日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

プリンペラン注射液10mg基本情報

一般名:塩酸メトクロプラミド注射液

製薬会社:アステラス製薬

薬価・規格: 57円(0.5%2mL1管) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

抗ドパミン薬(消化管運動改善薬)詳しく見る

  • 消化管運動を亢進させ、消化管運動の低下などによる吐き気、胸やけ、食欲不振などを改善する薬
抗ドパミン薬(消化管運動改善薬)の代表的な商品名
  • プリンペラン
  • ガナトン
  • ナウゼリン

効能・効果詳しく見る

  • X線検査時のバリウムの通過促進
  • 胃炎の嘔吐
  • 胃炎の悪心
  • 胃炎の食欲不振
  • 胃炎の消化器機能異常
  • 胃炎の腹部膨満感
  • 胃潰瘍の食欲不振
  • 胃潰瘍の嘔吐
  • 胃潰瘍の消化器機能異常
  • 胃潰瘍の悪心
  • 胃潰瘍の腹部膨満感
  • 開腹術後の嘔吐
  • 開腹術後の悪心
  • 開腹術後の食欲不振
  • 開腹術後の消化器機能異常
  • 開腹術後の腹部膨満感
  • 気管内挿管時の消化器機能異常
  • 気管内挿管時の悪心
  • 気管内挿管時の食欲不振
  • 気管内挿管時の嘔吐
  • 気管内挿管時の腹部膨満感
  • 抗結核剤投与時の消化器機能異常
  • 抗結核剤投与時の腹部膨満感
  • 抗結核剤投与時の嘔吐
  • 抗結核剤投与時の悪心
  • 抗結核剤投与時の食欲不振
  • 抗生物質投与時の嘔吐
  • 抗生物質投与時の腹部膨満感
  • 抗生物質投与時の悪心
  • 抗生物質投与時の食欲不振
  • 抗生物質投与時の消化器機能異常
  • 十二指腸潰瘍の悪心
  • 十二指腸潰瘍の消化器機能異常
  • 十二指腸潰瘍の嘔吐
  • 十二指腸潰瘍の食欲不振
  • 十二指腸潰瘍の腹部膨満感
  • 腎炎の食欲不振
  • 腎炎の嘔吐
  • 腎炎の悪心
  • 腎炎の消化器機能異常
  • 腎炎の腹部膨満感
  • 制癌剤投与時の悪心
  • 制癌剤投与時の食欲不振
  • 制癌剤投与時の腹部膨満感
  • 制癌剤投与時の嘔吐
  • 制癌剤投与時の消化器機能異常
  • 胆道疾患の食欲不振
  • 胆道疾患の消化器機能異常
  • 胆道疾患の悪心
  • 胆道疾患の嘔吐
  • 胆道疾患の腹部膨満感
  • 乳幼児嘔吐の嘔吐
  • 乳幼児嘔吐の悪心
  • 乳幼児嘔吐の腹部膨満感
  • 乳幼児嘔吐の消化器機能異常
  • 乳幼児嘔吐の食欲不振
  • 尿毒症の嘔吐
  • 尿毒症の消化器機能異常
  • 尿毒症の腹部膨満感
  • 尿毒症の悪心
  • 尿毒症の食欲不振
  • 放射線照射時の腹部膨満感
  • 放射線照射時の消化器機能異常
  • 放射線照射時の食欲不振
  • 麻酔剤投与時の悪心
  • 放射線照射時の悪心
  • 放射線照射時の嘔吐
  • 麻酔剤投与時の腹部膨満感
  • 麻酔剤投与時の消化器機能異常
  • 麻酔剤投与時の嘔吐
  • 麻酔剤投与時の食欲不振
  • 胆嚢疾患の悪心
  • 胆嚢疾患の嘔吐
  • 胆嚢疾患の食欲不振
  • 胆嚢疾患の消化器機能異常
  • 胆嚢疾患の腹部膨満感
  • 胃内挿管時の腹部膨満感
  • 胃内挿管時の嘔吐
  • 胃内挿管時の消化器機能異常
  • 胃内挿管時の悪心
  • 胃内挿管時の食欲不振

注意すべき副作用詳しく見る

意識障害アナフィラキシー様症状ショック呼吸困難痙攣頻脈

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • メトクロプラミドとして、1回7.67mg(塩酸メトクロプラミドとして10mg)を1日1〜2回筋肉内又は静脈内に注射する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 褐色細胞腫
    • 過敏症
    • 消化管器質的閉塞
    • 消化管出血
    • 消化管穿孔

