日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

エボザックカプセル30mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:セビメリン塩酸塩水和物カプセル

製薬会社:第一三共

薬価・規格: 133.6円(30mg1カプセル) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • シェーグレン症候群の口腔乾燥症状の改善

注意すべき副作用詳しく見る

多汗下痢嘔気腹痛中性脂肪上昇倦怠感嘔吐眩暈血清アミラーゼ上昇頻尿悪寒筋肉痛肝機能異常胃部不快感胸痛

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • セビメリン塩酸塩として1回30mgを1日3回、食後に経口投与する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 気管支喘息
    • 狭心症
    • 虹彩炎
    • 重篤な虚血性心疾患
    • 消化管閉塞
    • 心筋梗塞
    • てんかん
    • パーキンソニズム
    • パーキンソン病
    • 膀胱頚部閉塞
    • 慢性閉塞性肺疾患

副作用

主な副作用

多汗下痢嘔気腹痛中性脂肪上昇倦怠感嘔吐眩暈血清アミラーゼ上昇頻尿

重大な副作用

胃部不快感悪寒肝機能異常胸痛筋肉痛傾眠尿蛋白陽性血清カリウム低下高血圧呼吸困難鼓腸放屁消化不良食欲不振心悸亢進心電図異常振戦頭痛赤血球減少総コレステロール上昇総ビリルビン上昇唾液腺痛熱感白血球減少発疹皮膚そう痒頻脈浮腫不眠ヘモグロビン減少便秘味覚異常霧視唾液腺腫大ヘマトクリット値低下肺浸潤脈拍不整うつ病

上記以外の副作用

Al−P上昇BUN上昇GOT上昇GPT上昇γ−GTP上昇LAP上昇LDH上昇尿中NAG上昇ALT上昇AST上昇間質性肺炎増悪

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 気管支喘息
    • 狭心症
    • 虹彩炎
    • 重篤な虚血性心疾患
    • 消化管閉塞
    • 心筋梗塞
    • てんかん
    • パーキンソニズム
    • パーキンソン病
    • 膀胱頚部閉塞
    • 慢性閉塞性肺疾患
  • 慎重投与
    • 間質性肺炎
    • 肝障害
    • 甲状腺機能亢進症
    • 消化性潰瘍
    • 腎結石
    • 腎障害
    • 膵炎
    • 胆石
    • 尿路結石
    • 胆嚢障害
    • 過敏性腸疾患
    • 高度唾液腺腫脹
    • 高度唾液腺疼痛
    • 全身性進行性硬化症
    • 前立腺肥大に伴う排尿障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 妊婦・産婦
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
塩化アンベノニウム 本剤又はこれらの薬剤の作用が増強
シサプリド 本剤又はこれらの薬剤の作用が増強
コリン作動薬 本剤又はこれらの薬剤の作用が増強
ネオスチグミン 本剤又はこれらの薬剤の作用が増強
アセチルコリン放出促進作用を有する薬剤 本剤又はこれらの薬剤の作用が増強
塩化アセチルコリン 本剤又はこれらの薬剤の作用が増強
塩化ベタネコール 本剤又はこれらの薬剤の作用が増強
コリンエステラーゼ阻害剤 本剤又はこれらの薬剤の作用が増強
モサプリド 本剤又はこれらの薬剤の作用が増強
クロルプロマジン 本剤の作用が減弱
イミプラミン塩酸塩 本剤の作用が減弱
抗コリン作用を有する薬剤 本剤の作用が減弱
三環系抗うつ剤 本剤の作用が減弱
フェノチアジン系トランキライザー 本剤の作用が減弱
アミトリプチリン塩酸塩 本剤の作用が減弱
イトラコナゾール 本剤の作用が増強
チトクロームP450の非特異的阻害薬 本剤の作用が増強
肝薬物代謝酵素CYP2D6を阻害する薬剤 本剤の作用が増強
キニジン硫酸塩水和物 本剤の作用が増強
シメチジン 本剤の作用が増強
エリスロマイシン 本剤の作用が増強
薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 本剤の作用が増強
硫酸アトロピン 本剤又はこれらの薬剤の作用が減弱
抗コリン作用を有する薬剤 本剤又はこれらの薬剤の作用が減弱
臭化水素酸スコポラミン 本剤又はこれらの薬剤の作用が減弱
フェノバルビタール 本剤の作用が減弱
肝酵素誘導作用をもつ医薬品 本剤の作用が減弱
リファンピシン類 本剤の作用が減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    シェーグレン症候群患者の口腔乾燥症状の改善。

