基本情報

薬効分類

塩類下剤詳しく見る

  • 便の水分バランスなどを改善させ排便を促す薬
塩類下剤の代表的な商品名
  • 酸化マグネシウム マグラックス マグミット 重カマ
  • ミルマグ
  • マグコロール

酸中和薬(制酸薬)詳しく見る

  • 消化管の攻撃因子である胃酸を中和し、消化性潰瘍や胃炎などの治療に用いる薬
酸中和薬(制酸薬)の代表的な商品名
  • アルミゲル
  • マグミット 酸化マグネシウム マグラックス
  • 炭カル
  • マーロックス マルファ

効能・効果詳しく見る

  • 尿路シュウ酸カルシウム結石の発生予防
  • 胃炎の症状の改善
  • 胃炎の制酸作用
  • 胃潰瘍の症状の改善
  • 胃下垂症の制酸作用
  • 胃下垂症の症状の改善
  • 胃潰瘍の制酸作用
  • 胃酸過多症の制酸作用
  • 胃酸過多症の症状の改善
  • 急性胃炎の制酸作用
  • 急性胃炎の症状の改善
  • 十二指腸潰瘍の症状の改善
  • 十二指腸潰瘍の制酸作用
  • 上部消化管機能異常の症状の改善
  • 上部消化管機能異常の制酸作用
  • 神経性食思不振の症状の改善
  • 神経性食思不振の制酸作用
  • 便秘症
  • 慢性胃炎の症状の改善
  • 慢性胃炎の制酸作用
  • 薬剤性胃炎の症状の改善
  • 薬剤性胃炎の制酸作用

注意すべき副作用詳しく見る

高マグネシウム血症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.制酸剤として使用する場合:酸化マグネシウムとして、1日0.5〜1.0gを数回に分割経口投与する
  • 2.緩下剤として使用する場合:酸化マグネシウムとして、1日2gを食前又は食後の3回に分割経口投与するか、又は就寝前に1回投与する
  • 3.尿路シュウ酸カルシウム結石の発生予防に使用する場合:酸化マグネシウムとして、1日0.2〜0.6gを多量の水とともに経口投与する
    • なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減する

副作用

重大な副作用

高マグネシウム血症

上記以外の副作用

悪心意識障害嘔吐皮膚潮紅筋力低下傾眠血圧低下下痢口渇呼吸抑制徐脈心停止不整脈血清マグネシウム値上昇

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 下痢
    • 高マグネシウム血症
    • 心機能障害
    • 腎障害
  • 注意
    • 長期投与

患者の属性に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
ミノサイクリン<経口> 吸収が低下し効果が減弱
ニューキノロン系抗菌剤<経口> 吸収が低下し効果が減弱
ビスホスホン酸塩系骨代謝改善剤<服用> 吸収が低下し効果が減弱
トスフロキサシン<経口> 吸収が低下し効果が減弱
リセドロン酸ナトリウム水和物<経口> 吸収が低下し効果が減弱
シプロフロキサシン<経口> 吸収が低下し効果が減弱
エチドロン酸二ナトリウム<経口> 吸収が低下し効果が減弱
テトラサイクリン<経口> 吸収が低下し効果が減弱
テトラサイクリン系抗生物質<経口> 吸収が低下し効果が減弱
セレコキシブ 血中濃度が低下
ガバペンチン 血中濃度が低下
アジスロマイシン 血中濃度が低下
ラベプラゾール 血中濃度が低下
ロスバスタチン 血中濃度が低下
ジギタリス<経口> 当該薬剤の吸収・排泄に影響
ジゴキシン<服用> 当該薬剤の吸収・排泄に影響
フェキソフェナジン<服用> 当該薬剤の吸収・排泄に影響
ジギトキシン<服用> 当該薬剤の吸収・排泄に影響
鉄剤<服用> 当該薬剤の吸収・排泄に影響
ポリカルボフィルカルシウム<経口> 作用が減弱
活性型ビタミンD3製剤 高マグネシウム血症
アルファカルシドール 高マグネシウム血症
カルシトリオール 高マグネシウム血症
カルシウム製剤 高窒素血症
ミソプロストール 下痢
高カリウム血症改善イオン交換樹脂 当該薬剤の効果が減弱
ポリスチレンスルホン酸カルシウム 当該薬剤の効果が減弱
ポリスチレンスルホン酸ナトリウム 当該薬剤の効果が減弱
デラビルジン<服用> 吸収が低下し効果が減弱
ペニシラミン製剤<服用> 吸収が低下し効果が減弱
ザルシタビン<服用> 吸収が低下し効果が減弱
セフジニル<経口> 吸収が低下し効果が減弱
セフポドキシム プロキセチル<服用> 吸収が低下し効果が減弱
ミコフェノール酸モフェチル<経口> 吸収が低下し効果が減弱