副作用

主な副作用

意識障害

重大な副作用

アナフィラキシー様症状痙攣呼吸困難ショック頻脈不随意運動浮腫悪性症候群

上記以外の副作用

胃の緊張増加嚥下困難過敏症眼球回転発作急性腎不全筋硬直血圧降下血圧変動下痢眩暈倦怠感喉頭浮腫高熱が持続興奮循環虚脱焦燥感女性型乳房腎機能低下蕁麻疹錐体外路症状頭重頭痛脱水症状手指振戦乳汁分泌眠気発汗白血球増加発疹発熱不安腹痛不整脈便秘ミオグロビン尿無月経無動緘黙口周部不随意運動顔部攣縮頚部攣縮強度筋強剛遅発性ジスキネジー

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 褐色細胞腫
    • 過敏症
    • 消化管器質的閉塞
    • 消化管出血
    • 消化管穿孔
  • 慎重投与
    • 腎障害
    • 栄養不良状態を伴う身体的疲弊
    • 脱水を伴う身体的疲弊
  • 注意
    • 脱水状態の小児
    • 発熱時の小児
  • 投与に際する指示
    • 脱水状態の小児
    • 発熱時の小児

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
  • 慎重投与
    • 幼児・乳児
    • 高齢者
  • 注意
    • 幼児・乳児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 発熱時の小児(0歳〜14歳)
    • 脱水状態の小児(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
ジギタリス剤 ジギタリス剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕性化
ジゴキシン ジギタリス剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕性化
ジギトキシン ジギタリス剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕性化
カルバマゼピン 中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等>
レセルピン 錐体外路症状
チアプリド 錐体外路症状
ハロペリドール 錐体外路症状
ベンザミド系薬剤 錐体外路症状
ブチロフェノン系製剤 錐体外路症状
ラウオルフィア製剤 錐体外路症状
クロルプロマジン 錐体外路症状
チエチルペラジン 錐体外路症状
スルピリド 錐体外路症状
プロクロルペラジン 錐体外路症状
フェノチアジン系薬剤 錐体外路症状
ブチルスコポラミン臭化物 相互に消化管における作用を減弱
硫酸アトロピン 相互に消化管における作用を減弱
抗コリン作用を有する薬剤 相互に消化管における作用を減弱

処方理由

消化管運動調整薬この薬をファーストチョイスする理由(2016年8月更新)もっと見る

  • ・めまいや嘔気を訴える患者を診察する機会が多いのでメトクロプラミドをよく処方する。ただし年齢や他の内服薬を考慮してナウゼリンを選ぶ場合もある。(20歳代病院勤務医、脳神経外科)
  • ・一時的に他の薬剤の佐薬として使うことがほとんどです。(40歳代診療所勤務医、整形外科)
  • ・高用量だと錐体外路症状が心配になるが、妊娠の可能性が否定できない女性でも一応処方できるため。(30歳代病院勤務医、精神科)
  • ・使用しすぎると錐体外路症状が出るとのことで、特に小さい子供では気を付けている。(30歳代病院勤務医、外科系専門科)

消化管運動調整薬この薬をファーストチョイスする理由(2015年3月更新)もっと見る

  • ・まれに錐体外路症状の発現を見ることがあるが、使用しやすく効果も優れる。(70歳以上開業医、一般内科)
  • ・制吐作用はそれなりに認め、嘔気が強く内服が困難な症例では注射剤も使用できる。(40代病院勤務医、内科系専門科)
  • ・妊娠中でも投与が可能なので。(40代開業医、神経内科)
  • ・トラマドールなどオピオイド系薬の服用初期に来す嘔気、嘔吐の軽減効果があり、プリンペランを処方している。1〜2週間程度の短期間投薬なので腹痛、下痢などの副作用は経験していない。(60代開業医、整形外科)
  • ・自分で内服してみて胃がスーッとした経験は忘れがたい。(50代病院勤務医、産科・婦人科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.次の場合における消化器機能異常(悪心・嘔吐・食欲不振・腹部膨満感):胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胆嚢疾患・胆道疾患、腎炎、尿毒症、乳幼児嘔吐、薬剤投与時(制癌剤投与時・抗生物質投与時・抗結核剤投与時・麻酔剤投与時)、胃内挿管時・気管内挿管時、放射線照射時、開腹術後。
    2.X線検査時のバリウムの通過促進。

    用法・用量(添付文書全文)