    用法・用量(添付文書全文)

    セビメリン塩酸塩として1回30mgを1日3回、食後に経口投与する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認時:承認前の調査813例中251例(30.9%)に副作用が認められ、主な副作用は嘔気10.3%(84/813)、腹痛7.7%(63/813)、下痢4.4%(36/813)、多汗3.9%(32/813)、嘔吐3.1%(25/813)等であった。また、臨床検査値の異常変動は803例中89例(11.1%)に認められ、主な臨床検査値の異常変動は血清アミラーゼ上昇3.5%(23/666)、尿中NAG上昇2.5%(8/320)、ALT(GPT)上昇2.3%(18/791)、AST(GOT)上昇2.1%(17/793)等であった。
    再審査終了時:承認後における使用成績調査2,020例中報告された副作用は483例(23.9%)で、主な副作用は、悪心6.4%(130件)、下痢1.7%(35件)等の胃腸障害、多汗3.9%(78件)等の皮膚及び皮下組織障害、眩暈0.9%(19件)等の神経系障害、頻尿1.2%(24件)等の腎及び尿路障害、倦怠感0.4%(7件)等の全身障害、ALT(GPT)上昇0.5%(9件)等の臨床検査値異常であった。また特別調査255例中報告された副作用は97例(38.0%)で、主な副作用は、悪心7.1%(18件)等の胃腸障害、多汗7.1%(18件)等の皮膚及び皮下組織障害、中性脂肪上昇1.2%(3件)等の臨床検査値異常であった。
    1.重大な副作用
    間質性肺炎の増悪(0.1%未満):間質性肺炎増悪させることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与など適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次記の副作用が現れることがあるので、異常が認められた場合には必要に応じ投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1).精神神経系:(1%未満)眩暈、振戦、不眠、うつ病、傾眠。
    2).感覚器:(1%未満)霧視。
    3).消化器:(5%以上)嘔気、腹痛、(1〜5%未満)下痢、嘔吐、食欲不振、(1%未満)消化不良、鼓腸放屁、便秘、唾液腺痛、唾液腺腫大、胃部不快感。
    4).循環器:(1%未満)脈拍不整、高血圧、頻脈、心悸亢進、心電図異常。
    5).呼吸器:(1%未満)呼吸困難、肺浸潤。
    6).血液:(1%未満)赤血球減少、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット値低下、白血球減少。
    7).泌尿器:(1〜5%未満)頻尿。
    8).皮膚:(1〜5%未満)多汗、(1%未満)発疹、皮膚そう痒。
    9).肝臓:(1%未満)LAP上昇、LDH上昇、総ビリルビン上昇、肝機能異常、ALT上昇(GPT上昇)、AST上昇(GOT上昇)、γ−GTP上昇、Al−P上昇。
    10).腎臓:(1〜5%未満)尿中NAG上昇、(1%未満)尿蛋白陽性、BUN上昇。
    11).その他:(1〜5%未満)頭痛、(1%未満)血清カリウム低下、味覚異常、総コレステロール上昇、悪寒、筋肉痛、血清アミラーゼ上昇、胸痛、倦怠感、中性脂肪上昇、浮腫、熱感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.重篤な虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症等)のある患者[冠状動脈硬化に伴う狭窄所見を冠状動脈攣縮により増強し、虚血性心疾患の病態を悪化させる恐れがある]。
    2.気管支喘息及び慢性閉塞性肺疾患の患者[気管支収縮作用及び気管支粘液分泌亢進のため、症状を悪化させる恐れがある]。
    3.消化管閉塞及び膀胱頚部閉塞のある患者[消化管又は膀胱筋を収縮又は緊張させ、症状を悪化させる恐れがある]。
    4.てんかんのある患者[てんかん発作を起こす恐れがある]。
    5.パーキンソニズム又はパーキンソン病の患者[パーキンソニズム又はパーキンソン病の症状を悪化させる恐れがある]。
    6.虹彩炎のある患者[縮瞳が症状を悪化させる恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.高度唾液腺腫脹及び高度唾液腺疼痛を有する患者[症状を悪化させる恐れがある]。
    2.間質性肺炎の患者[間質性肺炎を増悪する可能性がある]。
    3.膵炎の患者[膵液の分泌が亢進し、症状を悪化させる恐れがある]。
    4.過敏性腸疾患の患者[腸管運動が亢進し、症状を悪化させる恐れがある]。
    5.消化性潰瘍の患者[消化液の分泌が亢進し、症状を悪化させる恐れがある]。
    6.胆嚢障害又は胆石のある患者[胆管を収縮させ、症状を悪化させる恐れがある]。
