日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

炭酸水素ナトリウム恵美須基本情報

一般名:炭酸水素ナトリウム

製薬会社:恵美須薬品化工

薬価・規格: 7.2円(10g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 尿酸排泄の促進
  • 痛風発作の予防
  • アシドーシスの改善
  • 胃炎の症状の改善
  • 胃炎の制酸作用
  • 胃潰瘍の症状の改善
  • 胃潰瘍の制酸作用
  • 胃下垂症の症状の改善
  • 胃下垂症の制酸作用
  • 胃酸過多症の症状の改善
  • 胃酸過多症の制酸作用
  • 急性胃炎の制酸作用
  • 急性胃炎の症状の改善
  • 十二指腸潰瘍の制酸作用
  • 十二指腸潰瘍の症状の改善
  • 上気道炎の粘液溶解
  • 上気道炎の補助療法
  • 上部消化管機能異常の症状の改善
  • 上部消化管機能異常の制酸作用
  • 神経性食思不振の症状の改善
  • 神経性食思不振の制酸作用
  • 慢性胃炎の症状の改善
  • 慢性胃炎の制酸作用
  • 薬剤性胃炎の症状の改善
  • 薬剤性胃炎の制酸作用

注意すべき副作用詳しく見る

胃部膨満

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.(経口)炭酸水素ナトリウムとして1日3〜5gを数回に分割経口投与する
  • 2.(含嗽・吸入)1回量1〜2%液100mLを1日数回用いる
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 高ナトリウム血症
    • ナトリウム摂取制限
    • 妊娠中毒症
    • 浮腫
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

重大な副作用

胃部膨満

上記以外の副作用

アルカローシス代謝異常浮腫ナトリウム蓄積胃酸二次的分泌胃酸リバウンド現象

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 高ナトリウム血症
    • ナトリウム摂取制限
    • 妊娠中毒症
    • 浮腫
  • 慎重投与
    • 重篤な消化管潰瘍
    • 心機能障害
    • 腎障害
    • 肺機能障害
    • 低クロル性アルカローシス等の電解質失調

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
マンデル酸ヘキサミン 効果を減弱
カルシウム製剤 高カルシウム血症

飲食物との相互作用

  • 大量の牛乳
  • カルシウムを含むもの<干しえび、バジル、煮干し、牛乳、乳製品 など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.(経口)
    1).次記疾患における制酸作用と症状の改善:胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃炎(急性胃炎・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)、上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)。
    2).アシドーシスの改善、尿酸排泄の促進と痛風発作の予防。
    2.(含嗽・吸入)上気道炎の補助療法(粘液溶解)。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.(経口)炭酸水素ナトリウムとして1日3〜5gを数回に分割経口投与する。
    2.(含嗽・吸入)1回量1〜2%液100mLを1日数回用いる。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.代謝異常:(頻度不明)アルカローシス、ナトリウム蓄積による浮腫等[これらの症状が現れた場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行う]。
    2.消化器:(0.1〜5%未満)胃部膨満、(0.1%未満)胃酸二次的分泌(胃酸リバウンド現象)。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    (経口)ナトリウム摂取制限を必要とする患者(高ナトリウム血症、浮腫、妊娠中毒症等)[ナトリウムの貯留増加により症状が悪化する恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.重篤な消化管潰瘍のある患者[胃酸の二次的分泌(リバウンド現象)により症状が悪化する恐れがある]。
    2.腎障害のある患者[ナトリウムの貯留により症状が悪化する恐れがある]。
    3.心機能障害、肺機能障害のある患者[ナトリウムの貯留により症状が悪化する恐れがある]。
    4.低クロル性アルカローシス等の電解質失調の患者[症状が悪化する恐れがある]。
    (相互作用)
    1.併用禁忌:マンデル酸ヘキサミン<ウロナミン腸溶錠>[本剤はヘキサミンの効果を減弱させることがある(ヘキサミンは酸性尿中でホルムアルデヒドとなり抗菌作用を発現するが、本剤は尿のpHを上昇させヘキサミンの効果を減弱させる)]。
    2.併用注意:本剤は制酸作用等を有しているので、他の薬剤の吸収・排泄にも影響を与えることがある。
    大量の牛乳、カルシウム製剤[Milk−alkali syndrome(高カルシウム血症、高窒素血症、アルカローシス等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止する(<機序>代謝性アルカローシスが持続することにより、尿細管でのカルシウム再吸収が増加する<危険因子>高カルシウム血症、代謝性アルカローシス、腎機能障害のある患者)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (保管上の注意)
    気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
    2. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:246
    3. 46歳男性。皮下硬結を伴う褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    4. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:14
    5. 「透析中の精神疾患は見捨てる」で良いのですか その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:27
    6. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:81
    7. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:16
    8. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:155
    9. 入局せずPhDも取らなかった12年目消化器外科医… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:125
    10. IBSの病態自覚を促すアプリを作りました 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:79
    医師と医学研究者におすすめの英文校正