    メトクロプラミドとして、1回7.67mg(塩酸メトクロプラミドとして10mg)を1日1〜2回筋肉内又は静脈内に注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用
    1).ショック、アナフィラキシー様症状:ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、喉頭浮腫、蕁麻疹等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2).悪性症候群(Syndrome malin):悪性症候群が現れることがあるので、無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う(本症発症時には、白血球増加や血清CK上昇(血清CPK上昇)がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能低下がみられることがある)、なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡した例が報告されている。
    3).意識障害:意識障害が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    4).痙攣:痙攣が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    5).遅発性ジスキネジー:長期投与により、口周部不随意運動等の不随意運動が現れ、投与中止後も持続することがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).錐体外路症状:手指振戦、筋硬直、頚部攣縮・顔部攣縮、眼球回転発作、焦燥感[このような症状が現れた場合には、投与を中止する(なお、これらの症状が強い場合には、抗パーキンソン剤の投与等適切な処置を行う)]。
    2).内分泌:無月経、乳汁分泌、女性型乳房[観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止する]。
    3).消化器:胃の緊張増加、腹痛、下痢、便秘。
    4).循環器:血圧降下、頻脈、不整脈。
    5).精神神経系:眠気、頭痛、頭重、興奮、不安。
    6).過敏症:発疹、浮腫[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
    7).その他:眩暈、倦怠感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.褐色細胞腫の疑いのある患者[急激な昇圧発作を起こす恐れがある]。
    3.消化管出血、消化管穿孔又は消化管器質的閉塞のある患者[本剤には消化管運動の亢進作用があるため、症状を悪化させる恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.小児。
    2.高齢者。
    3.腎障害のある患者[高い血中濃度が持続する恐れがある]。
    4.脱水を伴う身体的疲弊・栄養不良状態を伴う身体的疲弊等のある患者[悪性症候群(Syndrome malin)が起こりやすい]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤の投与により、内分泌機能異常(プロラクチン値上昇)、錐体外路症状等の副作用が現れることがあるので、本剤の投与に際しては、有効性と安全性を十分考慮のうえ投与する。
    2.眠気、眩暈が現れることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意する。
    3.制吐作用を有するため、他の薬剤に基づく中毒、腸閉塞、脳腫瘍等による嘔吐症状を不顕性化することがあるので注意する。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.フェノチアジン系薬剤(プロクロルペラジン、クロルプロマジン、チエチルペラジン等)、ブチロフェノン系薬剤(ハロペリドール等)、ラウオルフィアアルカロイド薬剤(レセルピン等)、ベンザミド系薬剤(スルピリド、チアプリド等)[内分泌機能異常、錐体外路症状が発現しやすくなる(本剤及びこれらの薬剤は抗ドパミン作用を有するため、併用により抗ドパミン作用が強く現れる)]。
    2.ジギタリス剤(ジゴキシン、ジギトキシン等)[ジギタリス剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕性化する恐れがある(本剤の制吐作用による)]。
    3.カルバマゼピン[カルバマゼピンの中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等>が現れることがある(機序不明)]。
    4.抗コリン剤(アトロピン硫酸塩水和物、ブチルスコポラミン臭化物等)[相互に消化管における作用を減弱する恐れがある(本剤は消化管運動を亢進するため、抗コリン剤の消化管運動抑制作用と拮抗する)]。
    (高齢者への投与)
    本剤は、主として腎臓から排泄されるが、高齢者では腎機能が低下していることが多く、高い血中濃度が持続する恐れがあるので、副作用(錐体外路症状等)の発現に注意し、用量並びに投与間隔に留意するなど慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦等:妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.授乳婦:授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせる[母乳中に移行することが報告されている]。
    (小児等への投与)
    錐体外路症状が発現しやすいため、過量投与にならないよう注意する(特に脱水状態の小児、発熱時の小児等には注意する)。
    (過量投与)
    1.過量投与時の症状:錐体外路症状、意識障害(昏睡)等が現れることがある。また外国において、本剤の大量投与によりメトヘモグロビン血症が現れたとの報告がある。
    2.過量投与時の処置:対症療法及び維持療法を行う。過量投与時の錐体外路症状に対しては、抗パーキンソン剤等を投与する。
    (適用上の注意)
    1.筋肉内注射時:筋肉内注射にあたっては、次記の点に注意する。
    1).筋肉内投与はやむを得ない場合にのみ、必要最小限に行う。筋肉内投与時同一部位への反復注射は行わない。特に低出生体重児、新生児、乳児、小児には注意する。
    2).筋肉内投与時神経走行部位を避ける。
    3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合には、直ちに針を抜き部位をかえて注射する。
    4).筋肉内投与時、注射部位に疼痛、硬結をみることがある。
    2.アンプルカット時:ガラス微小片の混入を避けるため、エタノール綿等で清拭することが望ましい。
    3.他剤との配合:本剤はアルカリ性注射液と混合すると混濁を生じることがあるので配合しない。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
    2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
    3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
    5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
    6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
    7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
    8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
    9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
    10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
    医師と医学研究者におすすめの英文校正