日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アズノール細粒(1%)基本情報

準先発品

一般名:アズレンスルホン酸ナトリウム水和物細粒

製薬会社:日本新薬

薬価・規格: 17.1円(1%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

防御因子増強薬(消化性潰瘍治療薬)詳しく見る

  • 消化性潰瘍などに対して、胃粘液などの防御因子を増強することで胃腸粘膜保護作用などをあらわす薬
防御因子増強薬(消化性潰瘍治療薬)の代表的な商品名
  • アルサルミン
  • プロマック
  • ガストローム
  • セルベックス
  • ムコスタ

効能・効果詳しく見る

  • 胃炎の自覚症状及び他覚所見の改善
  • 胃潰瘍の自覚症状及び他覚所見の改善

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • アズレンスルホン酸ナトリウム水和物として、1回2mg[本剤として0.2g]を1日3回食前に経口投与する
  • この際、1回量を約100mLの水又は微温湯に溶解して経口投与することが望ましい
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

副作用

悪心嘔吐下痢腹痛便秘膨満感

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記疾患における自覚症状及び他覚所見の改善:胃炎、胃潰瘍。

    用法・用量(添付文書全文)

    アズレンスルホン酸ナトリウム水和物として、1回2mg[本剤として0.2g]を1日3回食前に経口投与する。この際、1回量を約100mLの水又は微温湯に溶解して経口投与することが望ましい。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    消化器:(頻度不明)下痢、便秘、膨満感、腹痛、悪心・嘔吐等。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (保管上の注意)
    気密容器、防湿。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:483
    2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:852
    3. 未曾有の求人難でも採用に困らない病院の秘策 記者の眼 FBシェア数:3
    4. 診療報酬改定率、本体は0.55%の引き上げ シリーズ◎2018診療報酬改定 FBシェア数:103
    5. 細菌性髄膜炎がほぼ確実なのに起炎菌が不明! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
    6. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:3
    7. 50歳代男性。発熱、咳 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
    8. ロコアテープの処方上限は70枚じゃない!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:40
    9. 小児科ナースは見た!!〜パワフルな1歳児〜 病院珍百景 FBシェア数:9
    10. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:455