    7.尿路結石又は腎結石のある患者[尿管及び尿道を収縮させ、症状を悪化させる恐れがある]。
    8.前立腺肥大に伴う排尿障害のある患者[膀胱筋を収縮又は緊張させ、排尿障害を悪化させる恐れがある]。
    9.甲状腺機能亢進症の患者[心血管系に作用し、不整脈又は心房細動を起こす恐れがある]。
    10.全身性進行性硬化症の患者[心血管系、消化器系に作用し、症状を悪化させる恐れがある]。
    11.肝障害又は腎障害を有する患者[高い血中濃度が持続し、副作用の発現率が高まる恐れがある]。
    12.高齢者。
    13.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤投与により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意する。
    2.縮瞳を起こす恐れがあるので、投与中の患者には夜間の自動車の運転及び暗所での危険を伴う機械の操作に注意させる。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.コリン作動薬(アセチルコリン塩化物、ベタネコール塩化物等)、コリンエステラーゼ阻害薬(ネオスチグミン、アンベノニウム塩化物等)、アセチルコリン放出促進作用を有する薬剤(シサプリド、モサプリド等)[本剤又はこれらの薬剤の作用が増強されることがある(併用によりムスカリン様作用が増強されると考えられている)]。
    2.抗コリン作動薬(アトロピン硫酸塩水和物、スコポラミン臭化水素酸塩水和物等)[本剤又はこれらの薬剤の作用が減弱されることがある(本剤の作用と拮抗的に作用すると考えられている)]。
    3.抗コリン作用を有する薬剤(フェノチアジン系抗精神病薬(クロルプロマジン等)、三環系抗うつ薬(アミトリプチリン塩酸塩、イミプラミン塩酸塩等))[本剤の作用が減弱されることがある(本剤の作用と拮抗的に作用すると考えられている)]。
    4.チトクロームP450CYP2D6の阻害薬(キニジン硫酸塩水和物等)、チトクロームP450CYP3A4の阻害薬(イトラコナゾール、エリスロマイシン等)、チトクロームP450の非特異的阻害薬(シメチジン等)[本剤の作用が増強される可能性がある(これらの薬剤により、本剤の代謝酵素が阻害されるため、本剤の血中濃度が上昇すると考えられている)]。
    5.チトクロームP450の誘導薬(フェノバルビタール、リファンピシン等)[本剤の作用が減弱される可能性がある(これらの薬剤により、本剤の代謝酵素が誘導されるため、本剤の血中濃度が低下すると考えられている)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では、肝・腎機能が低下していることが多く、高い血中濃度が持続する恐れがあるので、慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が、危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験(ラット)で出生仔体重減少が認められている]。
    2.授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせる[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が認められている]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (保管上の注意)
    吸湿注意。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:483
    2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:852
    3. 未曾有の求人難でも採用に困らない病院の秘策 記者の眼 FBシェア数:3
    4. 診療報酬改定率、本体は0.55%の引き上げ シリーズ◎2018診療報酬改定 FBシェア数:103
    5. 細菌性髄膜炎がほぼ確実なのに起炎菌が不明! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
    6. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:3
    7. 50歳代男性。発熱、咳 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
    8. ロコアテープの処方上限は70枚じゃない!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:40
    9. 小児科ナースは見た!!〜パワフルな1歳児〜 病院珍百景 FBシェア数:9
    10. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:455