日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アランタSP細粒20%基本情報

後発品(加算対象)

一般名:アルジオキサ細粒

製薬会社:キッセイ薬品

薬価・規格: 6.2円(20%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 胃炎の自覚症状及び他覚所見の改善
  • 胃潰瘍の自覚症状及び他覚所見の改善
  • 十二指腸潰瘍の自覚症状及び他覚所見の改善

注意すべき副作用詳しく見る

便秘

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • アルジオキサとして、1日300〜400mgを3〜4回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • (参考)本剤:1日量1.5〜2g

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 透析療法

副作用

主な副作用

便秘

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 透析療法
  • 慎重投与
    • 腎障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
テトラサイクリン系抗生物質<経口> 作用が減弱
塩酸ドキシサイクリン<服用> 作用が減弱
塩酸テトラサイクリン<服用> 作用が減弱
ニューキノロン系抗菌剤<経口> 作用が減弱
シプロフロキサシン<経口> 作用が減弱
ノルフロキサシン<経口> 作用が減弱
オフロキサシン<服用> 作用が減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記疾患における自覚症状及び他覚所見の改善:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎。

    用法・用量(添付文書全文)

    アルジオキサとして、1日300〜400mgを3〜4回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    (参考)
    本剤:1日量1.5〜2g。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    再評価結果における安全性評価対象例3,120例中、副作用は5例(0.16%)に認められ、それらはいずれも便秘であった。
    消化器:(0.1〜5%未満)便秘。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    透析療法を受けている患者[他のアルミニウム含有製剤で、長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症が現れたとの報告がある]。
    (慎重投与)
    腎障害のある患者[長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症が現れる恐れがあるので、定期的に血中アルミニウム、リン、カルシウム、アルカリホスファターゼ等の測定を行う]。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.テトラサイクリン系抗生物質<服用>(テトラサイクリン塩酸塩<服用>、ドキシサイクリン塩酸塩水和物<服用>等)[テトラサイクリン系抗生物質の作用が減弱する恐れがあるので、同時に服用させない(本剤に含まれるアルミニウムイオンとキレートを形成し、吸収が阻害される)]。
    2.ニューキノロン系抗菌剤<服用>(シプロフロキサシン<服用>、ノルフロキサシン<服用>、オフロキサシン<服用>等)[ニューキノロン系抗菌剤の作用が減弱する恐れがあるので、同時に服用させない(本剤に含まれるアルミニウムイオンとキレートを形成し、吸収が阻害される)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので慎重に投与する。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、4年)の結果、アランタSP細粒20%は通常の市場流通下において4年間安定であることが確認された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
    2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
    3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
    4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
    5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
    6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
    7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
    8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
    9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
    10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
    医師と医学研究者におすすめの英文校正