日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アズレン顆粒1%「ツルハラ」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:アズレンスルホン酸ナトリウム水和物顆粒

製薬会社:鶴原製薬

薬価・規格: 6.2円(1%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

防御因子増強薬(消化性潰瘍治療薬)詳しく見る

  • 消化性潰瘍などに対して、胃粘液などの防御因子を増強することで胃腸粘膜保護作用などをあらわす薬
防御因子増強薬(消化性潰瘍治療薬)の代表的な商品名
  • アルサルミン
  • プロマック
  • ガストローム
  • セルベックス
  • ムコスタ

効能・効果詳しく見る

  • 胃炎の自覚症状及び他覚所見の改善
  • 胃潰瘍の自覚症状及び他覚所見の改善

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • アズレンスルホン酸ナトリウム水和物として、1回2mg(本剤として0.2g)を1日3回食前に経口投与する
  • この際、1回量を約100mLの水又は微温湯に溶解して経口投与することが望ましい
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

副作用

悪心嘔吐下痢腹痛便秘膨満感

処方理由

防御因子増強薬この薬をファーストチョイスする理由(2017年6月更新)もっと見る

  • ・放射線食道炎によく使用しています。長年使っていますが副作用は経験していません。(30歳代病院勤務医、呼吸器内科)
  • ・安価な割にはそこそこ効果的な印象。(50歳代病院勤務医、一般内科)
  • ・古くからあって安い。効いているかは分からないが、胃薬がちょっとほしい、くらいの人に出している。(50歳代開業医、代謝・内分泌内科)
  • ・刺激が少なく、炎症が起きている場合にも使いやすい。(30歳代病院勤務医、呼吸器内科)
  • ・患者さんの評価が高いため。(50歳代病院勤務医、一般内科)

防御因子増強薬この薬をファーストチョイスする理由(2016年4月更新)もっと見る

  • ・医師となって以来、数十年ずっと使い続けている。一番の利点は、いちいち急性や慢性などと付けることなく、単に「胃炎」の病名で使える点。(60歳代病院勤務医、循環器内科)
  • ・保険が楽。(50歳代病院勤務医、消化器内科)
  • ・最も副作用が少ない。粉で胃薬感を患者が持ちやすい。(50歳代病院勤務医、脳神経外科)
  • ・内服後の爽快感。(50歳代病院勤務医、消化器内科)
  • ・効果発現が早い。(40歳代病院勤務医、呼吸器内科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記疾患における自覚症状及び他覚所見の改善:胃炎、胃潰瘍。

    用法・用量(添付文書全文)

    アズレンスルホン酸ナトリウム水和物として、1回2mg(本剤として0.2g)を1日3回食前に経口投与する。この際、1回量を約100mLの水又は微温湯に溶解して経口投与することが望ましい。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    その他の副作用(頻度不明)
    消化器:下痢、便秘、膨満感、腹痛、悪心・嘔吐等。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、5年)の結果、アズレン顆粒1%「ツルハラ」は通常の市場流通下において5年間安定であることが確認された。
    (保管上の注意)
    防湿。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
    2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
    3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
    4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
    5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
    6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
    7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
    8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
    9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
    10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55