日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ベリチーム配合顆粒基本情報

一般名:膵臓性消化酵素配合剤顆粒

製薬会社:塩野義製薬

薬価・規格: 12.1円(1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

消化酵素製剤詳しく見る

  • 複数の消化酵素を体内に補うことで消化酵素が不足しておこる消化器症状などを改善する薬
消化酵素製剤の代表的な商品名
  • パンクレアチン
  • リパクレオン
  • ベリチーム
  • ポリトーゼ
  • エクセラーゼ

効能・効果詳しく見る

  • 消化異常症状の改善

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回0.4〜1gを1日3回食後に経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • ウシ蛋白質に対し過敏症
    • ブタ蛋白質に対し過敏症

副作用

副作用

過敏症くしゃみ皮膚発赤流涙

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • ウシ蛋白質に対し過敏症
    • ブタ蛋白質に対し過敏症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    消化異常症状の改善。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回0.4〜1gを1日3回食後に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    再評価結果における安全性評価対象例77例(カプセル*投与例を含む)において、副作用は認められていない(*ベリチームカプセルは販売中止)。
    過敏症:(頻度不明)配合成分濃厚膵臓性消化酵素(パンクレアチン)は、くしゃみ、流涙、皮膚発赤等を起こすことがあるので、このような場合には投与を中止する。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.ウシ蛋白質に対し過敏症又はブタ蛋白質に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (適用上の注意)
    1.調剤時:腸溶性皮膜を破損しないように注意する。
    2.服用時:本剤は腸溶性皮膜を施した顆粒が配合されているので、砕いたり噛んだりしない(また、本剤は直ちに飲み下し、口内に残らないように注意する[舌や口腔粘膜を刺激することがある])。
    (その他の注意)
    本剤は動物の膵臓から精製したパンクレアチン及び細菌性消化酵素を用いているので、原料により、製品間に若干の色調変動が認められることがあるが、品質には変化ない。
    (保管上の注意)
    気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
    2. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:246
    3. 46歳男性。皮下硬結を伴う褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    4. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:14
    5. 「透析中の精神疾患は見捨てる」で良いのですか その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:27
    6. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:81
    7. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:16
    8. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:155
    9. 入局せずPhDも取らなかった12年目消化器外科医… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:125
    10. IBSの病態自覚を促すアプリを作りました 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:79
    医師と医学研究者におすすめの英文校正