日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

重質炭酸マグネシウム「日医工」基本情報

一般名:炭酸マグネシウム

製薬会社:日医工

薬価・規格: 11.9円(10g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 胃炎の症状の改善
  • 胃炎の制酸作用
  • 胃潰瘍の症状の改善
  • 胃潰瘍の制酸作用
  • 胃下垂症の症状の改善
  • 胃下垂症の制酸作用
  • 胃酸過多症の症状の改善
  • 胃酸過多症の制酸作用
  • 急性胃炎の症状の改善
  • 急性胃炎の制酸作用
  • 十二指腸潰瘍の症状の改善
  • 十二指腸潰瘍の制酸作用
  • 上部消化管機能異常の症状の改善
  • 上部消化管機能異常の制酸作用
  • 神経性食思不振の症状の改善
  • 神経性食思不振の制酸作用
  • 便秘症
  • 慢性胃炎の症状の改善
  • 慢性胃炎の制酸作用
  • 薬剤性胃炎の症状の改善
  • 薬剤性胃炎の制酸作用

注意すべき副作用詳しく見る

代謝異常高マグネシウム血症下痢

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 炭酸マグネシウムとして、制酸剤としては1日2gを数回に分割経口投与、緩下剤としては1日3〜8gを頓用又は数回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

代謝異常高マグネシウム血症下痢

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 下痢
    • 高マグネシウム血症
    • 心機能障害
    • 腎障害
    • 肺機能障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
テトラサイクリン系抗生物質<経口> 当該薬剤の効果が減弱
ミノサイクリン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
ドキシサイクリン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
テトラサイクリン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
ニューキノロン系抗菌剤<経口> 当該薬剤の効果が減弱
ノルフロキサシン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
シプロフロキサシン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
トスフロキサシン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
エチドロン酸二ナトリウム<経口> 当該薬剤の効果が減弱
セフジニル<経口> 当該薬剤の効果が減弱
カルシウム経口剤 milk−alkali syndrome
カルシウム経口剤 高カルシウム血症
カルシウム経口剤 高窒素血症
カルシウム経口剤 アルカローシス

飲食物との相互作用

  • 大量の牛乳
  • カルシウムを含むもの<干しえび、バジル、煮干し、牛乳、乳製品 など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.次記疾患における制酸作用と症状の改善:胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃炎(急性胃炎・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)、上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)。
    2.便秘症。

    用法・用量(添付文書全文)

    炭酸マグネシウムとして、制酸剤としては1日2gを数回に分割経口投与、緩下剤としては1日3〜8gを頓用又は数回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.代謝異常:(頻度不明)高マグネシウム血症[長期・大量投与により発現することがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、減量又は休薬等の適切な処置を行う]。
    2.消化器:(頻度不明)下痢等。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.腎障害のある患者。
    2.心機能障害、肺機能障害のある患者。
    3.下痢のある患者。
    4.高マグネシウム血症の患者。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.テトラサイクリン系抗生物質<経口>(ミノサイクリン<経口>、ドキシサイクリン<経口>、テトラサイクリン<経口>等)、ニューキノロン系抗菌剤<経口>(ノルフロキサシン<経口>、シプロフロキサシン<経口>、トスフロキサシン<経口>等)、エチドロン酸二ナトリウム<経口>、セフジニル<経口>[これらの薬剤の効果が減弱する恐れがあるので、投与間隔をできるだけあけるなど注意する(マグネシウムがこれらの薬剤と難溶性のキレートを形成し、これらの薬剤の吸収を阻害すると考えられる)]。
    2.他の併用薬剤[併用薬剤の吸収・排泄に影響を与えることがあるので、慎重に投与する(本剤の吸着作用又は消化管内・体液のpH上昇による)]。
    3.大量の牛乳、カルシウム製剤<経口>[milk−alkali syndrome(高カルシウム血症、高窒素血症、アルカローシス等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止する(腸管からのカルシウム吸収が増大する)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (保管上の注意)
    密閉容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:74
    2. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
    3. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
    4. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:26
    5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:23
    6. 再発で引退も…オーバートレーニング症候群 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:29
    7. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
    8. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:6
    9. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:100
    10. ティール組織から考える理想の組織って? 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:13
    医師と医学研究者におすすめの英文校正