日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ペリアス錠25mg基本情報

後発品(加算対象)

一般名:アリルエストレノール錠

製薬会社:日本新薬

薬価・規格: 51.7円(25mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

抗男性ホルモン薬(抗アンドロゲン薬)詳しく見る

  • 男性ホルモンの前立腺への作用を抑え前立腺を小さくし排尿障害を改善する薬
抗男性ホルモン薬(抗アンドロゲン薬)の代表的な商品名
  • パーセリン
  • プロスタール
  • エフミン

効能・効果詳しく見る

  • 前立腺肥大症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • アリルエストレノールとして1回25mgを1日2回経口投与する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 重篤な肝疾患
    • 重篤な肝障害

副作用

副作用

息切れ胃部不快感嘔吐過敏症肝機能障害ビリルビン値上昇眩暈倦怠感高血糖食欲不振女性型乳房蕁麻疹性欲減退体重増加中性脂肪上昇動悸インポテンス尿糖熱感発汗白血球減少発疹貧血浮腫ポテンツ低下胸やけ吐き気男性乳房痛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 重篤な肝疾患
    • 重篤な肝障害
  • 慎重投与
    • 心疾患
    • 腎疾患
    • ポルフィリン症

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    前立腺肥大症。

    用法・用量(添付文書全文)

    アリルエストレノールとして1回25mgを1日2回経口投与する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.過敏症:(頻度不明)発疹、蕁麻疹[投与を中止する]。
    2.肝臓:(頻度不明)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、LDH上昇、ビリルビン値上昇、肝機能障害[観察を十分に行い、減量又は休薬等の適切な処置を行う]。
    3.電解質代謝:(頻度不明)浮腫、体重増加[観察を十分に行い、減量又は休薬等の適切な処置を行う]。
    4.生殖器:(頻度不明)インポテンス、ポテンツ低下、性欲減退。
    5.血液:(頻度不明)貧血、白血球減少。
    6.内分泌:(頻度不明)女性型乳房、男性乳房痛。
    7.循環器:(頻度不明)動悸、息切れ。
    8.消化器:(頻度不明)食欲不振、嘔吐、胸やけ、胃部不快感、吐き気。
    9.精神神経系:(頻度不明)眩暈。
    10.糖代謝:(頻度不明)高血糖、尿糖。
    11.脂質代謝:(頻度不明)中性脂肪上昇。
    12.腎臓:(頻度不明)BUN上昇。
    13.その他:(頻度不明)発汗、熱感、倦怠感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    重篤な肝障害・重篤な肝疾患のある患者[肝機能障害の増悪が現れることがある]。
    (慎重投与)
    1.心疾患・腎疾患の患者又はその既往歴のある患者[ナトリウム貯留又は体液貯留が現れることがある]。
    2.ポルフィリン症の患者[黄体ホルモンでポルフィリン及びその代謝物の排泄遅延により症状を悪化させることが報告されており、本剤においても症状を悪化させる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤による前立腺肥大症に対する治療は、根治療法ではないことに留意し、本剤投与により期待する効果が得られない場合には、手術療法等他の適切な処置を考慮する。
    2.投与期間は16週間を基準とし、期待する効果が得られない場合には、以後漫然と投与を継続しない。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので注意する。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (保管上の注意)
    気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:78
    2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:29
    3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:93
    4. 心血管疾患二次予防のLDL-C目標値は70未満 特集◎生活習慣病 7つの新常識《3》 FBシェア数:70
    5. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:449
    6. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:616
    7. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:2
    8. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景 FBシェア数:33
    9. コールドポリペクトミーは抗凝固薬服用中の大腸ポリ… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:45
    10. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:77
    医師と医学研究者におすすめの英文校正