日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

カスカラサグラダ流エキス(司生堂)基本情報

後発品(加算対象)

一般名:カスカラサグラダ流エキス液

製薬会社:司生堂製薬

薬価・規格: 12.8円(10mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 便秘症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • カスカラサグラダ流エキスとして、1回1.5mLを1日3回、また、頓用には1回2.25〜4.5mLを就寝前又は空腹時に、それぞれ経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 急性腹症
    • 痙攣性便秘
    • 重症硬結便
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

副作用

嘔吐腹痛一過性結腸粘膜色素沈着

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 急性腹症
    • 痙攣性便秘
    • 重症硬結便

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
    • 乳児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 乳児(0日〜364日)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    便秘症。

    用法・用量(添付文書全文)

    カスカラサグラダ流エキスとして、1回1.5mLを1日3回、また、頓用には1回2.25〜4.5mLを就寝前又は空腹時に、それぞれ経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    消化器:ときに嘔吐、腹痛等の症状が現れることがある。また、長期投与により一過性結腸粘膜色素沈着を生じることがある。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (一般的注意)
    連用による耐性増大等のため効果が減弱し薬剤に頼りがちになることがあるので長期連用を避ける。
    (禁忌)
    1.急性腹症が疑われる患者。
    2.痙攣性便秘の患者。
    3.重症硬結便のある患者。
    (妊婦・授乳婦への投与)
    1.妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する。
    2.子宮収縮を誘発して流早産の危険性があるので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には大量投与を避ける。
    3.ヒト母乳中に移行し乳児の下痢を起こすことがあるので、授乳中の婦人には投与しないことが望ましい。
    (その他)
    本剤の投与により尿が黄褐色又は赤色を呈することがある。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
    2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
    3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
    4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
    5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
    6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
    7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
    8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
    9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
    10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
    医師と医学研究者におすすめの英文校正