基本情報

薬効分類

カルシウム製剤詳しく見る

  • 体内にカルシウムを補充し、骨粗しょう症、高リン血症、消化器症状などを改善する薬
カルシウム製剤の代表的な商品名
  • アスパラ-CA
  • カルチコール
  • 乳酸カルシウム 乳石錠
  • 沈降炭酸カルシウム カルタン 炭カル錠
  • デノタス

酸中和薬(制酸薬)詳しく見る

  • 消化管の攻撃因子である胃酸を中和し、消化性潰瘍や胃炎などの治療に用いる薬
酸中和薬(制酸薬)の代表的な商品名
  • アルミゲル
  • マグミット 酸化マグネシウム マグラックス
  • 炭カル
  • マーロックス マルファ

効能・効果詳しく見る

  • 胃炎の症状の改善
  • 胃炎の制酸作用
  • 胃下垂症の症状の改善
  • 胃潰瘍の制酸作用
  • 胃潰瘍の症状の改善
  • 胃酸過多症の症状の改善
  • 胃下垂症の制酸作用
  • 胃酸過多症の制酸作用
  • 急性胃炎の制酸作用
  • 急性胃炎の症状の改善
  • 十二指腸潰瘍の症状の改善
  • 十二指腸潰瘍の制酸作用
  • 上部消化管機能異常の制酸作用
  • 上部消化管機能異常の症状の改善
  • 神経性食思不振の症状の改善
  • 神経性食思不振の制酸作用
  • 慢性胃炎の制酸作用
  • 慢性胃炎の症状の改善
  • 薬剤性胃炎の制酸作用
  • 薬剤性胃炎の症状の改善

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 沈降炭酸カルシウムとして、1日1〜3gを3〜4回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 甲状腺機能低下症
    • 副甲状腺機能亢進症

副作用

副作用

悪心アルカローシス嘔吐過敏症下痢高カルシウム血症腎結石そう痒感代謝異常電解質失調尿路結石便秘胃酸反動性分泌

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 甲状腺機能低下症
    • 副甲状腺機能亢進症
  • 慎重投与
    • 高カルシウム血症
    • 心機能障害
    • 腎障害
    • 肺機能障害
    • 便秘

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
シプロフロキサシン<経口> 吸収を阻害し効果を減弱
ミノサイクリン<経口> 吸収を阻害し効果を減弱
ニューキノロン系抗菌剤<経口> 吸収を阻害し効果を減弱
テトラサイクリン系抗生物質<経口> 吸収を阻害し効果を減弱
テトラサイクリン<経口> 吸収を阻害し効果を減弱
トスフロキサシン<経口> 吸収を阻害し効果を減弱
鉄剤<服用> 吸収を阻害し効果を減弱
エチドロン酸二ナトリウム<経口> 吸収を阻害し効果を減弱
カルシトリオール 高カルシウム血症
アルファカルシドール 高カルシウム血症
ビタミンD 高カルシウム血症
活性型ビタミンD製剤 高カルシウム血症
ポリスチレンスルホン酸ナトリウム 作用を減弱
ポリスチレンスルホン酸カルシウム 作用を減弱
高カリウム血症改善イオン交換樹脂 作用を減弱
ジギトキシン 作用を増強しジギタリス中毒
ジゴキシン 作用を増強しジギタリス中毒
ジギタリス剤 作用を増強しジギタリス中毒

飲食物との相互作用

  • 鉄分を含むもの<バジル、海苔、あゆ、ひじき、あさり など>
  • ビタミンDを含むもの<きくらげ、あんこう、しらす干し、いわし、にしん など>
  • 大量の牛乳

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記疾患における制酸作用と症状の改善:胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃炎(急性胃炎・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)、上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)。

    用法・用量(添付文書全文)

    沈降炭酸カルシウムとして、1日1〜3gを3〜4回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.代謝異常:(頻度不明)高カルシウム血症、アルカローシス等の電解質失調[観察を十分に行い、異常が認められた場合には、減量又は休薬等の適切な処置を行う]。
    2.長期・大量投与:(頻度不明)腎結石、尿路結石。
    3.消化器:(頻度不明)悪心、嘔吐、便秘、下痢、胃酸反動性分泌等。
    4.過敏症:(頻度不明)そう痒感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    甲状腺機能低下症又は副甲状腺機能亢進症の患者[甲状腺機能低下症では高カルシウム血症を起こす恐れがあり、副甲状腺機能亢進症では、症状を悪化させる恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.腎障害のある患者[カルシウム・リン代謝異常を起こす恐れがある]。
    2.心機能障害、肺機能障害のある患者[心機能障害、肺機能障害を悪化させる恐れがある]。
    3.便秘のある患者[便秘を悪化させる恐れがある]。
    4.高カルシウム血症の患者[高カルシウム血症を更に悪化させる恐れがある]。
    (相互作用)
    併用注意:本剤は吸着作用、制酸作用等を有しているので、他の薬剤の吸収・排泄に影響を与えることがある。
    1.テトラサイクリン系抗生物質<服用>(テトラサイクリン<服用>、ミノサイクリン<服用>等)、ニューキノロン系抗菌剤<服用>(シプロフロキサシン<服用>、トスフロキサシン<服用>等)、エチドロン酸二ナトリウム<服用>、鉄剤<服用>[これらの薬剤の吸収を阻害し効果を減弱させることがあるので、両剤の服用間隔を2時間以上あけるなど注意する(これらの薬剤はカルシウムイオンと消化管内で難溶性のキレートを形成し、吸収が阻害されることがある)]。
    2.高カリウム血症改善イオン交換樹脂製剤(ポリスチレンスルホン酸カルシウム、ポリスチレンスルホン酸ナトリウム)[これらの作用を減弱させる恐れがあり、また、併用により全身性アルカローシスが現れたとの報告がある(カルシウムイオンがこれらの薬剤の陽イオンと交換するためと考えられる)]。
    3.活性型ビタミンD製剤(アルファカルシドール、カルシトリオール)、ビタミンD[高カルシウム血症が現れる恐れがある(腸管からのカルシウム吸収が増大するため)]。
    4.大量の牛乳[milk−alkali syndrome(高カルシウム血症、高窒素血症、アルカローシス等)が現れる恐れがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止する(機序不明)]。
    5.ジギタリス製剤(ジゴキシン、ジギトキシン等)[ジギタリス製剤の作用を増強しジギタリス中毒を起こす恐れがあるので、ジギトキシン血中濃度の測定や電解質測定を行うなど、観察を十分に行い、慎重に投与する(カルシウムは強心配糖体の心筋収縮力を増強するので、本剤の投与により血中カルシウム濃度が上昇するとジギタリス中毒が発現しやすくなる可能性がある)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (保管上の注意)
    気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
    2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
    3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
    5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
    7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
    8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
    9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
    10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3