飲食物との相互作用

  • カルシウムを含むもの<干しえび、バジル、煮干し、牛乳、乳製品 など>
  • 大量の牛乳
  • 鉄分を含むもの<バジル、海苔、あゆ、ひじき、あさり など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.次記疾患における制酸作用と症状の改善:胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃炎(急性胃炎・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)、上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)。
    2.便秘症。
    3.尿路シュウ酸カルシウム結石の発生予防。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.制酸剤として使用する場合:酸化マグネシウムとして、1日0.5〜1.0gを数回に分割経口投与する。
    2.緩下剤として使用する場合:酸化マグネシウムとして、1日2gを食前又は食後の3回に分割経口投与するか、又は就寝前に1回投与する。
    3.尿路シュウ酸カルシウム結石の発生予防に使用する場合:酸化マグネシウムとして、1日0.2〜0.6gを多量の水とともに経口投与する。
    なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用
    高マグネシウム血症(頻度不明):本剤の投与により、高マグネシウム血症が現れ、呼吸抑制、意識障害、不整脈、心停止に至ることがあるので、悪心・嘔吐、口渇、血圧低下、徐脈、皮膚潮紅、筋力低下、傾眠等の症状の発現に注意するとともに、血清マグネシウム濃度の測定を行うなど十分な観察を行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う[処置法は「過量投与」の項参照]。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).消化器:下痢等。
    2).電解質:血清マグネシウム値上昇[観察を十分に行い、異常が認められた場合には、減量又は休薬等の適切な処置を行う]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.腎障害のある患者[高マグネシウム血症を起こす恐れがある]。
    2.心機能障害のある患者[徐脈を起こし、症状が悪化する恐れがある]。
    3.下痢のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    4.高マグネシウム血症の患者[症状が悪化する恐れがある]。
    5.高齢者。
    (重要な基本的注意)
    本剤の投与により、高マグネシウム血症が現れることがある。特に、便秘症の患者では、腎機能が正常な場合や通常用量以下の投与であっても、重篤な転帰をたどる例が報告されているので、次の点に留意する。
    1.必要最小限の使用にとどめる。
    2.長期投与又は高齢者へ投与する場合には定期的に血清マグネシウム濃度を測定するなど特に注意する。
    3.嘔吐、徐脈、筋力低下、傾眠等の症状が現れた場合には、服用を中止し、直ちに受診するよう患者に指導する。
    (相互作用)
    併用注意:本剤は吸着作用、制酸作用等を有しているので、他の薬剤の吸収・排泄に影響を与えることがある。
    1.テトラサイクリン系抗生物質<服用>(テトラサイクリン<服用>、ミノサイクリン<服用>等)、ニューキノロン系抗菌剤<服用>(シプロフロキサシン<服用>、トスフロキサシン<服用>等)、ビスホスホン酸塩系骨代謝改善剤<服用>(エチドロン酸二ナトリウム<服用>、リセドロン酸ナトリウム<服用>等)[これらの薬剤の吸収が低下し効果が減弱する恐れがあるので、同時に服用させないなど注意する(マグネシウムと難溶性のキレートを形成し、薬剤の吸収が阻害される)]。
    2.セフジニル<服用>、セフポドキシム プロキセチル<服用>、ミコフェノール酸モフェチル<服用>、デラビルジン<服用>、ザルシタビン<服用>、ペニシラミン<服用>[これらの薬剤の吸収が低下し効果が減弱する恐れがあるので、同時に服用させないなど注意する(機序不明)]。
