎疾患又はその既往歴のある患者[ナトリウム貯留や体液貯留により、これらの症状が増悪する恐れがある]。
    5.てんかん患者[体液貯留により、症状が増悪する恐れがある]。
    6.糖尿病患者[耐糖能が低下することがあるので、十分コントロールを行いながら投与する]。
    7.骨成長が終了していない可能性がある患者。
    (重要な基本的注意)
    本剤の投与に際しては、問診、内診、基礎体温の測定、免疫学的妊娠診断等により妊娠していないことを十分確認する。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.リファンピシン[長期間リファンピシンの投与を受けている女性では、本剤の効果が減弱することがある(リファンピシンが肝の薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進する)]。
    2.血糖降下剤(インスリン製剤、スルホニル尿素系製剤、ビグアナイド系製剤等)[血糖降下剤の作用が減弱することがあるので、血糖値その他患者の状態を十分観察し、血糖降下剤の用量を調節するなど注意する(卵胞ホルモン剤の血糖上昇作用による)]。
    (小児等への投与)
    骨成長が終了していない可能性がある患者には観察を十分に行い慎重に投与する[骨端早期閉鎖を来す恐れがある]。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:本剤は筋肉内注射にのみ使用する。
    2.投与時:生理的月経の発現に障害を及ぼすような投与を避ける。
    3.筋肉内注射時:筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため、次記の点に注意する。
    1).同一部位への反復注射は行わない。特に乳児、幼児、小児には注意する。
    2).神経走行部位を避ける。
    3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり血液の逆流をみた場合は直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
    4.その他:本品はワンポイントカットアンプルであるが、アンプルのカット部分をエタノール綿等で清拭してからカットすることが望ましい。
    (その他の注意)
    1.黄体・卵胞ホルモン剤の使用と先天異常児出産との因果関係はいまだ確立されたものではないが、心臓・四肢等の先天異常児を出産した母親では、対照群に比して妊娠初期に黄体又は黄体・卵胞ホルモン剤を使用していた率に有意差があるとする疫学調査の結果が報告されている。
    2.黄体・卵胞ホルモン配合剤の長期服用により肝腫瘍が発生したとの報告がある。また、肝腫瘍の破裂により腹腔内出血を起こす可能性がある。
    3.卵胞ホルモン剤を妊娠動物(マウス)に投与した場合、仔の成長後膣上皮の癌性変性及び仔の成長後子宮内膜の癌性変性を示唆する結果が報告されている。また、新生仔(マウス)に投与した場合、仔の成長後膣上皮の癌性変性を認めたとの報告がある。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
    3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
    4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
    5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
    6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
    8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
    10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22