    3.アジスロマイシン、セレコキシブ、ロスバスタチン、ラベプラゾール、ガバペンチン[これらの薬剤の血中濃度が低下する恐れがある(機序不明)]。
    4.ジギタリス製剤<服用>(ジゴキシン<服用>、ジギトキシン<服用>等)、鉄剤<服用>、フェキソフェナジン<服用>[これらの薬剤の吸収・排泄に影響を与えることがあるので、服用間隔をあけるなど注意する(マグネシウムの吸着作用又は消化管内・体液のpH上昇によると考えられる)]。
    5.ポリカルボフィルカルシウム<服用>[ポリカルボフィルカルシウムの作用が減弱する恐れがある(ポリカルボフィルカルシウムは酸性条件下でカルシウムが脱離して薬効を発揮するが、本剤の胃内pH上昇作用によりカルシウムの脱離が抑制される)]。
    6.高カリウム血症改善イオン交換樹脂製剤(ポリスチレンスルホン酸カルシウム、ポリスチレンスルホン酸ナトリウム)[これらの薬剤の効果が減弱する恐れがあり、また、併用によりアルカローシスが現れたとの報告がある(マグネシウムがこれらの薬剤の陽イオンと交換するためと考えられる)]。
    7.活性型ビタミンD3製剤(アルファカルシドール、カルシトリオール)[高マグネシウム血症を起こす恐れがある(マグネシウムの消化管吸収及び腎尿細管からの再吸収が促進するためと考えられる)]。
    8.大量の牛乳、カルシウム製剤[milk−alkali syndrome(高カルシウム血症、高窒素血症、アルカローシス等)が現れる恐れがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止する(<機序>代謝性アルカローシスが持続することにより、尿細管でのカルシウム再吸収が増加する<危険因子>高カルシウム血症、代謝性アルカローシス、腎機能障害のある患者)]。
    9.ミソプロストール[下痢が発現しやすくなる(ミソプロストールは小腸の蠕動運動を亢進させ、小腸からの水・Naの吸収を阻害し、下痢を生じさせるが、本剤には緩下作用があるので、両者の併用で下痢が発現しやすくなる)]。
    (高齢者への投与)
    高齢者では、高マグネシウム血症を起こし、重篤な転帰をたどる例が報告されているので、投与量を減量するとともに定期的に血清マグネシウム濃度を測定するなど観察を十分に行い、慎重に投与する。
    (過量投与)
    1.過量投与時の徴候、症状:血清マグネシウム濃度が高値になるにつれ、深部腱反射消失、呼吸抑制、意識障害、房室ブロックや伝導障害等の不整脈、心停止等が現れることがある[初期症状は「副作用1.重大な副作用」の項参照]。
    2.過量投与時の処置:大量服用後の間もない場合には、催吐並びに胃洗浄を行う。過量投与による中毒症状が現れた場合には、心電図並びに血清マグネシウム濃度の測定等により患者の状態を十分に観察し、症状に応じて適切な処置を行う(治療にはグルコン酸カルシウム静注が有効であるとの報告がある)。なお、過量投与時、マグネシウムを除去するために血液透析が有効である。
    (その他の注意)
    長期・大量投与により胃結石・腸管内結石を形成し、腸閉塞を起こしたとの報告がある。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
    2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
    3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
    5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
    7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
    8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
    9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
    10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1